document.write(''); [釣行記] アンチョビミサイルで楽しむ冬のボートクロソイゲーム - 船釣り - 海ルアー - 宮城 - クロソイ:釣り河北
ENJOY FISHING フィッシングライフをサポートする釣り情報サイト 河北新報オンラインニュース河北新報オンラインコミュニティー
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

アンチョビミサイルで楽しむ冬のボートクロソイゲーム

山戸田 恵一 2017年1月10日配信   【宮城】
 

幅広い水深帯、多魚種に有効な「アンチョビミサイル」。ハイシーズンを迎えている浅場~深場の中間エリアでの大型クロソイゲームでも高い実釣力を期待できる。ここでは冬のクロソイゲームを中心に、アンチョビミサイルの使い方や水深に合わせた使い分けを紹介する。

[関連]

何でも釣れちゃうアンチョビミサイル

アンチョビミサイルを紹介してくれた山戸田恵一さん。本業のかたわら「YAMATODA GUIDE」として仙台湾周辺のフィッシングガイドサービスも行っており、今回の取材もガイド船でのもの


 
 
 

「アンチョビミサイル」、「アンチョビミサイルターボ」って?

アンチョビミサイル」はタチウオゲーム用として生まれたテンヤ型タチウオジグ。水平に近いステイ姿勢からのナチュラルなアクションはタチウオのみならず、青物、根魚、フラットフィッシュなどなどあらゆるフィッシュイーターに有効なアイテムだ。

浅場からちょっと落ちたポイントに大型が溜まる冬のボートクロソイで、この「アンチョビミサイル」が絶大な威力を発揮する。深場や潮流が速いポイントに対応した「アンチョビミサイルターボ」を併用することで、岸近くの水深20m台から水深100mほどの中深場までカバーできる。

深場などでは沈下スピードが速く、アクションの立ち上がりも早い「アンチョビミサイルターボ」を効果的に使うのが吉
 
 
PR