document.write(''); [釣行記]シーバスゲームとPEラインの話 [東北の巨匠・村岡博之のオライノLure論] | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

シーバスゲームとPEラインの話 [東北の巨匠・村岡博之のオライノLure論]

村岡 博之 2016年7月15日配信   【連載 :村岡博之のオライノLure論】

こちらの連載では東北の巨匠こと村岡博之さんが月1回のペースで東北、石巻周辺のルアーフィッシングを中心にいろいろな話題を取り上げていきます。

今回はシーバスゲームとラインの話。以前はナイロン12Lb前後が主流でしたが、今はほとんどのアングラーがPE系のラインにリーダーを組んで使うようになりました。

過去の連載記事はこちら

近年のシーバスゲームではPE系のラインを使っているアングラーがほとんどでしょう。ラインには大きく分けてナイロン、フロロカーボン、PE系の三つに分けられます。それぞれ一長一短で各々メリット、デメリットがあります。しかし、シーバスゲームに関しては、ほぼすべてのアングラーがPE系ラインを使っているのはなぜでしょうか?

[参考記事]釣り糸(フィッシングライン)の種類

その理由の一つが圧倒的な強さがあります。PE系ラインは直線の引っ張り強度だけなら、それなりの太さのものを使っていれば、そうそうブレイクすることはありません。ただし、ストラクチャーが絡むとそうはいきません。根ずれの強度はナイロンやフロロカーボンに劣ると言われています。その対策にフロロカーボンのショックリーダーを長めにとることである程度は解決します。

 
 
 

強くて、感度がいいPE系ライン

強度のあるPE系ラインはナイロンやフロロカーボンより、同じ強度で細くすることが可能です。ラインが細くなればキャスタビリティが上がります。細いラインはルアーの泳ぎだしや操作性も良くなり、強い流れや水深のあるポイントでのラインへの干渉をも軽減します。

そしてPE系ラインの最大のメリットは感度です。ナイロンやフロロカーボンと違い、ライン自体の伸びが極端に少ないPE系ラインは、ショートバイトも確実に手元に伝えてくれます。また、慣れてくれば潮の流れやボトムのマテリアルもわかるようになります。PE系ラインは魚を釣るだけでなく、いろいろな情報をアングラーに与えてくれます。

PE系ラインの伸びの少なさは、アワセの時に最大の威力を発揮します。シーバスの口は堅い部分もあり、時にフックのバーブまで刺さらないときもあります。特に大型のシーバスの口の周りは堅くなり、どんなに刺さりの良いフックを使っていても貫かないときがあります。しかし、伸びの少ない(無い)ラインなら、その心配も少なくなります。シーバスのフックアウトの原因の多くはバーブまでフックが入ってないことがその原因です。それにエラアライが加わればフックアウトの確率は上がります。しっかりアワセさえ入れていればランディングまで持ち込む確率は格段に上がります。

以上のことが現在のシーバスゲームでPE系ラインが主流になった理由でしょう。いくらラインが強くても、ノットが不完全だったり、傷がついていたり、劣化が進んでいたのでは性能を発揮できません。釣行毎にラインやシステムの点検は欠かさずに行い、ドラグの調整をしっかりやっておくことも大事です。

最後に、本文中でPEラインではなくPE系ラインと書いているのは、私が愛用しているファイヤーラインが編み込んでいないためPEラインとは違うからです。



◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

☆釣り河北プレミアム会員募集中!!
釣り河北プレミアムサービスでは、毎週火曜に専用メルマガを配信。最新の釣果情報など独自の内容をいちはやくお届けします。入会特典等もありますので、この機会にぜひぜひご加入ください。詳細は↓↓↓をご覧ください。
http://tsuri-kahoku.jp/i_premium/premium.htm

PROFILE:村岡 博之

石巻を拠点に活動するベテランルアーマン。自称東北の巨匠。シーバスをメインにサクラマスやロック、フラットなど幅広く嗜む。ハンドメイドルアーファクトリーOrynO(オライノ)代表。ピュア・フィッシング・ジャパン、ジャクソン、エクリプスフィールドテスター、リアスアドバイザー、がまかつ他サポートメーカー多数。
ブログはこちら http://oryno.ni-3.net/



※取材・テキスト/村岡博之

 
 
PR