document.write(''); [釣行記]越冬後の鮮やかな渓魚に逢いに行こう![渓流トラウト] | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

越冬後の鮮やかな渓魚に逢いに行こう![渓流トラウト]

森本 正善 2017年3月31日配信   【岩手】

東北も本格的な春を迎え、いよいよイワナ、ヤマメの活性が上がってくる季節。春の渓魚は秋の婚姻色の雰囲気がある個体や越冬のサビの残る魚など、美しい魚体のバリエーションも魅力のうち。岩手の渓流より森本正善さんからのリポートです。

3月も終わりに差し掛かり、東北地方も日中は春めいた気温が続いている。

海に川にだんだんに水辺が騒がしくなってくる季節ももうすぐそこまで迫っているが、川の中はまだまだ冬。しかしこの時期の溪流域でも越冬した良型の渓魚に出会えるチャンスは存分に溢れている。

秋の趣をそのままに残す越冬の個体は魅力十分
 
 
 

この時期のイワナはリアクション重視で

3月という厳寒期。水温も5℃を下回るような冷水状態であり、いくら低水温に強い渓魚といってもその動きはハイシーズンに比べると格段に鈍い。

渓魚の中で最上流域を棲家とするイワナにおいても、流石にこの時季は動きが鈍い。そんな今時期だからこそ有効なのがリアクションを重視したアプローチだ。

ルアーの不規則なリアクションに堪らず口を使ってくることが多い

昨年の記事でもご紹介したヘビーシンキングミノーによるジャーキングアクションは、雪代が出る前のこの時期に特に有効だ。

ポイントはボトム付近での縦へのリアクション。低水温で流れを嫌い、ボトムでジッとしている傾向のあるイワナに無理矢理スイッチを入れることがこのメソッドのコツ。

流れに乗せながら速やかにボトムまでルアーを沈め、ロッドを縦にチョンチョンと煽るようにアクションさせ、フォール時に口を使わせる。フォールは完全なフリーフォールではなく、ほんの少しラインテンションを掛けながら行うと良い。

ルアーの縦への不規則な動きについつい反応してしまうところが、この時期のイワナの可愛いところ。顔付きは獰猛だが...

3月中旬、源流域への釣行。

流れの脇に位置していた大岩の下に居るであろうことを予測しながら、少し上流側へ「ima sukari 50SS」(アムズデザイン)をキャストし、流れに乗せながら速やかにボトム付近までミノーを沈める。ちょうど大岩の前に差し掛かったあたりでロッドを煽りながらアピール。すると大岩の下から大きな魚影がチェイス!

1回目はミスバイトするも、小刻みなジャーキングを加えながらアクションさせ続けることで一度入ったイワナのスイッチを切らさないようにチェイスさせ続け、足元でトドメのJ&Mメソッド。思い通りに口を使わせることが出来た。

口が割れた見事な大イワナ
黒ずんだ魚体と見事な体高は越冬の逞しさを感じさせてくれる1尾だった
超BIG!!・・・とは言えないサイズではあったが、40cmを優に超える見事な魚体だ

渓魚のスイッチを入れることが出来ても、フックアップまで持ち込むのはこの時期結構難しい。

低水温により、頭で反応してもきっと身体が付いてきていないのだろう。だからこそ、一度入った溪魚のスイッチを切らさないようアクションを加え続けることが重要になる。

渓魚がルアーに興味を持ち続けているうちは、足元までチェイスしてきても案外アングラーの姿に気付かないことが多い(特にプレッシャーの少ないこの時期は・・)。ルアーから魚の目線を外さないように動かし続け、しっかりと目で見てフックアップに持ち込もう。

イワナはヤマメに比べ、一度入った捕食スイッチが切れにくい。一度ルアーに興味を持ってくれたらこちらのものだ
水深があり狭いポイントでは、速やかにボトムに到達するバイブレーションも非常に有効だ。写真はバスデイの「レンジバイブ45ES」
縦の動きが特に有効なこの時季、敢えて少し高めの足場から攻めることも多い
 
 
PR