document.write(''); [釣行記]宮城&岩手の子持ちナメタガレイ釣りガイド[2]亘理荒浜編 ページ2 | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

宮城&岩手の子持ちナメタガレイ釣りガイド[2]亘理荒浜編

針生 秀一 更新日 2017年1月17日   【宮城】

根周りのナメタ釣りに根掛かり対策はマスト

伊井さんは根掛かりに悩まされて仕掛けを連続でロス。「根周りの釣りを侮っていましたね。砂地でのマガレイに合わせてPE1号の道糸にしたのが失敗でした。やはり根周りには最低でもPE2号ですね」

私はPE2.5号で根掛かりでの仕掛けのロスは無く、フグの齧りつきと根に擦れての幹糸損傷で仕掛け2組、ハリは10本ほど交換しました。

最後の流しで投入。スロー&クイックに仕掛けを動かし、秒一往復くらいのストロークの小突きをしていると、モタッというアタリ。これは先バリのエサを吸い込み、前進してきたときに出るパターン。仕掛けが緩むのでアタリの伝わりが消えるのです。スッと聞き上げるようにすると重みが伝わり、ズッシリ底に張り付くような感触。さらに竿を立てるとバタバタと強力に引き込んできました。

これはデカい。竿を水平に保って、ゆっくりリールを巻き上げてきます。途中の突っ込みはヘビー級のパワーでドラグが滑ります。水面に見えてきたのは大型のマコガレイ。隣の方がタモを構えて、右回りで泳ぐのを誘導して一発でタモに入りました。計測すると52cm、これはマコガレイの自己記録更新サイズです。

私には52cmのランカーサイズのマコガレイ。自己記録更新の大型マコガレイでした
伊井さんは37cmマガレイにマコガレイは41cm。「仙台湾の根周りカレイは釣り応えあります」と笑顔。6月に拓洋丸で「親子釣り教室」をやりますよ!

12時半に沖揚がり。定刻までできたのはラッキーでした。岸壁に戻ると「釣りえさマリン」の丹野社長と常連の大泉さんが出迎え、みんなで亘理の浜料理の名店「あら浜」へ食事に行きました。

季節の名物メニューが「はらこめし」から「ほっきめし」「牡蠣めし」に替わり迷いましたが、浜の旬の魚介が盛られた漁師丼をみんなで注文。これが最高に旨かった。いつものアフターフィッシンングはラーメンでしたが、季節の名物料理で締めるのも良いですね。

これから冬~春に向けて、さらに面白さが増してくる仙台湾の根周り五目釣り。カレイ、アイナメに加えて、年明けにはクロメバルも開始されます。寒さもピークになりますが、熱く夢中になって寒さを忘れる釣りを楽しみに行きましょう!



次回は2016年の竿納めになった岩手県宮古市「重茂半島」のナメタ、ヒガレイ(ムシガレイ)をレポートします。

[関連]

宮古重茂トドヶ崎沖のナメタ



拓洋丸」は亘理荒浜港の南側岸壁から出船します。
■予約TEL:090-3755-4496
「強めの風でしたが釣れ具合はまずまずでした」と箕笹文夫船長。これから亘理沖では、クロメバル、そしてクロソイも面白くなります
締めは亘理「あら浜」で、亘理の旬がテンコ盛りの漁師丼。これは旨かった。大泉さん、ごちそうさまでした!
[あら浜 本店]
■場所:宮城県亘理郡亘理町荒浜字中野183-8
■営業時間:11:00~14:00、17:00~20:00
※月曜休


◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

☆釣り河北プレミアム会員募集中!!
釣り河北プレミアムサービスでは、毎週火曜に専用メルマガを配信。ここでしか読めない企画、連載記事に入会特典等もありますので、この機会にぜひぜひご加入ください。詳細は↓↓↓をご覧ください。
http://tsuri-kahoku.jp/i_premium/premium.htm

PROFILE:針生 秀一

船釣りを中心に、防波堤や河川の小物釣りなど、なんでもこなすオールラウンダー釣り師。全国各地の釣りと釣り具の知識が豊富で、釣りの生き字引的存在。泉区のロックバーラグ(Rag)オーナー。シマノフィールドモニター

※取材テキスト・写真提供/針生秀一
 
 
PR