document.write(''); [釣行記]良型カレイに年越し用のナメタも期待!閖上沖の根周り五目 | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

良型カレイに年越し用のナメタも期待!閖上沖の根周り五目

針生 秀一 2017年11月29日配信   【宮城】

仙台湾周辺のカレイ釣りが復調し、冬に人気の根周り五目も面白くなってきた。良型のマコガレイ、マガレイにアイナメなど根魚、時にはナメタガレイも上がって釣り人を楽しませてくれる。

肉厚な40cmクラスのマコガレイが釣れてきますよ!
 
 
 

仙台湾の冬に人気の根周り五目!シーズンはこれから

閖上港「蔵王丸」でのマガレイに続けて、同じ岸壁並びの「謙信丸」に乗ってきました。

[関連]

大型魚礁沖カレイ 秋冬シーズンが深場から開幕

今度は初冬から面白くなる仙台湾根周りでのカレイ。型ぞろいのカレイに根魚も混じる五目釣りです。11月中旬、ピークシーズンに向かう初めに感触を確かめに行ってきました。

当日は沖釣りの名手で知られる植田先生の同窓会釣行で8名の方々と同船。皆さんベテランぞろいで、私にも長らくお馴染みの方もおります。

植田先生から「随分前になるけど、雑誌のカレイ名人対決の企画で女川、志津川で一緒に釣りしたねぇ(笑)」と話されます。あのときはカレイ釣れなくて苦戦でしたよ。でもお互いの釣り方をじっくりと確かめられて面白かった。そんな談笑をしていると佐藤太船長が出船準備開始。

閖上港は船の前に駐車できるところも良いのですが、干潮で岸壁から船が下がり、皆さんタックル手渡しで、岸壁設置のハシゴから船に乗り込みます。私は右舷のミヨシに席を取りました。

根をかわしながら、しっかり誘って釣り上げる

エサ盗り多いが、おみやげのバリエーションも豊か!

佐藤太船長から木箱に入ったアオイソメが渡されて出船。30分くらい走ったところで船はスローダウン。まずは真沖の水深30mの根周りから開始です。

底は凸凹の岩盤で、なぞるようにコヅキでトレースしていくと、小さく落ち込んだところは泥底の感じです。細かく震えるようなアタリが出ますがショウサイフグのようで、巻き上げるとハリスが噛み切られています。

ハリスを結び替えて投入。スロー&クイックに誘っていると、スッとコヅキのリズムを変える重み。すかさず竿を立てると、ズシンと竿先が止められます。強力な引き込みを巻き上げて取り込んだのは41cmの肉厚マコガレイ。これは幸先がいい。しかし皆さんフグのラッシュに苦戦中。船長は移動のホーンを鳴らします。

5分ほど走って投入。水深は35mくらい。ここも高低差の小さ目な岩礁です。すると数人の竿が一斉に曲がってマコガレイが取り込まれます。40cmクラスも掛かってタモが出されました。植田先生は連発でマコガレイを取り込んでいます。30cmほどのサイズながらナメタガレイも上がりました。

根をかわして巧みに誘うとズシン!と重みがかかり、良型マコガレイがヒット
タモが出て取り込まれたのは40cmのマコガレイ

しかし、相変わらずショウサイ、コモンのフグが多いです。流し切ったところで移動。38mダチのポイントに向かいます。

ここではマダコ、ハナダイに、30cmほどのマダイとゲストが多い。それをかわすように誘うと、マコガレイが掛かってきます。マコガレイのアタリはモタレ、ノリに表現される微妙なものが多い。喰い込みは浅く、それを逃してしまうとエサを吐かれて逃すことも。

私はシマノの「幻舟カレイ」のPT、チューブラートップの竿に三浦屋直結仕掛を使っていたので、こんな吸い込みのアタリが電信音で伝わってきます。アワセが決まって底からカレイを剥がすような感触が最高です。

植田先生も30cm級マコガレイを一荷で上げています。独自のダブルハンドの誘いでマコガレイを連発します。太船長から魚探を見せてもらうと、まさにギザギザの岩礁帯です。皆さん巧みに根をかわしマコガレイを拾うように釣っていきます。根を流し切ったところで、60mダチのマガレイで釣行会を締めくくることになりました。

60mダチのマガレイは活発で、ダブルで釣れてくることも
ハナダイも多く釣れてきました
シマノ ロッド 幻舟 カレイ 3-180
SHIMANO(シマノ)
深場にも適する好感度な先調子カレイ竿
シマノ ロッド ベイゲーム X カレイ 82 180PT
SHIMANO(シマノ)
ソフチューブトップ搭載カレイ竿

こんな深場では誘いの負荷が大きくなるので、胴がビシッとした先調子の竿が操作しやすい。マガレイが主体になるので、細かいリズムの小突きで誘います。

ここでもハナダイが多く、時折ダブルで釣れてきます。そういえば20年くらい前、仙台湾に小型ハナダイが多くなって、これをかわしながらカレイを釣ったことを思い出しましたよ。マガレイもポツポツと釣れて12時半に沖揚がりしました。

皆さんカレイをコンスタントに釣って、マコ、マガレイでアベレージ20枚くらいでしょうか。私は35枚のカレイにハナダイで実に楽しい釣りでした。

三浦屋式直結仕掛け。根周りでは2本バリの短めな仕掛が扱いやすい
マガレイ、マコガレイにハナダイ(チダイ)混じり、コンスタントに釣れ続いた

「謙信丸」は根周りの釣りを得意としていて、これからはカレイ五目、マガレイにクロメバルを中心に出船。佐藤太、謙次の親子二代の船長が、閖上周辺の根をはじめ、ポイントの引き出し多く楽しませてくれます。この冬も面白くなりますよ!

名取閖上港「謙信丸
■予約TEL:022-385-0094
優しく熱心な佐藤太船長が釣らせてくれます
[関連]

マガレイのから揚げの作り方



◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

☆釣り河北プレミアム会員募集中!!
釣り河北プレミアムサービスでは、毎週火曜に専用メルマガを配信。ここでしか読めない企画、連載記事に入会特典等もありますので、この機会にぜひぜひご加入ください。詳細は↓↓↓をご覧ください。
http://tsuri-kahoku.jp/i_premium/premium.htm

PROFILE:針生 秀一

船釣りを中心に、防波堤や河川の小物釣りなど、なんでもこなすオールラウンダー釣り師。全国各地の釣りと釣り具の知識が豊富で、釣りの生き字引的存在。つりえさマリンスタッフ。シマノフィールドモニター

※取材・テキスト/針生秀一
 
 
PR