document.write(''); [釣行記]まだまだイケる宮城のフラットフィッシュ!ヒラメもチャンス ページ2 | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

まだまだイケる宮城のフラットフィッシュ!ヒラメもチャンス

編集部 2017年10月20日配信   【宮城】

ボトムのズル引きから中層のタダ巻きにレンジを変えてヒット連発!

大曲浜では10時頃から実釣を開始した。先ほどよりはウネリ、濁りもなく、まずまずのコンディション。潮止まりから上げのタイミングに期待が高まる。

海の状況は、先ほどの大浜漁港よりは濁りもなくマズマズのコンディション。それを裏付けるかのように地元の漁師が複数のポイントに刺し網を設置していた

開始早々アタリはあったが、活性が低いのか乗らなかった。潮が動き始めた10時半ころからバイトが頻繁に出始め、最初の一尾をタカさんがゲット。

ロッドのアクションはズル引きを基本に、上層のタダ巻き、スロージグのワンピッチジャークを併用。

最初、40gジグを使用してボトムのズル引きを試したものの結果が出なかったため、作戦を変更。ジグのウエイトを30gにワンランク軽くして、上層タダ巻きしたことろヒットにつながった。この日は上層を泳ぐベイトを意識していたのかスイミングの効果が上々だった。

使用したジグはガンガンジグⅡとガンガンジグSJ。ガンガンジグⅡはスイミング、フォールと万能なタイプで、ガンガンジグSJの方はフォール中心にアピールするタイプ。

カラーは宮城沿岸で人気のグリーン系がこの日も大当たり。パープルも隠れた実績カラーで、この日も良かった。

到着したのがちょうど潮止まりから上げに差し掛かったあたり。何回かキャストはしてみたものの反応が鈍かったためルアー交換。40gを使用しボトムメインから、上層を泳がせフラッシング効果でバイトを誘発させる作戦に。ジグの大きさもワンランク小さい30gにスイッチ




ジグのウエイトを軽くし、泳がせスタイルに変更したのが見事的中!35cm級のマゴチがヒットした。「キャスト後、ボトムをとってから上層をタダ巻き。カケアガリにぶつかり竿を立て、またタダ巻きを開始した瞬間にヒットしました。ガツンってきましたね。やる気満々のマゴチで良かった~」。ヒットジグはガンガンジグⅡの2017年新色イカナゴゴールド




時合に突入したのか、マゴチを釣り上げてから10分ほどで再びヒット。慎重に巻き上げると、感触は先ほどのマゴチとは違う様子でヒラメに期待。と思いきや、上がってきた魚には石が。35cmのイシガレイでした
ガンガンジグⅡはアシストフックにアシストフェザーを採用。このケイムラのアピールが侮れない!
タカさんから少し離れた場所で釣っていた三塚さんにもアタリが。同じく30gのガンガンジグⅡで、リフトからスローフォールするワンピッチ釣法が炸裂。カラーはパープル




潮が動き始め、フラットの活性は上昇傾向。今度は、ジグよりも小さいマゴチが果敢にアタック。大から小から食い気抜群
続けてタカさんのロッドがしなる。これはナイスサイズか?




重量感ある40cm後半のマゴチ。ルアーは「ガンガンジグSJ」30gのイカナゴゴールド。着底して巻き上げてからモソっとヒット
OceanRuler(オーシャンルーラー) メタルジグ ガンガンジグSJ 30g イカナゴゴールド.
OceanRuler(オーシャンルーラー)
フラットフィッシュに高実績グリーンゴールド系カラー

多くのアングラーがロックフィッシュに移行する季節だが、サーフのフラットフィッシュは11月も十分に楽しめる。ちょっと時化てイワシが寄せられていればなお期待大。大判ヒラメやシーバスもチャンスがある。ぜひ狙ってみていただきたい!

こちらは取材のちょっと前に同じポイントで釣り上げた60cmオーバーの座布団ヒラメ。こちらもヒットジグはガンガンジグⅡのイカナゴゴールドだった
「ゴゴンッ」ジグを丸のみ。このカラーのガンガンジグⅡはフラット狙いでは絶対外せませんね


◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

☆釣り河北プレミアム会員募集中!!
釣り河北プレミアムサービスでは、毎週火曜に専用メルマガを配信。入会特典等もありますので、この機会にぜひぜひご加入ください。詳細は↓↓↓をご覧ください。
http://tsuri-kahoku.jp/i_premium/premium.htm


※取材協力/オーシャンルーラー
※解説/鈴木貴博

 
 
PR