document.write(''); [釣行記]松川浦大橋開通!秋鮭も狙える松川浦水路[松川浦新漁港] | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

松川浦大橋開通!秋鮭も狙える松川浦水路[松川浦新漁港]

編集部 更新日 2018年12月20日   【福島】

2017年4月に松川浦大橋が開通。松川浦新漁港の東側(南相馬側)に車で渡ることができるようになった。松川浦大橋の下は松川浦の入り口で、潮の干満にともなって水が出入りする。潮によっては激流になることもあるが、アイナメ、ソイ、カレイにスズキなども狙える高実績ポイント。2017年10月の取材時にはサケ釣りでも賑わっていた。

 
 
 

投げ釣りや根魚ルアーも楽しめる松川浦水路

松川浦入り口の水路は潮の動きが激しく、多くの魚種が集まる好ポイント。投げ釣りやルアーで根魚やカレイなどを狙え、秋の季節には産卵のために帰ってきたサケ(シロザケ)を釣る人で賑わう。

サケは漁業権対象種のため通常は釣ることはできないが、「松川浦新漁港と相馬港周辺は禁漁区の外になるためサケを釣ることができます。例年、10月に入るくらいから釣れ始め、10月15~20日頃がピークになりますよ」とは松川浦近くの釣具店「つりエサ豊漁」店長。

松川浦大橋の東側エリア


釣り人が並ぶ松川浦大橋東側(南相馬側)の岸壁。柵があるので親子連れでも安心
松川浦大橋から松川浦を望む
松川浦大橋東側の公園付近

松川浦大橋西側:トイレ、駐車場が整備された川口公園

相馬港から松川浦大橋の手前側(西側)も釣り場。大橋下に広い駐車場があり、公衆トイレもあるのでファミリーアングラーにもおすすめ。

松川浦大橋の西側(相馬港側)
松川浦大橋の西側から大橋を見たところ
松川浦大橋下の駐車場
ここは公衆トイレもある
大橋の下は公園化され、柵が設置されている
大橋より海側もこのような感じで釣りができる。車の往来に注意!


付近の最新情報、釣り具は「つりえさ豊漁」で

[釣具店紹介]つりエサ豊漁
TEL:0244-38-6503
松川浦、相馬港周辺の釣りから、相馬沖の釣り船の斡旋もお任せ。現在、外装をリニューアル中で、12月頃には新しいお店の外観をお披露目予定!
店内にはサケ釣りコーナーを設置
鮭仕掛けは自作する人が多く、タコベイトやティンセルなどオリジナル自作用の小物も充実
人気仕掛けの「爆鮭本アワビSP」(フジワラ)。本アワビがアピールし、サケが食った時に違和感を感じにくいソフトフロート仕様
フローター付き仕掛けで遠投し、サケが泳ぐ中層を引いて狙う


◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

※取材協力/つりエサ豊漁(相馬市)

 
 
PR