document.write(''); [釣行記] 秋の根魚シーズンイン!塩釜沖ボートロック初出撃 - 船釣り - 海ルアー - 宮城 - アイナメ - クロソイ - ベッコウゾイ:釣り河北
ENJOY FISHING フィッシングライフをサポートする釣り情報サイト 河北新報オンラインニュース河北新報オンラインコミュニティー
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

秋の根魚シーズンイン!塩釜沖ボートロック初出撃

遠藤 真樹 2016年10月 6日配信   【宮城】

塩釜沖で良型ロックフィッシュが釣れ始めた。遠藤真樹さんは今秋初めてのロックフィッシュ釣行!シーズン初期はシャローからちょっと落ちた水深10m前後のエリアで50UPのクロソイや40UPのアイナメに期待できる。

塩釜~七ヶ浜周辺沖エリアへロックフィッシュ釣行
 
 
 

秋シーズンは水深10mちょっとの深めの場所から始まる

秋のロックフィッシュシーズンが始まりましたので、塩釜~七ケ浜周辺へボートロックに行ってきました。今年は台風が多く、宮城県への直撃もあり、海の状態が少し不安定ですが、水温も23~22℃位まで下がってきたとのことで実釣してみることに。

夏から秋へと季節が変わる時期、対象となるのはアイナメ、黒ソイ、ベッコウゾイ等。アイナメに関してはこれから産卵期を迎えると浅場に移動し、エサの食いが活発な時季となります。

例年、シーズンの初めは10~13mという比較的深いポイントから始まり、そこから秋が深まり、水温が下がるにつれ、どんどん浅場へと移動していくという流れになります。その日に、どの水深で反応が出るのかを探るのもこの季節の楽しみのひとつです。

沖の根周りなど、シャローからちょっと落ちた所で、潮通しがよくイワシベイトが集まる場所がポイント
 
 
PR