document.write(''); [釣行記] ワタリガニやシャコエビが釣れる!仙台港パーク釣り公園 - 防波堤 - 投げ釣り - 宮城 - シャコ - ワタリガニ:釣り河北
ENJOY FISHING フィッシングライフをサポートする釣り情報サイト 河北新報オンラインニュース河北新報オンラインコミュニティー
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

ワタリガニやシャコエビが釣れる!仙台港パーク釣り公園

2017年6月 8日配信   【宮城】

仙台近郊の岸壁釣り場としてたびたび紹介している「スリーエム仙台港パーク」でシャコやワタリガニが釣れている。日中のちょい投げでシャコやハゼ、カレイ、アイナメなどを狙える釣り場だが、今の季節はワタリガニ(ガザミ)狙いでカニ網を投げる人も多い。

仙台新港の釣り公園「3M仙台港パーク」。三井アウトレットパーク仙台港や仙台うみの杜水族館からも近く、レジャーついでの釣行にも人気の釣り場
ちょい投げでシャコをキャッチ!
 
 
 

ちょい投げで簡単!シャコの釣り方

まずは、いちばん人気のちょい投げ。ハゼやカレイなど魚類も狙えるののだが、初夏の季節はシャコ釣りが結構熱い。この釣りに詳しい針生秀一さんにシャコ狙いのワンポイントを教えてもらった。

シャコを釣る時はハゼバリ、流線バリなどの小さいサイズを使うのが基本。ハゼ用、キス用などの市販仕掛けでもいいし、小型テンビンに糸付きバリを結ぶだけでもOK。段差バリ(ハリとハリスが2段目、3段目まである)の仕掛けを使って、補助バリがシャコの体に掛かるようにする手もある。

エサのアオイソメは2~3cmに小さく千切ってエサ付けし、ちょい投げで探る。シャコが溜まっている場所を足で探るとよく、良い場所を見つければ足下から連発することも多い(仙台港パークの場合、正面側はシャコ、左側はハゼが多めといった傾向がある)

シャコ釣りではアワせ方にちょっとしたコツがある。シャコの場合、ハサミでエサをつかんでから食うのでアタリはなかなか取りにくいのだが、竿を持ってゆっくり巻いているとわずかな違和感を感じることがある。

ここでビシッとアワせてしまうのはNGで、たいていはシャコがエサを離してしまう。ゆっく~りと巻きながら、巻きアワセのようにするのが正解。この時、エサが逃げてしまうと思うのか、逆噴射で巣穴に戻ろうとした時にハリ掛かりしやすい。シャコが掛かったら、バラさぬようゆっくり巻き上げて、可能であれば水面でタモ入れするのが確実だ。

[関連]

ちょい投げの基本編

シャコの口。しっかりハリ掛かりすればいいが、前脚(ハサミ)で持ってエサを食うためハリ掛かりしにくく、段差バリが効果的
スズキの幼魚やハゼなど、いろいろな魚種が釣れる
カニ網で獲ったワタリガニ(ガザミ)
 
 
PR