document.write(''); [釣行記] 冬も楽しい仙台湾ロックフィッシュ!大型クロソイまだまだ有望 - 船釣り - 海ルアー - 宮城 - クロソイ 2017年02月15日:釣り河北
ENJOY FISHING フィッシングライフをサポートする釣り情報サイト 河北新報オンラインニュース河北新報オンラインコミュニティー
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

冬も楽しい仙台湾ロックフィッシュ!大型クロソイまだまだ有望

遠藤 真樹 2017年2月15日配信   【宮城】

一年でも最も寒い季節を過ぎて、春へと向かいつつある宮城沿岸。ロックフィッシュは出船することさえできれば一発大物に期待できる季節。塩釜沖のボートロックを遠藤真樹さんが実釣レポート!

 
 
 

クロソイは東北の厳冬期にも狙える貴重なターゲット

東北の宮城沿岸エリアは1月から2月にかけ、海のルアーシーンは閑散となります。ターゲットになる魚種が減るのもそうですが、冬型の気圧配置の影響で毎日のように西からの強い風が吹いて海が時化る日が多く、船を出せる機会が少なくなるためです。

しかしながら、近年は「宮城の冬のロックフィッシュと言えば黒ソイ!」というほどにクロソイの存在が着実に定着してきています。

数年前からポイントの開拓や、クロソイの行動パターン、アプローチ方法を探り、出船が出来れば、個体を確認できる確率がかなり高まっています。

そんなクロソイを狙って塩釜の遊漁船アーネストで実釣してきましたのでリポートします。

この時期の海水温は10℃前後まで落ち込みます。ここまで水温が下がるとアイナメの活性が低下し、ほぼルアーなどに反応しなくなります。そのような水温でもクロソイであれば捕食スイッチが入るケースがあり、ベイトの動きによっては活性が上がり、捕食モードになります。これから紹介するのは、その行動パターンに合わせてアプローチするという釣りになります。

狙う水深は15m超。ときには20m前後のポイントも攻めます。塩釜湾のアイナメをターゲットとする際は5~8m位のシャローエリアがメインの水深ですので、クロソイを狙う時はかなりディープになります。

ルアーは基本となるホッグ系ワームのテキサスリグ、シャッド系ワームのジグヘッドリグの他、カーリーテールワームでアプローチすることもあります。シンカーウエイトは21gから30g位まで。ときには18gのジグヘッドを使用することもあります。

テキサスリグを基本にホッグ系、カーリーテール系、シャッド系を状況により使い分ける。フックは超ヘビーワイヤー仕様で大型クロソイを根周りから引き出すパワーのあるノガレス フッキングマスター ロックフィッシュ」(モーリス)
 
 
PR