document.write(''); [釣行記]宮城県南三陸の防波堤釣り場紹介~歌津・伊里前漁港~ | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

宮城県南三陸の防波堤釣り場紹介~歌津・伊里前漁港~

編集部 更新日 2018年3月15日   【宮城】

南三陸町・歌津地区にある伊里前漁港の釣りを紹介する。

伊里前漁港は歌津地区の中心街に近く、中心街には仮設商店街「伊里前福幸商店街」がある。商店街は2016年2月より以前の場所から45号線を挟んで向かい側に移転し営業している。

名足漁港編はこちら





 
 
 

復興商店街に近く、ファミリーフィッシングに便利な釣り場

現在、伊里前商店街の周辺では、嵩上げ工事、河川工事、国道移設工事等が急ピッチで行われているが、釣り場となる漁港内はほぼ整備が完了している。仮設商店街が目と鼻の先にあり、トイレ、食事処、そして釣具店(大隆丸)が近く、ファミリー、初心者にも人気の釣り場となっている。

港内奥中央に見える平屋の建物が伊里前福幸商店街
伊里前福幸商店街。食事処やトイレに釣具店まであるのでとっても便利。ファミリー、女性、初心者の方も安心して釣りが楽しめる
商店街の中にある釣具店「大隆丸」で最新の釣況を入手。店内は釣り竿セットから仕掛け、小物、活きエサにいたるまで各種豊富な品揃え
港内は整地され足場はバッチリ。手前は船が係留されているので、作業の邪魔にならないよう気を付けよう。ブイがあるので、投げ釣りなどは防波堤まで歩くのが無難

伊里前漁港のポイントを紹介!

港内には伊里前川が流れ込み、ハゼの魚影は濃い。港内は砂地主体でマゴチ、カレイが有望。サビキ釣りでは、アジ、サバ、サッパが狙える。一方、外海側のテトラ帯ではドンコや根魚。少し沖にはツブ根も点在しておりアイナメ、ソイといった根魚が豊富。

岸壁奥の堤防の先端付近にはテトラが入り、魚が集まる好ポイントになっている
こちらの方は投げサビキで青物を狙っていた。アミブロックに配合エサを混ぜ周囲に撒くも、潮止まりが重なり群れは回遊せず
テトラ付近からはウミタナゴが猛烈アタック。沈みテトラは魚影が濃くねらい目
湾内は砂地が広がっているが、所々にツブ根があり、適水温になる秋や初夏には魚が集まる。タイミングが合えば30~40cm級のマコガレイやアイナメを狙える
干満の差はあるが、堤防から水面までは2~3mほど。大物用に網ダモを準備するとベター
堤防の内湾側は足場のスペースが十分あるが、外海側は高さがあり足場も不安定。無理は禁物だ


◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

☆特別な連載記事も読める!
プレミアム会員募集中!!

釣り河北プレミアムサービス会員募集中。毎週火曜に専用メルマガを配信!東北6県の最新釣り情報をここだけでしか読めない独自編集でお届け!
入会特典等もありますので、この機会にぜひぜひご加入ください。詳細は↓↓↓をご覧ください。
http://tsuri-kahoku.jp/i_premium/premium.htm

※取材協力・解説/大隆丸
 
 
PR