document.write(''); [釣行記]宮城のフラットフィッシュ釣期到来!石巻周辺ヒラメ、マゴチ | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

宮城のフラットフィッシュ釣期到来!石巻周辺ヒラメ、マゴチ

編集部 2017年5月18日配信   【宮城】

宮城県沿岸の砂浜や防波堤でヒラメ、マゴチのフラットフィッシュ類が釣れ始めた。仙南エリアのサーフから始まって、石巻や奥松島、七ヶ浜周辺でも釣果が上がっている。例年、先に釣れ出すヒラメに、5月に入る頃からはマゴチの声も聞こえ出した。

[関連]

ヒラメ、マゴチ関連のHOWTO記事はこちら

 
 
 

東北の巨匠と石巻、牡鹿半島周辺をランガン

ソフトルアーやメタルジグなどのルアーでヒラメに続きマゴチも釣れ出したということで、東北の巨匠ことオライノの村岡博之さんと石巻周辺の有力スポットを取材してきた。

釣行日は5月12日。「大潮で潮が動くけど、午前中はかなり干くので難しそう。午後になって上げ潮の時間がよさそうだね。夕マヅメが勝負かな」と村岡さん。

石巻東松島周辺では長浜から浜市などのサーフで釣果が上がり始めているとの前情報を入手。まずは石巻漁港周辺に向かったが、予報以上の強風。竿を出すこともなく、西寄りの風を避けることができる万石浦の周辺に移動した。

良型のマゴチが複数本釣れたとの情報があった万石橋の周辺へ。ただし、渡波防波堤側と佐須防波堤の周辺は工事中で立ち入り禁止になっているため、釣りをできるのは橋周辺の一部だけだ(2017年5月上旬時点)
この日、村岡さんが使った「ショアスキッドジグ(バークレイ)」はオフショアで人気の「ソルティーステージ・スキッドジグ」をショアジギングに対応させた商品。陸っぱりスロージギング的な、振り子落下アクションが特長。20~60gのラインナップ。アシストフック付きで定価550円からというコストパフォーマンスも大きな魅力! ※2017年6月発売予定
センターキールと縦付けアイが独特のフォールアクションを発生
2016年のテストでの釣果(プロト)。ヒラメ、コチともかなりの実績がある

万石橋付近は万石浦と石巻湾をつなぐ水路で、大潮時は激流になるポイント。風が牡鹿半島半島を巻いているのか、北西寄りの風と海から万石浦への上げ潮がちょうど真逆になり、2枚潮のような状態。底を取るのがやっとで、アクションをつけるのもままならず、風裏を求めて牡鹿半島へと移動してみることに・・。

風裏を求めて場所移動をすることに
お昼は近くにあれば毎日でも通いたい、プロショップまるかの限定ランチで力をつけた。いろんな魚が低価格で手に入るので、釣行ついでによってみると面白い
[関連]

石巻渡波周辺のおすすめ食事処

 
 
PR