document.write(''); [釣行記] 2016年 岩手県渓流解禁釣行!! 極寒のミノーイングゲーム - 渓流 - 淡水ルアー - 岩手 - イワナ - ヤマメ 2016年03月02日:釣り河北
ENJOY FISHING フィッシングライフをサポートする釣り情報サイト 河北新報オンラインニュース河北新報オンラインコミュニティー
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

2016年 岩手県渓流解禁釣行!! 極寒のミノーイングゲーム

森本 正善 2016年3月 2日配信   【岩手】

2016年3月1日。今年も渓流王国岩手県の渓流がついに解禁した。昨年は終日雨降りの中での解禁釣行。今年もまた天気には恵まれず、吹雪の中での極寒解禁釣行となった。

今回は3月1日の解禁釣行の模様と併せて、この時期の渓流攻略のキモをご紹介したいと思う。



[関連]

渓流関連の釣行記をもっと読む



 
 
 

この時季、特に重要になるポイント選択

弥生とも呼ばれる3月。草木がいよいよ生い茂る月としての意味を込めての言葉だそうだが、そうは言っても東北屈指の雪国岩手県。3月はまだまだ冬真っ最中。

当然、渓流においても気温、水温共に非常に低いコンディションとなる。今釣行でも気温は氷点下、水温も0~2℃と非常に厳しい状況だった。

渓の草木もその寒さで凍りついている。3月とはいえ、まだまだ渓は冬真っ只中だ

水温がこれだけ低いので、当然イワナ・ヤマメといった渓魚の動きも鈍くなり、この時期の渓魚たちは強い流れを嫌う傾向にある。

具体的に言えば、流れがよどんでいるようなプールや、直流が避けられ反転流だけが巻く大岩裏や、岩盤のエグレが主なポイントになる。それらを複合的に備える堰堤も外せない好場所だ。

流れが弱く水深もあるプールはこの時季の一級ポイント。日当たりが良好であれば、よりプラスのファクターとなる
写真左の岩盤下にはエグレが入っている。岩盤が多い場所もこの季節は外せない
堰堤はいつの時季にも一級なポイント。しかし誰もが狙うポイントの為、プレッシャーが非常に高い。当たり外れも大きい場所

岩手の渓流を大きく2つに分けると、「内陸河川」と「沿岸河川」がある。内陸河川はこの時季気温が低く、積雪量も多いために通行止めとなっている場所もあるなど、ポイント自体に入れない場合が多い。その為、シーズン初期は積雪が少なく気温も比較的高めに推移する沿岸河川を選ぶと良いだろう。

雪はあれど、内陸河川の比ではない

ちなみに今回の釣行では気仙川水系の河川を選択した。

上記のような有望ポイントでも、この厳寒期は渓魚の「居る」「居ない」がハッキリしている。数投して反応が無ければすぐ見切る。逆に反応があった場合はしばらく粘る価値有りだ。

 
 
PR