document.write(''); [釣行記]6年目の3.11東北塩釜沖の船カレイ釣行[後編]塩釜~東名~女川巡り | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

6年目の3.11東北塩釜沖の船カレイ釣行[後編]塩釜~東名~女川巡り

山口 充 更新日 2017年4月 7日   【宮城】

神奈川在住の山口充さんが今年も東北へ。3月10日は塩釜沖でカレイ釣りを楽しみ、3月11日当日は東日本大震災と津波の被災地である宮城沿岸を巡った。

後編では3月10日の夜に行われた鹽竈神社帆手祭の模様や、東松島の東名地区、女川町の3月11日の様子をお届けします。

前編のカレイ釣り編では良型マガレイの数釣りと大型イシガレイを好釣!
[関連]

[前編]大型魚礁カレイ解説はこちら

 
 
 

塩釜神社の帆手祭(ほてまつり)

3月10日、塩釜帆手祭りは毎年楽しませていただいているが、今年はえびす屋の伊藤栄明さんが神輿を担ぐという事でそれも楽しみにしていた。

仙台湾から帰港後、一旦ホテルに戻って着替えてから本塩釜の駅で待っていると神輿が到着。皆さん同じように見えてしまい中々見つけられない。すると石井さんが「いたいた!」と伊藤さんを発見。

「一生に一回だよ」と照れくさそうに仰っていたが中々似合っていて記念撮影。レアな写真を撮らせていただいた。その後、神輿と一緒に市内を回り、午後7時いよいよ神輿が塩竃神社の202段を登っていく。掛け声とともに今年の帆手祭りもエンディングを迎えた。

観客の声、そしてお祭りに参加していた皆さんの「がんばれ」と言う掛け声は心響く。翌日は311。復興皆でがんばれ・・とも聞こえてくる。神輿が帰った途端、吹雪に。幻想的な時間であった。

帆手祭の神輿が本塩釜の駅前に現れた
えびす屋の伊藤栄明さんと記念撮影
神輿は街中を巡り、塩竃神社へ
 
 
PR