document.write(''); [釣行記]ワームフックの選び方と重要性【ロックフィッシュ】 | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

ワームフックの選び方と重要性【ロックフィッシュ】

佐藤 尚行 2017年9月11日配信   【連載 :仙台湾ルアーフィッシング大攻略】

遊漁船アーネスト佐藤尚行さんが仙台湾のいろいろなルアーフィシングについて解説していく連載。今回はロックフィッシュゲームで使用するワームフックについて。フラットフィッシュゲームやバスフィッシングなどにも参考になる、基本的かつ重要な考え方です!

[関連]

仙台湾ルアーフィッシング連載



 
 
 

ワームの太さとフックのゲイプ幅の関係

タックルの中でフックは唯一、魚と直接触れるものであり、釣り全体にとって非常に重要なパーツです。しかし、その割にハリについて語られることは少ないように思います。

今回は主にロックフィッシュゲームのフックについて、がまかつ社のフックを例にワームフックの使い方について説明させていただきます。

まず、ワームフックを選ぶ際に必要なのは、「どのような種類のワームを使うか」です。

ワームを選んだ後に考えるのが、そのワームの幅です。バルキー系なのか細身のワームなのか?長さに関してはあまり気にする必要はなく、一番重要なのは「幅」だと考えています。

ワームを色々な角度から見て、一番幅があるように見える場所と、これから使うワームフックの幅(ゲイプ、フトコロ)が、1.5~2倍くらいになるのが理想だと思います。

ワームの幅の1.5~2倍を目安にフックのゲイプの幅を決めると良い

ワームの幅に対してゲイプの幅が広ければ広いほどフッキングは決まりやすくなりますが、ゲイプ幅が邪魔して魚の口に入らない可能性も増えていきます。逆に、ゲイプ幅が狭ければ狭いほど、魚の口には入りやすくなりますが、フッキング時にスッポ抜けるリスクが増えていきます。

そして、最終的に重要なのが、上記のことをふまえた上での現場での微調整です。私が見たところ、多くのアングラーがワームチェンジはするものの、フックについては無頓着というケースが多く見られます。ワームを選ぶ際、フックも一緒にセレクトするようにできれば理想的でしょう!!

 
 
PR