document.write(''); [釣行記]岩手渓流2017年シーズン開幕!解禁初期のイワナ、ヤマメ攻略テクニック ページ4 | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

岩手渓流2017年シーズン開幕!解禁初期のイワナ、ヤマメ攻略テクニック

森本 正善 2017年3月13日配信   【岩手】

源流域のヤマメ狙いへ

翌日、今度は再び沿岸方面の溪へ。前日のイワナ狙いから一転、今度はヤマメ狙いの釣行。

雰囲気・渓相はまさに源流だが、この溪はヤマメの魚影が非常に濃い

イワナより動きが俊敏なヤマメだが、この時期はやはりスロー。この日もJ&Mを多用し、ヤマメの数釣りを楽しんだ。

秋色の錆が強く残った渋さと綺麗さを纏ったヤマメ
前日とはうって変わって、晴天に恵まれた一日だった

前日(もしくは朝一?)の先行者のプレッシャーが掛かった状態ではあったが、この日は運良く渓魚の反応に恵まれた釣行であった。

同じポイントで連発という場面も
季節は3月だが、まるで秋を思わせる色彩。私が一番好きな"渓の色"だ

タックルセレクト

最後に使用タックルをご紹介。

ロッドは今季より使用しているプロトロッド「Arcstream」(バレーヒル)。ミノーイングを中心とした釣りをする私が求める性能を詰め込んだロッドであり、現在鋭意テスト中。今回は「SS-50」、「SS-56」を使用した。

「SS-50」源流域でのイワナを主なターゲットとしたロッド
「SS-56」小~中渓流でのヤマメを主なターゲットとしたロッド

リールは今年発売された「THEORY 2004H」(ダイワ)。ラインはシーズン初期の厳寒期ということで、ナイロンの「TROUTIST AREA L.E. STEALTH」(サンライン)

非常に軽く巻き心地も滑らかなダイワ「セオリー」。同スペックの「ルビアス」と同じギア比だが、若干重めの巻き心地。軽さは上
「トラウティストエリア L.E.ステルス」(サンライン)はメイン部が視認性の良いカラー、その間にステルスリーダー部分がある為、アングラーによる操作性の向上、且つ渓魚へのプレッシャーを軽減してくれる。3.5Lbを使用

ミノーは、この時期特に多用するのは「ima sukari 50SS」(アムズデザイン)と「Trout Tune HW」(ジャクソン)だ。

源流域、溪流域をカバーする汎用性の高さが魅力の「Sukari 50SS」。前述のJ&Mも演出しやすい、オールシーズンを通して私のメインウェポンになっている
私がトラウトを始めた時期からずっと1軍の「Trout Tune HW」。私は主にリアクション的な使い方で多用する。ノーマル及びチューン仕様で使用

最後に、ランディングネットはバレーヒルの「ハンドメイドランディングネット」。S及びMサイズを使用している。

ハンドメイドランディングネット」(バレーヒル)。ネットは渓に映えることは勿論、網目が大きめの方がフックが絡まずオススメ
[関連]

ルアーヤマメの基礎



◆記事に書けない裏話や質問への回答はweb版 無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

☆特別な連載記事も読める!
プレミアム会員サービス!!

釣り河北プレミアムサービス会員募集中。毎週火曜に専用メルマガを配信!東北6県の最新釣り情報をここだけでしか読めない独自編集でお届け!
入会特典等もありますので、この機会にぜひぜひご加入ください。詳細は↓↓↓をご覧ください。
http://tsuri-kahoku.jp/i_premium/premium.htm

PROFILE:森本 正善

ロックフィッシュ中心に岩手県内陸より三陸に通うルアーアングラー。出身は秋田市で、日本海側のターゲットも積極的に開拓中!バスやトラウトなども得意。サポートメーカー=ベイトブレス、バレーヒル。ブログ「東北ロック」http://pirania.naturum.ne.jp/



※取材・テキスト/森本 正善


 
 
PR