document.write(''); [釣行記]石巻リバーシーバス!ナイトゲームが楽しい夏~秋の川鱸 | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

石巻リバーシーバス!ナイトゲームが楽しい夏~秋の川鱸

編集部 2017年8月18日配信   【宮城】

石巻の追波川、旧北上川でリバーシーバスがトップシーズンを迎えている。2017年8月4日の夜から8月5日の朝にかけて当サイト主催による「2017釣り河北カップ リバーシーバスin石巻」を開催。2016年は6月下旬にデイゲームで開催したが、今年は盛夏の8月にナイトゲームで実施した。こちらではイベント当日の模様をレポートします。

[関連]

2017釣り河北カップ リバーシーバスin石巻

8月4日、夜11時から受付開始。競技委員長のオライノ・村岡博之さんからルール等の説明ののち、競技をスタートした
参加賞として全員にベイトブレスの「チェリースピン」とパズデザインの鱒&鱸ステッカーが配られた
 
 
 

夜半から明け方にかけてのシーバスナイター!暑い夏開催の予定が・・

8月の酷暑を予想し、涼しいナイトゲームで企画したイベントだったが、2017年は梅雨明け後もどんよりとした日々が続き、この日も時おり小雨が混じる天候。湿度は高いものの、活動はしやすく、水量的にもまずまず期待できそうな雰囲気。

夜中の23時から受け付け開始。仙台から石巻にかけては雨が降っていたが、大会本部を置いた追波川の河川敷付近は幸い雨雲はかかっていなかった。受け付けと競技説明を速やかに済ませ、実釣開始!

競技中の午前3時過ぎ、オライノの村岡博之さん、大会MCの千葉めぐみさんは釣況をチェックがてら追波川下流域へ。しかし、上中流域の有力ポイントはアングラーが少なく、大多数の参加者が河口付近に行ってしまったようだった。

村岡さんたちは福地閘門よりちょっと下流側のポイントへ。5時の検量開始時間には戻らないといけないので、1時間ちょっとの勝負。ちょうど下げ始めで、潮が効き始めたが、ベイトの気配も少ないまま終了。本部に戻って、エントリーしたアングラー達の朗報を待つことにした。

夜明けの時間にかけて村岡さんと千葉めぐみさんは並んで竿を出した
夜が明けヒグラシが鳴き始めた頃、潮が効き始めて釣れる雰囲気も出てきたが・・後ろ髪を引かれながらタイムアップ
朝6時の帰着時間を前に続々とアングラーが帰ってきた

この大会は60cmのスズキ1尾の尾又長(びさちょう、口吻の先から尾びれのくびれ部分までの長さ)を写真で競う形式。同寸の場合は2尾目の長さで順位を決定した。

現場で検量カードと一緒に撮った写真を送ってもらい、写真で判定。ジャッジは大会委員長の村岡さんに全権をゆだねた。

女性参加者2名にはレディース賞としてバレーヒル社よりルアーケース、サンバイザー、アームガードが贈られた
 
 
PR