document.write(''); [釣行記] 伊豆大島 寒グレ(メジナ)遠征記! - 磯釣り - その他 - メジナ 2017年01月24日:釣り河北
ENJOY FISHING フィッシングライフをサポートする釣り情報サイト 河北新報オンラインニュース河北新報オンラインコミュニティー
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

伊豆大島 寒グレ(メジナ)遠征記!

亥飼 真司 2017年1月24日配信   【その他】

亥飼真司さんが東京都の伊豆大島に釣行した時の様子をリポート。東京から東海汽船のフェリー(高速ジェット)で2時間弱、熱海からであれば1時間しない身近な離島はメジナのパラダイス!

 
 
 

大島のメジナ釣りは適度にサラしている状況がベター

伊豆大島は伊豆七島の中でも1番大きな島で、周囲が50kmあります。大島の釣り場は東西に分けられていて、島の西側を表磯、東側を裏磯と呼んでいます。

釣行したのは2016年12月10日、11日。今回向かったのは表磯の方で、10日はヨコブチの本ヨコ、11日は神の根という場所に行きました。

大島は渡船が無く、荷物を持っての地磯歩きになります(車は民宿で貸し出しているものを利用。島内に1軒ある釣具店でも磯釣り専用車を貸し出している)

大島の場所の選び方の一つとして、サラシの有無が大きなポイントで、サラシが無いとメジナの釣果が出にくいとの事でした。大島は潮が緩い磯が多いため、サラシを利用しながらポイントを作って釣果につなげる必要があります。

釣行前日まで表磯は大荒れだったらしく、当日は波っ気がありサラシも出ていて、そして表磯は丁度風裏となって釣りやすいベストな状態でした。この様な状況判断は通い慣れたベテランの方や地元の釣り宿、釣具店さんでないと分からないところがあります。

写真は駐車場から見たヨコブチ。磯の先端から右側の方に行くと本ヨコと言う場所で、磯の先端の左側がコダハムと言う場所です。ここから下まで103段の階段を降りて行きます・・
本ヨコの釣り座から右側です
今回の釣り座「本ヨコ」
釣り座から左側「コダハム」方面
友人にもナイスサイズが釣れました

この日はサラシに乗せて流すと、一番潮の効いたいい所からはコッパの尾長グレが多かったので、口太狙いに専念することに。あえてサラシから少し外して潮のヨレなどを狙ってみると、30~45cm位までの口太とイサキが終始釣れ続けました。

このクラス位までの口太が釣れました
【1日目のタックル】
ロッド:DAIWA TOURNAMENT ISO AGS T-53SMT
リール:DAIWA TOURNAMENT ISO3000SH-LBD
ライン:VARIVAS トリビュート磯〔サスペンドタイプ〕2号
ウキ:キザクラ D-Flatz74 P-0
ハリス:VARIVAS ハードトップ磯 プレミアムハリス 2号
ハリ:GRANジーク グレ 尾長・真鯛 1号、2号
この日の釣果です(30~35cm以下はリリースして来ました)
 
 
PR