document.write(''); [釣行記] 夏休み桧原湖スモールマウスバス遠征!ボート編 - 淡水ルアー - 福島 - スモールマウスバス - ブラックバス:釣り河北
ENJOY FISHING フィッシングライフをサポートする釣り情報サイト 河北新報オンラインニュース河北新報オンラインコミュニティー
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

夏休み桧原湖スモールマウスバス遠征!ボート編

編集部 2017年8月10日配信   【福島】

夏休みの観光客らで賑わう山上湖、福島県の桧原湖へバレーヒルの岩本有貴さんと千葉正博さんが釣行!桧原湖は言わずと知れたスモールマウスバスの聖地。夏真っ盛りの8月でもスモールの好ファイトを堪能できる。

千葉さん、岩本さんはバレーヒルのフィネスロッド「ブラックスケールSX」のニューモデルを手に、陸っぱりとボートの両方を楽しんだ。ここではボートからの釣りの模様をお届けします!

スモールの聖地、桧原湖。桧原湖南岸・ガイドから各種レンタルボートまで完備し、桧原湖のスモールのことならなんでもお任せというゴールドハウス目黒の桟橋から出航
[関連]

その他のスモールマウス釣行記

 
 
 

メインベイトのワカサギの足が速く エビ食いのバスに的を絞る

パターンをつかむのが非常に難しく、テクニカルといわれる桧原湖のスモールマウスバス。取材時もパターンは日替わり状態で、この日も実績豊富なシェード、ウィードを攻めてみたものの反応薄。風と波でポイントが限定される中、エビが着きやすいハンプに活路を見出した。

桧原湖のスモールはワカサギをベイトにしていることが多いが、ワカサギの足が速く、捕食しやすいエビを狙っている様子だった。この時期エビパターンで実績のある水深10mから3mに一気に浅くなるハンプのカケアガリにポイントを絞った
ダウンショットリグとキャロライナリグを使い分けながらハンプを攻略していく
数投目で千葉さんにヒット。ダウンショットリグの小刻みなシェイクが見事炸裂した
35cmオーバーのマズマズのスモール
千葉さんオリジナルのダウンショットリグを公開!フックは渓流用のハリ(エサ釣り用)を使用。ラインを外掛け結びにした後、結び目より30センチ程長く糸を出してダウンショットシンカーに結ぶ。また、千葉さん独自のスタイルが、ラインスラッグを生かしたシェイキング。
「このシェイクをよリダイレクトに伝えるため、外掛け結びの下バリの胴から腰曲げに移り変わる辺りにリーダー部分をフリーノットで結んでいます。こうする事によってフックが遊ばす、ダイレクトにシェイクアクションが伝わり、なおかつワームの姿勢も安定します。もちろん、フッキング率向上にも繋がりますよ!」
続けて岩本プロも。「TGシンカー18スリップリー」(バレーヒル)2.7gに少し小さめのオフセットフック#4、来春発売予定の「ドラゴンフライカーリー」をイモチューンにしたキャロライナリグで。スモールの食い気も上々の様子
TGシンカー18スリップリー」(バレーヒル)
ライトキャロライナリグ対応のタングステンシンカー。沈みが速く、高感度。長めのパイプはラインを傷つけにくいだけでなく、穴にはまって根掛かりするのも防いでくれる
小型ベイトにぴったりサイズな「ドラゴンフライカーリー」(バレーヒル)。極限まで細くしたテール全体で独特の波動を出してアピールするのが特長。また、あえてテール上部をカットしイモチューンとしても活用できる。エビ、ゴリを再現してくれる1人2役の存在
※2018年春発売予定
当日、一番のヒットルアーとなった「DEVIL SHAKER(デヴィルシェイカー)」(バレーヒル)。スモラバのトレーラーや、ダウンショット、ライトキャロなどにも幅広く対応。アピール力のある形状でハイプレッシャーなスモールの口を使わせるのに威力を発揮する
夕マヅメが近くなるとスモールのコンディションが上向き、ハンプを流すたびにヒットする状況に。ここは、島が点在しエビ食いのバスが湖底の溝に沿って回遊してくるエリア。特に月島周辺のハンプは魚影が濃く、イチオシの「ドラゴンフライカーリー」と「デヴィルシェイカー」でダブルヒット!船上のテンションは最高潮に
 
 
PR