document.write(''); [釣行記]亘理沖のヒラメ釣り解禁!大判平目に狙って食わせる方法 | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

亘理沖のヒラメ釣り解禁!大判平目に狙って食わせる方法

菅野 順也 2017年6月26日配信   【宮城】

亘理荒浜沖のヒラメ釣りが6月1日に解禁。まだまだシーズン序盤ながら、良型が多く絶好調!初期の亘理沖で大型ヒラメに狙って食わせるための攻略法を菅野順也さんが解説します。

シーズン中は福島から各地に通う菅野順也さん


[関連]

船ヒラメの基本



 
 
 

ドキドキ感がたまらないヒラメ釣り!
初期から絶好調!今年も亘理沖が熱い

「今シーズンも無事にヒラメ釣りが解禁となりました。餌のマイワシが大きいので、それに見合った大型が釣れています。最盛期は根に着いたヒラメを狙いますが、初期と終盤はベイトの反応に合わせて船を流します。昨日食いが良かった辺りから流していきますよ」とにこやかな表情で菊地憲吾船長はきくしん丸の梶を握る。

凪ぎの海を約50分走ってポイントへ到着。海底は砂地なので、すぐ隣にはカレイ船も並んだ。

菊地船長より配られたマイワシは25センチ級で、お客さんからは「餌が大き過ぎるよ、ヒラメが逃げてしまうんじゃないの?」などの声も飛んだ。

餌が大きくてもいつもと同様に、親針は上顎に刺して孫針は腹ヒレの付け根に装着して投入。きくしん丸では餌の大きさに合わせてオモリを80号に変更。ただし、イワシのサイズがレギュラーサイズに戻ったらオモリも60号に戻す予定とのこと。

海底にオモリが接触しないギリギリの位置を棚の下限に設定。たまにゆっくりと竿をあおってイワシが逃げ出す動きを演出。そしてゆらゆらと落下させて弱っている姿でもアピールする。

エサは25cmはあろうかという大羽のマイワシ
親バリは上アゴに、孫バリはエサのサイズに合わせて腹びれの付け根付近にセット
エサが大きいのでハリサイズもワンランク大きく設定。親バリは「チヌ(黒)」7号、孫バリはトレブルの1本に細軸固定フック式を採用し、活きエサを弱らせにくい「泳がせヒラメ」6号(いずれもがまかつ)
がま船 デルフィーノ50-300(がまかつ)」 柔軟な穂先で食い込み良く、大物ヒラメもパワーで浮かせられる汎用性の高いロッド。感度が良く操作性に優れるので、シーズン初期の動きの鈍いヒラメに食わせるためのやり取りを有利に進められる

3流し目で私が送り込んだイワシに食らいついてきた。本命らしい感触だったが、噛みついているだけで膠着状態が5秒間。ただ待っていられない性分の私はすかさず飲み込みを促すべく、1メートル程持ち上げた。すると嫌がるように放されてしまった。もう一度竿を戻したが、再び食い付くことはなく回収。針掛かりまであと一息だった。

その時点で船中で釣り上がったヒラメは3匹。

アタリがあってもなかなか食い込まない状況
 
 
PR