document.write(''); [釣行記]アフター5のお楽しみ!堤防クロソイナイトゲーム | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

アフター5のお楽しみ!堤防クロソイナイトゲーム

編集部 2017年12月15日配信   【宮城】

アフター5でも余裕で楽しめるクロソイのナイトゲーム。東北各地の身近な漁港で狙える手軽なターゲットだが、状況次第ではレンジやスピードの調整が重要になることも!

[関連]

[魚種別攻略]クロソイ釣り

左からオーシャンルーラーフィールドスタッフの尾形慶紀さんと鈴木貴博さんが今回のガイド。また、鈴木さんと同じチームに所属し、岩出山から夜な夜なクロソイに通っている三塚俊之さんがサポート役として参加
 
 
 

強風予報のため女川湾内の風裏ポイントに場所を絞る

12月中旬、石巻・牡鹿半島周辺のクロソイ取材を行った。この日、仕事がお休みだった鈴木貴博さんが先に釣り場に入り、尾形慶紀さん、三塚俊之さんは仕事を終えた後の18時頃から合流する予定。

「情報を集めたところ、牡鹿半島の南側の調子が良いというで本当はそっちでやりたかったんですが、今日はこれから西風が強まる予報なので、風裏になる女川湾側の漁港で釣りをすることにします」と鈴木さん。

牡鹿半島・女川・雄勝の一帯はほとんどの漁港でクロソイの実績があり、風向きに合わせてポイントを選べる。これからの冬型の気圧配置になることが多い季節は、北西風を避けられるポイントを見つけることもクロソイゲームでは重要になる。

他のメンバーが到着するまで、鈴木さんは一人で実釣

底中層をライトリグのスイミングで探る

風が強くなればリグ(仕掛け)のウエイトを上げなければならないこともあるが、条件がよければ5g以下の軽めのシンカーを使用し、ワーム自体の浮力も生かしてゆっくりとルアーを泳がせるのがクロソイ釣りの基本。

この日メインに使用したジグヘッドがオーシャンルーラーの新製品「ライズアッパー」。1.8~5gのライトウエイトに#3/0までの大きめのフックを搭載し、口が大きいクロソイの大型魚にも合わせたジグヘッド。

浮き上がりが良い形状なので、ゆっくり引いても浮かずにバイトを誘えるのも特長。潮受けがよく、抵抗が少ないので、カウントダウンで沈めやすく、中層からボトム付近まで広いレンジに対応できる。

「ライズアッパー」(オーシャンルーラー)
2017年12月から発売になったばかりの新製品!パッケージにクロソイとあるように、ソイ釣りに向けて開発されたジグヘッドだ
サイズラインナップは1.8g、2.2g、2.8g、3.5g、5.0g
フックサイズは2.2gまでが#2/0、2.8g以上は#3/0と大きめのラインナップ。ワームがずれにくいキーパー付き
両側が平面になったヘッド形状により、浮き上がりが速く、サイドからの潮受けも良い
カーリーテール、シャッドテール、ホッグ系など、大小いろいろなワームにマッチする
風の強さや水深、魚の活性に合わせてウエイトを使い分ける

釣り方の基本をご紹介!

まずはポイントにキャスト。港内ではブイやロープ、係留船に注意
フォールでレンジに合わせる。ロッドを下げると風の影響を受けにくくなり、フォール中の反応が取りやすい
ソイ狙いのアクションは中~底層のスイミングが基本。ただ巻きを主体に、竿を上げて巻き取るリフト&フォールや巻きを止めてフォールを入れるストップ&ゴーを織り交ぜながらレンジを探る
5時頃にはあたりが暗くなった
 
 
PR