document.write(''); [釣行記]秋の三陸 堤防クロソイゲーム!漁港内の居着きを攻略 | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

秋の三陸 堤防クロソイゲーム!漁港内の居着きを攻略

大沢 和輝 2017年10月12日配信   【岩手】

北三陸の大型クロソイゲームを岩手北部在住の大沢さんが紹介。冬のクロソイ盛期にはまだちょっと早い季節、居着きの個体がターゲットになります。

[関連]

堤防クロソイゲームの基本

 
 
 

ロックフィッシュ好季 クロソイも大型を狙えるチャンス

いよいよハイシーズン目前のクロソイ。今回はハイシーズン前の少し気難しいクロソイの攻略法を説明していきます!

ハイシーズンのクロソイは、夏に深場に落ちていた個体が秋~冬の時期に沖の深場から接岸して交尾し(クロソイは仔魚を産む卵胎生魚)、そしてエサを捕食するためにシャローに接岸します。

しかし、シーズン序盤の今時季、海水温はクロソイの適水温といえる10~20℃の範囲内に収まるのですが、台風などの影響で水温が安定せず。そして、季節的にもまだ早い為、沖からのクロソイはまだ接岸しません。

「季節的に」と言ったのは、交尾が早まると産仔も早まり、産まれるのが真冬になってしまうため、沖の深場に落ちた個体が交尾のために接岸をするには少しタイミングが早すぎるんです。

どの動物もそうなのですが、生まれて来る赤ちゃんは環境に適応する力が弱く、赤ちゃんが一番環境に適応しやすく、生き延びる確率の高い場所や季節に産卵、産仔をします。

なので、この交尾の時期、そして産仔の時期は水温の変化だけでは変動せず、毎年、だいたい同じ時期に接岸して来ます。

もちろん、外海が全く釣れないという訳ではなく、そこにベイトやストラクチャーが絡めば漁港周辺の居着き系の個体がフィーディングで差してくるので問題無く釣れます。

が、外海でフィーディングの個体を狙う釣りだと、そこに魚が差して来ていないと、釣果のムラが激しく辛い釣りになる事も多々あります。

そこで今回、ワタクシが紹介したい釣りは居着きのクロソイ狙い!

この居着きのクロソイは漁港内やその周辺などで一生を過ごす個体なので、深場にも落ちない為、適水温になればシーズンインします。つまり、水温が20℃を切る今時期からハイシーズンに突入するんです。

堤防周りに居着いたクロソイが初秋のターゲット
 
 
PR