document.write(''); [釣行記]漁港からでも狙える!アフター個体の溜まり場を狙い撃ち[防波堤ロックフィッシュ] | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

漁港からでも狙える!アフター個体の溜まり場を狙い撃ち[防波堤ロックフィッシュ]

森本 正善 2017年12月20日配信   【岩手】

12月も後半。ロックフィッシュシーズンもすっかりアフターシーズンに突入しているが、まだまだショアからロックフィッシュの大物を狙えるチャンスはある。

今回は誰でもお手軽に狙える足場の安全な漁港からのロックフィッシングゲームを展開。磯場が隣接したシチュエーションの漁港をValleyhillフィールドスタッフ東谷&森本コンビで攻略した!!

急遽、地元スタッフの東谷さんを誘って、いざフィールドへ
 
 
 

アフター溜まり場パターンに有望なシチュエーションは?

磯場、サーフ、ゴロタ浜、河口、漁港などなど、時季やシチュエーションによって狙うべきポイントは異なってくる。今回は「12月後半の漁港」という条件。魚は完全にアフター状態と予測できた。

アフターの季節のアイナメは特定の場所に溜まる傾向があり、まずはその動きに合わせてポイントを絞り込む。漁港から狙えるアフター個体の溜まり易い有望ポイントは以下が代表的なものになる。

1)産卵場になるような磯場が隣接し、ミドルレンジ(水深10m前後)の沈み根が狙えるポイント
2)海藻(特にホンダワラ系)が生い茂っているポイント(スロープやゴロタ石に砂地が混じるようなポイントがGood)
3)牡蠣棚などの養殖棚付近のディープエリアが狙えるポイント

今回は地元在住の東谷さんセレクトで(1)のシチュエーションに近い岩手県大槌町の漁港を選択した。

今回セレクトした漁港は外海側に産卵場となりやすい波が穏やかなシャロー帯が広がっており、所どころ根も入っていて、磯場から離れるごとに水深が深くなり、最深で20m弱ほどまでが堤防からの射程距離内に入っている。そして深くなっていく途中途中に沈み根が点在している、まさに(1)の条件に最適な漁港だ。

穏やかな磯場ワンドが隣接し、遠くでは磯ロックしている方の姿も見えた

回復前のアフター個体にはマッチザベイトが非常に大切

過去に沖の根周りでナイスサイズのアフターオスアイナメが連発した実績もあるというポイント。東谷さんは「サイファリストHRXシリーズ(バレーヒル)」の最強スピニングロッド、「CPHS-910H Plus」をセレクト。35gビフテキリグにベイトブレスの「フィッシュテールリンガー3.5インチ(ソリッドレッド)」をロングキャストし、手広く根周りを探り、オスの威嚇バイトを狙う。

Bait Breath(ベイトブレス) ワーム フィッシュテールリンガー3.5インチ S836 ソリッドレッド.
Bait Breath(ベイトブレス)
ロックフィッシュ向けに開発されたフィッシュテールリンガーNEWサイズ!
東谷さんはロングキャストで狙う
サイファリストHRX CPHS-910H Plus
28~42gのヘビーリグをキャストしやすく、遥か沖のポイントまで狙い撃ちできるロングディタンスモデル。7g以上のライトリグも十分操作しやすい
するとすぐさま違和感を感じ取り、フッキングするも・・・「これ魚じゃないなぁ~(笑)」
上がってきたのはBigサイズのナイスホヤ!! 丁重にリリースした(笑)

その後もキャストを続けるも、どうやら反応がない様子。ようやく準備の出来た私もアプローチを開始。私のロッドセレクトはショート~ミドルディスタンスを幅広くカバーできる「サイファリストHRX CPHS-83MH

サイファリストHRX CPHS-83MH」(バレーヒル)
3.5g程度のライトリグから28gまでのヘビーリグを操作しやすいバーサタイル仕様。まずは1本・・・というアングラーにオススメだ

21gビフテキリグに私のマストウェポンルアー、ベイトブレスの「フィッシュテールシャッド2.8インチ(スモークシャッド)」を程よく遠投し、ボトムをタイトトレースさせる。ズル引きではなく、ボトムをなめるようにスイミングさせるイメージだ。

「フィッシュテールシャッド」をセレクトしたのは私の漁港でのサーチベイトだということもあるが、実は10cm以下のカタクチイワシの大群が見えていたから(東谷さんにはまだ内緒(笑))

すると僅か2投目でHit!! その重量感からでかいぞ~ということで慎重にファイトし、あと少しで魚が見えるという瞬間・・・フックの結び目からまさかのラインブレイク。

東谷さん「今日最初で最後の貴重な魚だったかもしれないのに~」・・・おっしゃるとおりでございます(笑)

気を取り直して同リグで再度アプローチ。その数投目で再びHit!! 今度もデカそう!!

CPHS-83MHが綺麗な弧を描く。柔軟なロッドアクションはアイナメの強烈な首振りファイトを吸入してくれる
ライトタックルだったためランディングネットは必需品。ネットはバレーヒル新製品!「タモシャフト400 HRXエディション」。高弾性カーボンを使用し、軽さに加え、ランディング時に曲がりにくく魚に照準を合わせやすい
バレーヒル(ValleyHill) 玉の柄 タモシャフト400 HRXエディション.
バレーヒル(ValleyHill)
軽量な高弾性カーボンを、磯や堤防で傷つきにくいように収縮テープで保護!
見えてきた魚はデカイ!!
何度も手前で暴れられたものの、無事ネットイン!!
そして無事ランディング完了!!
50cmに迫るオスのビッグフィッシュ!! 少し痩せてはいたが、1kgは余裕で超えていた
Hitルアーはベイトブレスの「フィッシュテールシャッド2.8インチ(スモークシャッド)」。見えていたカタクチイワシと同サイズ&同シルエット。これぞまさにマッチザベイトだ
Bait Breath(ベイトブレス) ワーム ルアー U30 フィッシュテイルシャッド2.8 #713スモークシャッド
Bait Breath(ベイトブレス)
ベイトのカタクチにそっくりなサイズとカラー!
写真撮影等で少し弱ってしまった際は、ネットを使ってしっかり蘇生させてからリリースしてあげたい
エラに水を送り込むように前後に動かしてあげよう。体をクネクネしだしたらリリースOKの合図

東谷さんもベイトブレスの「BeTanCoカーリーテール2インチ(ブラッドレッド/シルバー)」にルアーチェンジし再度探り直すも、ショートバイトに苦戦している模様。

私も引き続き「フィッシュテールシャッド2.8インチ」をグリーンパンプキン/ブラック・レッド・フレークにカラーチェンジし、アクションそのままに探りなおしてまたもやHit!!

またもやCPHS-83MHが絞り込まれるナイスファイト
手前に来て何度も暴れる元気の良さだったが、無事にネットイン!!
これも45cm程のナイスフィッシュ!! アフターアイナメの溜まり場を確定付ける1本
漁港からでもこんな魚が狙えるからロックって楽しい
 
 
PR