document.write(''); [釣行記][東北の巨匠・村岡博之のオライノLure論] シーバス、デイゲームとナイトゲーム | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

[東北の巨匠・村岡博之のオライノLure論] シーバス、デイゲームとナイトゲーム

村岡 博之 2016年4月15日配信   【連載 :村岡博之のオライノLure論】

東北の巨匠こと村岡博之さんが月1回のペースで東北、石巻周辺のルアーフィッシングを中心にいろいろな話題を取り上げていきます。

ぼちぼち本格的シーバスシーズンです。今年の太平洋側はサクラマスが不調のため、シーバスのシーズンインを首を長くして待っている人も多いでしょう。中にはすでに良型をキャッチしたアングラーもいると思います。そこで今回はシーバスゲームのデイゲームについてお話ししましょう。

デイゲーム=日中の釣ですが、シーバスを狙う場合、明るい時間帯は光るルアーが有効です。水質にもよりますが、明るい時間帯のシーバスは目から入ってくる情報をもとにルアーにバイトします。フラッシング系のルアーがデイゲームで多用されるのもそのことからです。

バイブレーションやシンキングミノー、スピンテールなどがよく使われます。これらのルアーはほとんどが、メッキやホロなどの光物です。よほどの条件がそろわない限りはパールベースのものは使うことはありません。

 
 
 

日中は視覚と瞬発力で捕食する

これらのルアーをデイゲームで使う場合、ナイターのそれよりはリトリーブのスピードはかなり速くなります。正直、リールの限界のスピードでもバイトしてきます。

それは目でルアーを追っているからで、魚は1秒間に自分の体長の10~20倍の距離を移動できるといいます。60cmのシーバスならば、(瞬間的に)最大で12mの距離を1秒間に泳ぐことができるスピードを出せるということです。

これほどのスピードでリトリーブできるリールは多分ありません。それでもシーバスはルアーを横目に見ながら、食いつくわけです。

「横目」に、と言うのは、文字通り横で見ています。シーバスは人間と違い正面に目が並んでいるわけではありません。頭部の外側に着いているため、正面の目の前に近いものは見ることができません。そこで多くの場合ルアーを横目で見ながらバイトするわけです。

フラッシング系のルアーは、食性よりもリアクションでバイトすることが多いので、リトリーブスピードは速めのほうがいいのです。

また、磯などの常に捕食を意識しているエリアのシーバスは、ルアーを見つけると距離が離れていてもバイトしてきます。こういうときは早くルアーの存在をシーバスにわからせてやることが大切です。そのためにもフラッシングは重要なファクターとなります。

フラッシングでアピール

次回はナイターについてお話ししましょう。



◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

☆釣り河北プレミアム会員募集中!!
釣り河北プレミアムサービスでは、毎週火曜に専用メルマガを配信。最新の釣果情報など独自の内容をいちはやくお届けします。入会特典等もありますので、この機会にぜひぜひご加入ください。詳細は↓↓↓をご覧ください。
http://tsuri-kahoku.jp/i_premium/premium.htm

PROFILE:村岡 博之

石巻を拠点に活動するベテランルアーマン。自称東北の巨匠。シーバスをメインにサクラマスやロック、フラットなど幅広く嗜む。ハンドメイドルアーファクトリーOrynO(オライノ)代表。ピュア・フィッシング・ジャパン、ジャクソン、エクリプスフィールドテスター、リアスアドバイザー、がまかつ他サポートメーカー多数。
ブログはこちら http://oryno.ni-3.net/



※取材・テキスト/村岡博之

 
 
PR