document.write(''); [釣行記]牡鹿半島 田代島・網地島周辺のシーバス&ロックフィッシュ&フラットフィッシュ! | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

牡鹿半島 田代島・網地島周辺のシーバス&ロックフィッシュ&フラットフィッシュ!

編集部 更新日 2019年8月28日   【宮城】

牡鹿半島へボートシーバス釣行!田代網地島周辺でシーバスをメインに、ロックフィッシュ、フラットフィッシュを狙ってみた。

中村勝さんのボートで牡鹿半島へ
 
 
 

シーバスの状況悪く 網地島周辺のロックフィッシュからスタート

宮城県牡鹿半島周辺は磯場・藻場に砂地が点在し、シーバス、ロックフィッシュ、フラットフィッシュに青物といった様々なターゲットの宝庫。シーバスが好季に突入したということで、スズキをメインに、合間に根魚やヒラメ、マゴチも狙うプランで釣行した。

今季はシーバスのシーズンインが少し遅れ、取材を行ったのはようやくシーバスが安定して釣れ始めたタイミング。シーバスを狙ってみたがコンディションが悪く、状況がよくなるまでロックフィッシュ狙いからスタートした。

網地島周辺エリアからスタート
シャローの藻場周りを狙っていく
シーバスが着くのはこういった湾内の静かな藻場のポイント
この日のファーストヒットはアイナメ!
続いて、ベイトブレス谷野社長と雅人さんにもアイナメ。牡鹿半島のロックフィッシュはさすがの安定感

シーバス、ロック、フラットに万能な「チェリースピン」

今回、使用したルアーがベイトブレスの「チェリースピン」。ウィードレス性、スナッグレス性に優れたワイヤーベイトで、藻場など根周りの攻略に適する。好みのサイズ、タイプのオフセットフックを装着し、いろいろなワームと組み合わせられるので、シーバス、ロックフィッシュ、フラットフィッシュなどのターゲットを問わずに威力を発揮できる。

また、レンジキープ性にも優れるので、藻場や根の上などをトレースするにも適。根掛かりを回避しつつ、ベイトを待ち構えているターゲットにブレードのフラッシングでアピールし、ソフトルアーに食わせるという使い方が可能。根掛かりのしにくさとアピール性の良さでルアー初心者を含め、誰にでも釣りやすいのもポイントだ。

チェリースピン」(ベイトブレス)
ブレードとオモリが付いたワイヤーベイト。ブレードだけでなく、フックも交換可能なので自由度が高い
チェリースピンにセットするトレーラーとしておすすめなのが「T.T.シャッド(ベイトブレス)」。強めのボディにトライアングルテールを装備し、ウォブリングの波動でアピール!オフセットフック用のスリットにぴったりフックをセットできる
根魚など万能に狙いたい時は「ベタンコスリムカーリー(ベイトブレス)」。ヒラヒラと動くカーリーテールのアピールがありながら、アイナメの小さめの口にも入りやすいボディで食わせ系の要素も優れたソフトルアー
「チェリースピン」に「スリムカーリー」をセット。ワームに合わせてフックをチェンジできるのもチェリースピンの強み!
チェリン!チェリン!とアイナメ、ベッコウゾイのロックフィッシュが連発!!
ロックフィッシュを楽しんだ後はフラットフィッシュを狙える砂底のポイントに移動
中村さん狙い通りにマゴチをキャッチ
「チェリースピンはフラットフィッシュにも最適です!陸っぱりでも使ってみてくださいね」

ロック→フラットフィッシュと遊んで 再びシーバスを狙う

あらゆるフィッシュイーターに効果的な「チェリースピン」。ロックフィッシュでは根掛かりしにくく藻場周りなども攻略しやすく、フラットフィッシュではボトム付近をトレースするだけでワームの波動とブレードのキラキラで釣果を呼び寄せる。

ロック、フラットをひとしきり堪能した後、本命のシーバスの存在を思い出し、シーバス狙いに回帰!

網地島周りのシーバスポイントへ
シーバス実績ポイントで真剣な眼差しになる中村勝さん
中村渡さんが75cmのナイスなシーバスをキャッチ!

網地島周辺のシャローの藻場のポイントに移動。藻場でベイトを食っているシーバスをチェリースピンで狙っていく。チェリースピンでテロテロと藻の付近をトレースしていると、中村渡さんに良型がヒット!が、この後は反応が渋く、ポイントを移動することに。

やってきたのはさらに湾奥側の藻場。こちらでは型はちょっと小さめながらシーバスが連発した。

かなり湾奥に入った藻場のポイント
ちょっと小ぶりながら、シーバスが連続ヒット!
「一回チェリースピンを使うと、これがないと不安になるようなルアーです。皆さんもケースに常備しておいてくださいね!」

取材時はシーバスの活性はちょっと低めだったが、今はすっかりハイシーズンに突入し、かな~り狙いやすくなっている。ロックフィッシュ、フラットフィッシュも引き続き好季。梅雨から真夏のシーズンへ入っていくが、色々な手段を駆使して好シーズンを遊びつくしていただきたい!



◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

※取材協力/ベイトブレス、中村勝(船長)
 
 
PR