document.write(''); [釣行記]2015年釣行記人気記事ランキングトップ10! | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

2015年釣行記人気記事ランキングトップ10!

編集部 更新日 2018年12月20日   【その他】

2015年アクセス数の多かった上位10本の釣行記をピックアップ。2015年1~12月まで合計のアクセス数を集計しました。1位は釜石オヤマ釣具店さんのヤリエギング記事に。それでは2015年の人気釣行記を1位から順に紹介していきますよ。

 
 
 

1位:三陸堤防ヤリイカエギング順風スタート!

[記事を読む]
オヤマ釣具店小山哲平さんのヤリイカエギング釣行記。お手軽さ(やすい)、食味のよさ(うまい)、面白さ(おもろい)と三拍子そろった岩手の定番ターゲット。今季はここ数年で一番の好スタートを切りましたが、シーズン後半はちょっと釣況が不安定になって残念な状況に・・。

2位:奥松島の防波堤・漁港釣り場(鳴瀬川河口~東名運河~月浜漁港~大浜漁港~室浜漁港)

[記事を読む]
復興漁港、防波堤紹介シリーズ。奥松島周辺も東名運河や野蒜海岸など中心に大規模な復旧工事が行われていますが、紹介した中でも大浜漁港はかなり工事が進み、釣り人も多く訪れるようになっています。

3位:仙台新港釣り公園はシャコ釣りパラダイス!

[記事を読む]
2014年の再オープンから多くの釣り人で賑わっているスリーエム仙台港パーク。ちょい投げはシャコやハゼがメインターゲットで、特に今年はシャコが絶好調でした。ここの釣り公園は同じ並びでも地形や潮の流れによるのか、釣り座によって釣れる魚種が変わるので、1か所で諦めずにあちこち探ってみると面白いですよ。

4位:釜石周辺漁港 陸っぱりスルメイカ爆釣中!

[記事を読む]
イカ天国「T字堤防」を擁する釜石。2015年は初夏の陸っぱりスルメイカが好調で、夏のスルメイカから秋冬のヤリイカへというリレーが復活!漁港・岸壁の復興も徐々に進み、陸っぱりの釣りが盛況を取り戻した1年でした。

5位:雄勝周辺お手軽ロックポイント巡り!

[記事を読む]
湾内は養殖棚の恵みによりエサが豊富で、意外なほど根魚が豊富な雄勝湾。入り組んだ湾で風裏ポイントを探しやすいのも高ポイント。12月6日に行われた雄勝波板ロックフェスが大盛況になりましたが、2016年も注目エリアになりそうですよ。

6位:女川~牡鹿半島の釣り場(5)~渡波~桃浦~月浦~侍浜~

[記事を読む]
渡波大橋を渡ってすぐの桃浦、月浦エリア。藻が豊富でメバルなどの好ポイント。同エリアは2015年はアオリイカの実績でも話題に!
[関連記事]宮城のアオリイカ調査隊2015牡鹿半島

7位:ルアータックル流用"ちょい投げ"シロギス釣り

[記事を読む]
初夏の日本海側を賑わす投げキス。ハイシーズンは波打ち際付近のちょい投げで狙えることも多く、ファミリーやビギナーにも人気の釣り物です。こちらの記事では手持ちのルアータックルで楽しむ場合の道具立てなどを解説しています。

8位:仙台近郊~仙南 秋のハゼ&サビキ釣り場選(貞山公園、閖上港、鳥の海)

[記事を読む]
ハゼ釣り好季に閖上、鳥の海方面の漁港を取材しました。潮周りの関係かハゼは絶不調の日だったのですが、平日にも関わらず釣り人多数。亘理の荒浜漁港、名取の閖上港ともに岸壁の整備が進み、釣りを楽しみやすい環境が整いつつあります。

9位:陸っぱりロック釜石2015防波堤根魚リポート!

[記事を読む]
3回目となる釜石ロックフィッシュ大会も年々参加者が増え、今年は99名ものロックフィッシュファンにお集まりいただきました。毎年、このイベントは秋のロックフィッシュシーズンのハシリのタイミングで、ここからハイシーズンへ入っていく感じなのですが、2015シーズンも熱く盛り上がりました。

10位:何でも釣れちゃうアンチョビミサイル!夏ヒラメ編

[記事を読む]
イワシ(アンチョビ)など活きエサのように泳いで、あらゆるフィッシュイーターに効果的なテンヤ型ジグ「アンチョビミサイル」。東北では2014年シーズンから人気が出始め、今季はアンチョビー元年という感じで一気にこのルアーが浸透したシーズンでした。冬場も根魚、タラ、サクラマスなど使えるので、年間通して手放せないアイテムですよ。

次点 岩手の怪獣クロソイハント!

[記事を読む]
おまけ。ぎりぎり10位に入れなかったのは、岩手のモンスタークロソイの記事でした。ボート有利ですが、陸っぱりからも良型を狙えるチャンス。釜石周辺では今月すでに陸から53cmが釣り上げられたとの情報もあり、今季も大型クロソイのシーズンに入っています。東谷さんも狙っているようなので、2016年の続報に期待しましょう。



◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

 
 
PR