document.write(''); [釣行記]仙台港・塩釜港ファミリーフィッシングで大賑わい! | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

仙台港・塩釜港ファミリーフィッシングで大賑わい!

編集部 更新日 2018年12月26日   【宮城】

初夏の陽気に誘われて、仙台、塩釜近郊の岸壁が休日に釣りを楽しむファミリー、カップルらでにぎわっている。3M仙台港パークを中心とした仙台新港や塩釜港周辺を取材してきた。

 
 
 

塩釜港はハゼ、シャコのちょい投げにメバリングも

塩釜港のまがき港周辺ではチョイ投げ、探り釣りでハゼやシャコが釣れていた。アイナメやカレイも意外な良型が釣れることがある場所。市販のちょい投げ用仕掛け、胴突き仕掛けにアオイソメを付けて岸壁の周辺を探るだけと簡単なため、初心者にも人気がある。

また、小型ソフトルアーを使ったメバリングを楽しむ人の姿もみられた。日中でもポツポツ釣れていたが、メバルは夜になると中層に浮いてエサを捕食するので、ナイトゲームだとよりイージーに狙える。

ただし、まがき港周辺は漁船の係留されているL字堤は立ち入り禁止なので注意。また、釣りをしている時も漁船や遊漁船や接岸することがあるので、速やかに岸壁を空けて漁港関係者の邪魔にならないよう気を付けよう。

塩釜港ではチョイ投げでシャコが釣れていた
シャコのほかマハゼ、アカハゼ、メバルなども期待できる
ちょっと投げれば釣れるので子供でも楽しめるはず
小型ソフトルアーでメバリング。「小さいですよ~」と言いながらも、日中からコンスタントに釣り上げていた
漁港の岸壁では船が近付いてきたら速やかによけるなど、トラブルの無いように配慮しよう
仲卸市場を中心とした水産工場岸壁の方もハゼが釣れていた。この日はまがき港よりは良くなかった模様
取材時は平日で人は少なめだったが、休日になると広い岸壁に釣り人が連なる

仙台新港、七ヶ浜周辺にはイワシのほか、良型のサバも回遊

仙台港の釣り公園「3M仙台港パーク」も塩釜港と同じくちょい投げを楽しめる。ちょい投げで狙えるのはハゼ、シャコ、カレイ、アイナメなど塩釜港と同様。仙台港は夜のアナゴも高実績。また、ここで夏頃にかけて有望なのがイワシなどのサビキ釣りだ。

今年もイワシの群れが接岸をはじめ、5月22日の日曜日はイワシを追ってきた30~40cmのサバも上がった。中には40UPを釣り上げたり、イワシ用の細仕掛けを切られた人も。ただ、シーズンのハシリのためか、回遊の有無は日ムラが大きく、5月23日の日中に取材した時はイワシ、サバは釣れていなかった。

仙台新港の釣り公園「3M仙台港パーク」
[関連記事]仙台新港に待望の釣り公園がオープン!
フェンスがあって子供連れでも安心。ベンチに腰掛けながら釣りをできるのもうれしい
サビキ釣りなど回遊を待つ釣りでは、フェンスに固定するタイプの竿掛けがあると便利。市販品でもいいし、自作している人も多い
18時で駐車場が閉門してしまう。日没が遅くなっているので出られなくならないよう注意!

仙台~塩釜周辺の各地でサバが回遊しており、七ヶ浜町の松ケ浜漁港でもサバが釣れていた。仙台新港ルアーde坊主の小野浩さんはワインド釣法で防波堤周辺を探り45cm級の良型をキャッチしている。

5月22日、小野浩さんが松ケ浜漁港(七ヶ浜町)で釣ったサバ
防波堤先端だけでなく、真ん中あたりまでサバは回遊していた
ショアジギングで狙う人が多いが、ワインド釣法で釣果を上げた
七ヶ浜周辺サーフではマゴチも釣れ出している

タックルやエサは現場に着いてからでも手に入る!

岸壁釣りの釣り具やエサは仙台新港近くのつりえさ倶楽部マリン仙台新港店で全て揃う
リール、ロッド、ラインがセットになったコンパクトロッドセット。1,380円のコスパで大人気
そのまま使える人気のちょい投げ仕掛け。「ちょい投げセット」(ささめ針)と「ボウズのがれ投釣りの巻」(ささめ針)ともにコンパクトロッドセットの道糸に結んで、エサを付けるだけ。特に「ボウズのがれ」の方はフロート玉付きで仕掛けが自然に浮くため、初心者でも釣りやすいと好評だ
水汲みバケツも人気商品。ロープ付きとロープ無しがあるので買うときは気を付けて
元気な活きエサを水槽で見ながら買えるほか、冷凍エサもオリジナル商品が充実している
活きがよく量も多いと評判のアオイソメ。あまりに活きがよすぎるとイソメ自身が暴れて千切れたり、体液が飛んだりするので、使うときは使う分だけ少しずつ弱らせながらエサ付けするのがコツ


◆記事に書けない裏話や質問への回答はweb版 無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

※取材協力・解説/つりえさ倶楽部マリン仙台新港店、小野浩
 
 
PR