document.write(''); [釣行記][連載]仙台湾ルアーフィッシング大攻略(プレミアム版)第九回 春ロックの前兆!? | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

[連載]仙台湾ルアーフィッシング大攻略(プレミアム版)第九回 春ロックの前兆!?

佐藤 尚行 更新日 2016年8月12日   【連載 :仙台湾ルアーフィッシング大攻略】

連載:佐藤 尚行さん 仙台湾ルアーフィッシング大攻略
※この記事は2015年4月にプレミアムメルマガで配信したものです。

 
 
 

第九回 春ロックの前兆!?

春ロックのメインベイトはエビ類から始まります。エビの次はイワシなど小魚パターンに移行して、シーズンが進行するものと考えられていました。

しかし、最近になって気になる春のパターンが、シラス(色々な魚の仔稚魚)やシラウオ、シロウオといった稚魚形態の魚をベイトにしているケース。私の中でこの季節に「シラスパターン」があるのではないか?との疑問が沸々と浮上してきたので、この春、集中して調べ始めていました。

その結果、シラスなどの稚魚類をベイトにしているケースが存在する事は分かったのですが、今の所、確実に釣れるというところまでパターンを把握できていない段階です。春は仔稚魚が育つ季節。水深1~2mといった浅場で沸いた仔稚魚類やシラス形態のシラウオ、シロウオをエサにしている魚が存在し、「Tテールシャッド2.5インチ」など小さめのシャッド系が有効らしいというところまで分かってきています。

釣れるタイミングは潮の具合や天候などにも左右されるようです。その時釣れた魚が深場から上がってきた魚なのか?それともシャローで越冬していた魚なのか?まだまだ分からないことが多く、データの蓄積が必要ですが、この季節の釣りとして期待のできるパターンだと思います!どんな釣りなのか興味のある方、是非一緒に開拓してみませんか?


シラスパターン、イワシ小魚パターンともに、春の季節は3~4インチのシャッドテール系が定番。スイミング主体の使い方なので、ジグヘッドリグが中心になる(画像はバークレイのTテールシャッド)

ジグヘッドは場所により根掛かりがあるようなら「ボトムノッカーオフセット」、根掛かりがほとんど無いようなら「ボトムノッカーストレート」(ともにがまかつ)を使用

シャローのシラス系のパターンと並行して、これからはイワシなどの小魚をベイトにするパターンに入ります。以前から楽しまれてきた春ロックのパターンですが、現在の所、春の定番エリアに多くのベイトが入り始めてきている状況です。今シーズンは暖かい日が多いようなので、雪代も早目に落ち着き、例年より早めのシーズンスタートが期待できます!

例年、4 月下旬頃から沖根の水深10m以内の水深で大小様々なロックフィッシュの釣りが楽しめるようになります。当たれば1日で1人30本を超える釣果も出るのが春ロックの特長です。が、少々コツがありますのでここでちょこっとご紹介します!

まず、沖根の春ロックパターン。このパターンでは魚探に出た反応の判断が重要です。ベイトの反応のある水深に合わせることがキモになってきます。私の場合は根魚がベイトフィッシュに着いている時、特に春ロックではお客様に着底からどれくらいのレンジを釣って欲しいか指示を出す場合があります。

同じレンジを狙っていても、釣れる方と釣れない方が出てくることがあります。そこで、次にするのが釣れない方のシンカーの重さの確認です。魚が吐いたベイトの大きさを参考に、ルアーウエイトとワームのサイズなどを指示するようにしています。

このように、特に春ロックは操船する側と釣りをするお客様との連携が重要になってきます。ここまで書いてきたようなパターン、状況を考えながら釣りをすると、難しい部分や楽しい所がますます見えてきて今までよりも楽しく熱いロックフィッシュを楽しんでいただけるものと思います。シャローロックフィッシュのハイシーズンまでもう少しです!釣行予定とタックルの準備はお早めに!!


実釣中、快適な視界を得るために威力を発揮するのがTALEX偏光グラス。今シーズンはTALEXレンズに「ラスターオレンジ」が新たに追加され、ますます選択肢の幅が広がった。ザ・モール仙台長町3階、和真メガネ仙台長町店で取り扱い中!


◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

☆特別な連載記事も読める!
釣り河北プレミアム会員募中!!

毎週火曜に専用メルマガを配信!東北6県の最新釣り情報をここだけでしか読めない独自編集でお届け!
入会特典等もありますので、この機会にぜひぜひご加入ください。詳細は↓↓↓をご覧ください。
http://tsuri-kahoku.jp/i_premium/premium.htm

PROFILE:佐藤 尚行

ルアー船EARNEST(アーネスト)ガイド。バストーナメントに6年間出場した経歴を持ち、海にフィールドを移した現在も新パターンの研究やターゲットの開拓に力を入れる。サンライン、ピュア・フィッシング・ジャパン、がまかつ、ティクト、メロン屋工房、和真メガネのサポートを受ける

 
 
PR