document.write(''); [釣行記] 近場のサーフで楽しむ初夏のフラットフィッシュゲーム - 海ルアー - 宮城 - ヒラメ - マゴチ:釣り河北
ENJOY FISHING フィッシングライフをサポートする釣り情報サイト 河北新報オンラインニュース河北新報オンラインコミュニティー
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

近場のサーフで楽しむ初夏のフラットフィッシュゲーム

編集部 2017年5月31日配信   【宮城】

宮城県沿岸サーフはヒラメ、マゴチのフラットフィッシュゲームが大盛況。初夏の陽気に誘われ多くのアングラーでにぎわう県北~県南の砂浜を取材してきた。

[関連]

専用タックルで楽しむフラットフィッシュ

 
 
 

宮城県北のサーフで朝マヅメ狙い

宮城県沿岸各地でフラットフィッシュが好調に釣れ出した。5月26日、千葉正博さんの地元に近い宮城県北のサーフへと釣行。朝から小雨がぱらつき、釣り場に入ると若干の濁りがあり、波も高めでちょっと厳しいコンディション。

先行して竿を出していた鈴木貴博さんによると推定30cmくらいの魚を数匹バラしたほか、朝イチにはレギュラーサイズが釣り上げられていたということで、期待を胸に実釣をスタートした。

牡鹿半島以北はまだちょっと難しいが、東松島市~石巻市のサーフはすっかりシーズンに入っている
まずは「チェリースピン」(ベイトブレス)をサーチベイト的に使い広範囲を探った
朝から小雨の降るコンディション
続いてバレーヒルの「ブリットLSJ」30gにチェンジ。ただ巻き上げるだけで釣りになり、フッキング率も秀逸なショアジギ専用メタルジグ。ショア用ロッドで遠投できる30g、40gで広範囲を探った
 
 
PR