document.write(''); [釣行記] 牡鹿半島周辺 晩秋の磯シーバス[東北の巨匠・村岡博之のオライノLure論] - 海ルアー - 宮城 - スズキ - 村岡博之のオライノLure論:釣り河北
ENJOY FISHING フィッシングライフをサポートする釣り情報サイト 河北新報オンラインニュース河北新報オンラインコミュニティー
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

牡鹿半島周辺 晩秋の磯シーバス[東北の巨匠・村岡博之のオライノLure論]

村岡 博之 2016年10月17日配信   【連載 :村岡博之のオライノLure論】
 

こちらの連載では東北の巨匠こと村岡博之さんが月1回のペースで東北、石巻周辺のルアーフィッシングを中心にいろいろな話題を取り上げていきます。

今回のテーマは秋の磯シーバスゲーム。

過去の連載記事はこちら

 
 
 

デイゲームで狙える晩秋の磯スズキ

10月も半ばを過ぎると、北上川水系の河川内のシーバスも終了です。一発大物を狙うなら河口域でもチャンスはありますが、確率はかなり低くなります。河川から落ちたシーバスは近隣のサーフなどでも年内中は狙えますが、これも日が経つにつれ確率はかなり低くなります。あと、あまり知られていないのが晩秋の磯シーバスです。

磯シーバスと言えば春から夏のイメージがあるかもしれませんが、晩秋のそれは大型でグラマーな個体が多くなります。晩秋の河口付近の個体と似ていますが、デイゲームで狙えるのでとてもスリリングなゲームに期待できます。

石巻近辺では、どちらかと言えば牡鹿半島の裏側(女川側)に釣果が偏るようですが、70前後の個体なら表側でもまとまって釣れることがあります。いずれにしても着く場所や回遊コースを把握することが大事です。

タックルは10ft以上のシーバスロッド、できれば磯専用のもの。リールは3000番クラス以上にラインはPE系の1号以上。出来ればショックリーダーはフロロカーボンの30Lb前後が望ましいでしょう。

「ソルティーステージKR-XシーバスSXSS-1102MH」(アブ・ガルシア)
11ftロングレングス、ハイパワーの磯シーバス専用モデル
 
 
PR