document.write(''); [釣行記]岩手渓流2017年シーズン開幕!解禁初期のイワナ、ヤマメ攻略テクニック ページ2 | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

岩手渓流2017年シーズン開幕!解禁初期のイワナ、ヤマメ攻略テクニック

森本 正善 2017年3月13日配信   【岩手】

解禁釣行の釣り人で賑わう溪へ

次に向かった小規模な渓でも今年は魚の反応を得ることが出来ず、昼食後、解禁釣行の釣り人で賑わう溪へ向かった。

我々が入りたいポイント帯はちょうど空いており、準備を済ませて入渓。先に釣友が探るもノーチェイス。交代し、釣友が攻めきれなかったより遠くのポイントにアプローチするとイワナがチェイス! この時期必須のテクニック、足元での"食わせの間"に成功し、今期2本目の渓魚をランディングに持ち込んだ。

腹が橙色に染まったニッコウイワナ系のイワナが今季2本目。解禁釣行の目標はいつでもヤマメとイワナを1本ずつ。目標は無事達成された

その後は午前中の先行者のプレッシャーに苦しめられながらも、最後のポイントで深みのボトムを探っていた私に3本目。

小ぶりながらもフロントフックに噛みついてきたヤル気のあるイワナ
源流域のイワナは色鮮やか

釣り人は多いものの、やはり実績ポイントだけに魚影は濃い。それでも昨年よりは厳しい印象を受ける・・・。

少ない水量により活性がより低く、アプローチを少しでも間違えるとバイトしきらないし、バイトしたとしても食いが浅く、フッキングまで持ち込みづらい。釣友が苦しんでいたのはそこだろう。

しかし、諦めなければ結果は出るもの(釣友いわく99%は諦めていたらしいが(笑))。最後の最後に苦しんでいた釣友が奇跡の1本!!

最後の最後に釣友が仕留めた良型イワナ
最後に待っていたドラマにジャスティース!!な釣友(笑)

解禁日の1本はこれだけ喜べる価値がある。厳しいなりにも貴重な渓魚に出会えた解禁釣行となった。

雪深き内陸河川へ

解禁4日目に迎えた休日。今度は雪無き沿岸河川から一転、雪深き内陸河川へ足を運んだ。

雪が少ないシーズンとは言え、流石に内陸河川は豪雪状態。これでも少ない方だが・・・

この日のメインターゲットはイワナ。この時期は雪深いだけにマイポイントになる予定だったが・・・

既にこの河川は解禁日にカンジキを装備した先行者が入った模様

しかし、シーズン初期はイワナの魚影が濃い溪だけに期待は持てていた。開始しばらくは全くの無反応だったものの、とあるポイントで水面に波紋が浮かび上がる。

水の動きがほぼ無い深みであったが、水面が騒がしい

水中に目を向けてみると・・・

お分かり頂けるだろうか?無数のヤマメの稚魚達が群れをなして泳いでいた

この厳しい環境の中、たとえ小さくとも逞しく生きている渓魚達。思わずホッとする気持ちになれた一瞬だった。

[関連]

早春のビッグイワナゲーム

 
 
PR