document.write(''); [釣行記]越喜来湾ユメカサゴとメガラの深場リレー 赤魚の多点掛けに大興奮! | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

越喜来湾ユメカサゴとメガラの深場リレー 赤魚の多点掛けに大興奮!

針生 秀一 2016年2月18日配信   【岩手】
赤物でクーラーが埋まると気分が良いです

最も寒さが厳しい時期ですが、冬ならではの釣り物があり、これが寒さを忘れて熱中する面白さなのです。この冬もシケの合間を見て、せっせと海に繰り出しましたよ。

まず面白かったのが越喜来湾沖でのユメカサゴ(地方名ノドグロ)です。メヌケ、マダラなどの釣りでゲスト扱いだったユメカサゴですが、これをメインターゲットとして釣り方を確立して注目を集めてきています。
※三陸周辺でノドグロと呼ばれているもののほとんどはアカムツではなくこのユメカサゴです。

25cm程度のユメカサゴを300号オモリの深場タックルで釣るなんて、釣り味はイマイチだろうという先入観を持つ方も多いようです。これがやってみると、誘って明確にアタリを出すような釣り方、送り込みの具合で多点掛けをするテクニックなど、実に面白い釣りなのです。

なんといっても大船渡沖はユメカサゴの魚影が濃く、良い時は50匹を超える釣果が出ているのです。赤い魚を多点掛けで取り込む気分は良いですね。これにバラメヌケ、マダラにマゾイも本命逆転で交じってきますから、釣り応えも十分なのですよ。

冬場は特に赤物、根魚が嬉しい季節。そこに上州屋新盛岡店の富澤さんから崎浜港「荒神丸」のユメカサゴ、メガラ(ウスメバル)の赤物リレーへのお誘い。釣友の庄子くんと崎浜港に向かい、午前6時半に5名の乗船で出船しました。

大船渡沖のユメカサゴのポイントは水深160~180mで、底は比較的高低差が小さく根際から続くゆるい斜面が主体になる
 
 
 

水深160mの深場でユメカサゴ(=三陸ののどぐろ)狙い

早朝の穏やかな海上を走り、50分ほどで綾里崎の北沖のポイントに到着です。探見丸の画面には水深160m。ゆるく駆け上がる程度の平坦な底形状が出ています。

皆さんは片天秤の3~5本バリ仕掛け。私はソウハチガレイサビキ6本バリをセレクト。エサはイカタン、サンマ、サバ切り身、ホタルイカを用意しました。食いつき具合を探るのに、各種エサをハリに刺してみます。

合図で一斉に300号オモリを投入。しかし私は、途中でサバに捕まり早急に回収です。取り込んだサバは銀ピカの最高の切り身エサになるので即に捌きます。

ユメカサゴのエサはサンマ、サバ切り身、イカタンにホタルイカなど。均一の長方形にして、皮を残して身は薄くカットしましょう
釣りたてのサバは最高の切り身エサになります。切れるナイフを忘れずに

皆さんにアタリが出て追い食いを誘い、頃合いを見て巻き上げ開始。富澤さんは3点掛け、庄子くんは4点掛けと、続々とユメカサゴを取り込んでいます。サイズは25cm前後でまずまず。3kgほどのマダラも上がりました。これは最初から食い好調!私も釣りたて銀ピカのサバ切り身を刺して投入します。

着底して糸フケを巻き取ると、即にククッと竿先を揺らすアタリ。そこでサミングして1mほど糸を送り出します。船のピッチで竿先のテンションが戻ってくると、またアタリが続いて出ます。これを繰り返したところで巻き上げ。船ベリ停止で海面を見ると赤い魚影が見え、4点掛けでユメカサゴを取り込みました。

庄子さんは片天仕掛で追い食いさせて4点掛けのユメカサゴ
こちらは胴突きの送り込みで食わせた4点掛けのユメカサゴ
タックルはオモリ200号負荷程度で2.4m前後の竿に、道糸PE4~6号を300m以上巻ける中型電動リール。ロッドキーパーは頑強なものを使いましょう
マグネット板があると投入、回収に便利ですよ

ユメカサゴは根の切れ目、根際から続く比較的平坦なところに多く、これはオニカサゴと同様に、小岩に模して寄ってきたベイトを捕食しているのでしょう。

このために片天秤仕掛けの吹き流しで誘い釣るのが食わせ易いのですが、ユメカサゴは上を向いているので、ただ這わせているだけでは食いつきがいまひとつ。底で仕掛けを踊らせて誘うことが重要です。仕掛けの全長は2mくらいで、エサが踊りやすい先バリを天秤から30cm以内に結ぶと誘いが効いて反応が早い。これはオニカサゴ釣りと同じ設定ですね。

サビキなどの胴突き仕掛けはアタリが明確に出て、道糸の送り出しで多点掛けを狙うのが面白いところ。そのために、私は道糸と仕掛けの間に20号くらいの中オモリを組み入れています。片天秤、胴突き仕掛けのどちらも基本的な釣り方は共通で、オモリトントンくらいの底取りで仕掛けを歩かせるように誘い、アタリが出たところで追い食いを誘うという組み立てです。

仕掛の這わせっぱなし、道糸の送り過ぎはオマツリや根掛かりなどトラブルの原因になるので注意です。ユメカサゴは落ちてくるエサに反応良く食いつきます。深海釣りで言われる「魚が食った分だけ糸を出せ」これが基本。

目安としては1mくらい、道糸のマーカーを見て送り出します。そしてアタリが止まったら少しだけ底を切ってカウントして落とし込み、仕掛けを移動させます。これで仕掛けが張ってくる瞬間の食いつきに、次の落とし込みでの反射食いを誘うのです。

もっと食いつくはずだと、しつこくやっていてはトラブルのもと。両隣の道糸の角度、風、船の流れ具合を判断して巻き上げましょう。「荒神丸」では巻き上げ、再投入も基本的に各自の自由ですが、潮の速い時などは一斉投入、巻き上げもあるので、こんなときは続けて投入して良いか、可否を江刺船長に聞いてみましょう。

この日の食いつきは良く、皆さん20~30cmのユメカサゴの数を重ねていきます。しかし10時頃から北西風が強くなってきました。根に上がっていくところでバラメヌケも期待でしたが、ここでメガラ釣りに転向。越喜来湾口に向けて戻ります。

「仕掛を踊らせて誘うことが肝心です」と上州屋新盛岡店の富澤さん
状況を読んで取り込んでいきましょう
釣りたてサバへの食いつきが良かったです
 
 
PR