document.write(''); [釣行記]防波堤メバリング!ハードルアーで攻略/牡鹿半島メバル釣り | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

防波堤メバリング!ハードルアーで攻略/牡鹿半島メバル釣り

編集部 更新日 2018年3月15日   【宮城】

色々なルアーで釣れるゲーム性の高さに手軽さも人気のあるメバリング(メバルのルアーフィッシング)。ここでは小型プラグやマイクロジグといったハードルアーでメバルを攻略!ナイトゲームが楽しいメバリングだが、パターンをつかめば日中から楽しむことも。

おなじみ東北の巨匠(村岡博之さん)はジャクソンテスターの佐藤俊介さんと一緒に釣行
 
 
 

意外とハマる!日没までの足下ゲーム

仙台~石巻周辺は閖上、仙台、七ヶ浜、塩釜、東松島、石巻、牡鹿半島...とほぼどこの漁港でもメバリングを楽しめる。ナイトゲームがメインのメバルの場合、常夜灯のある漁港が有望。灯りがあると安心して釣りもしやすい。

村岡さんはオライノ工房からアクセスしやすい雄勝方面に釣行することが多いそうだが、最近の雄勝は型がいまいち。ということで、少しでもいいサイズが釣れそうな場所を調査。牡鹿半島の南側のエリアで実釣することに。

「雄勝とか石巻周辺だと10cmくらいのチビばかりだけど、牡鹿の方は20cmくらいが混じるようだよ」と村岡さん。佐藤俊介さんとともに15時頃に現地着。明るいうちにポイントをチェックしてみることに。

防波堤の周りをチェック。メバルが好むホンダワラ類などの藻を確認。「ここの堤防はキワがえぐれているみたいですね、日中でも探りで狙えるかも!」と俊介さん
メバルのポイントは藻の存在が不可欠

釣り場をチェックすると堤防の周りに藻があり、メバルが育つには申し分の無い環境。渡波から鮎川にかけてはこのタイプの漁港が多く、メバルの宝庫になっている。

ただし、藻の多いポイントは干潮時は藻に引っ掛かって釣りにならないため、満潮時間帯の前後の方が有望。この日は16時半頃が満潮で、その前後からスタートし、潮が引いてしまうまで狙うことにした(干潮23時過ぎ)

防波堤の足下を覗くと、足下に凹みがあり根魚が着きやすい構造。「これなら日中でもメバルが釣れるかも」ということで、「ダートマジック(ジャクソン)」のトゥイッチングでメバルのリアクションバイトを誘ってみることに。

日中は堤防のキワに着いたメバルを狙った
この日、使用した小型プラグ。左から「Pygmy Box シャッド」、「 Pygmy Boxリップレス」、「ダートマジック
(いずれもジャクソン)
1~3gの小型メタルジグ。左から「ダニエル3g」、「飛び過ぎダニエル1g」、「ギャロップベイビー3g
(いずれもジャクソン)
ジャムオーバーJAM-610XL-ST」(ジャクソン)
ガイドに軽量なトルザイトリングを使用し、感度、操作性を追求したアジングロッド。扱いやすい設定はメバリングにもGOOD!
グリップは抜群のホールド性と操作性を可能にしたジャクソンオリジナルフィネスグリップ。グリップエンドはロッドバランスを保ちつつ、ボリュームを抑えたレーシング仕様
「あ~っ、バレた!」と叫ぶ村岡さん。アタリはシェード側(日陰側)のサイドに集中。魚の反応自体は多いのだが、少し小さいのかなかなかフッキングしない
「なんだ、アイナメか~」。よくみたらアイナメでもなく、クジメでした
ヒットルアーは「ダートマジック(ジャクソン)」。ただ巻きでは水平姿勢を保ってレンジキープし、トゥイッチを加えると鋭くダート!足下では魚のいる水深に沈めて、チョンチョンと細かいダートでリアクションバイトを誘うことができる
「ダートマジック」は3g(4.3cm)と5g(5cm)の2サイズ
ダニエル3g」にもクジメがヒット
ダニエル3g」はエリアトラウト用のルアーだが、メバルにも有効。エリア向けルアーなので、標準でバーブレスのシングルフックが付いている。バラシが気になるようならフックだけカエシのあるものに交換して使うのもアリ
Jackson(ジャクソン) トラウトミノー ダニエル 35mm 3g ピンクヤマメ
Jackson(ジャクソン)
エリア用バージョンだが、ソルトにも適!
Jackson(ジャクソン) ミノー ダートマジック 43mm 3g パールホワイト
Jackson(ジャクソン)
トゥイッチングで鋭くダートしてアピール

釣れすぎダニエルは日中のメバルにも有効!

フラットフィッシュなどに高い実績を誇り、釣れ過ぎダニエルの異名も持つ「飛び過ぎダニエル」。そのライトソルト版が「飛び過ぎダニエル1g」。エリアフィッシング用の「ダニエル3g」もあり、この日は2つとも使用した。

ダニエルシリーズは「飛び過ぎ」の名前の通り遠投性に優れ、広範囲を探るのに適する。アクションはウォブンロール。ただ引くだけでブリブリとボディを振ってウォブンロールする。

俊介さんにまずまずサイズのメバルがヒット!
メバルの姿を確認し、水面から引き抜こうとしたところで残念ながらバラし。「でも、これでパターンはつかみました!次は釣れますよ」
先ほど逃した魚よりちょっと小さめだったが、宣言通り本命メバルをキャッチ!サイズアップを狙う
ヒットルアーは管釣り用の「ダニエル3g」。フックは「ギャロップベイビー」の標準フックを外して装着した

俊介さんはここからパターンをつかみ、「ダニエル3g」でメバルを連発!ウォブリングでアピールするダニエルシリーズの特性を活かし、ロッドの長さを使ってスーっと引いて、ゆっくり落とすアクションでメバルを誘った。

【ダニエル3gを使ったデイメバルテク】

テンションをかけたまま堤防キワにダニエルをフォール
そこから、ロッドの長さを使ってゆっくりとダニエルを引く。上まで引いたら、ロッドを下げて落とす動作の繰り返し
スイミングで追いかけたあと、フォールで食ってくることが多い
メバルが釣れたポイント付近を狙った村岡さんにもヒット!!
と、思ったらまたまたクジメ(こちらはアイナメか?)
村岡さんが使用していたのは「飛び過ぎダニエル1g」。ソルト用モデルでダニエル3gと同じように使用してOK
Jackson(ジャクソン) ルアー 飛び過ぎダニエル 1g KAI カタクチイワシ .
Jackson(ジャクソン)
小さいベイトをエサにしている時に有効
俊介さんはちょっと小さめながら順調にメバルを釣り上げる
さらにメバル追加し、「なんでそっちばっか本命釣れるのや?」の顔
17時頃にはすっかり日も暮れて、ナイトゲームの時間帯に
暗くなってきたので常夜灯の近くに移動したいところだが、諦めきれず粘る村岡さん
粘った甲斐あって本命キャッチ!「やっぱりピグミーボックス・リップレスが一番だな~」
ヒットルアーは村岡さんが絶大な信頼を寄せるシンキング「 Pygmy Boxリップレス
Jackson(ジャクソン) ミノー ピグミーボックス リップレス 48mm 3.9g ピンクヒラメ
Jackson(ジャクソン)
ミドルレンジを探れる小型リップレスミノー




今回のポイントを教えてくれた鈴木和也さんが到着。明るい港内の常夜灯周りに移ってミッション続行!


常夜灯下に移動 眼張のナイトゲームをスタート

暗くなってからは常夜灯周りのポイントへ移動。常夜灯の周囲はベイトが多く、光の切れ目のあたりにメバルが浮き気味になることも。

「前に来た時はボイルしていることもあったので、結構表層のミノーなどにもヒットすると思いますよ」と鈴木さん。

調子の出てきた村岡さん。「 Pygmy Boxリップレス」を使用し、中層スイミングで
「ダニエル3g」に戻してメバル!ただ、ちょっとサイズが小型化?

メバルの数は多く、ボトムより上のレンジで釣れてくるが、全体的に型が小さめだった。

「今日はおかしいですね~、15~18cmくらいは普通に釣れるはずなんですが・・。他にも釣れる漁港があるんで、ちょっとみてきますね!」ということで鈴木さんが下見のために移動。その後、村岡さんたちもそちらの漁港で釣りをすることに。

状況が良くなければラン&ガンで釣果UPを!

今度の場所は広々とした岸壁に常夜灯が並ぶポイント。漁港の復旧が進み、牡鹿半島に常夜灯ポイントが増えてきた
2か所目の漁港で鈴木さんは17、18cmのまずまずサイズのメバルを釣り上げた。ヒットルアーはジャクソンの「Pygmy Boxポッパー
佐藤俊介さんも続けてキャッチ
Pygmy Box シャッド」はルアーの浮き上がりを抑えるので、狙ったレンジをしっかりスイミング可能

今度の漁港も常夜灯が並ぶ岸壁だが、今度は灯りの周りにメバルが浮き気味でメバリングにはベストな状況。15cm前後のレギュラーサイズが釣れてきた。同じルアーを投げ続けるとメバルも飽きてしまうので、ルアーチェンジしながら表中層を探った。

「ピグミーボックスシリーズ」はポッパー、ミノー、シャッドなどなど、種類が豊富な小型プラグ。状況をみながら、タイプやカラーをチェンジしながら攻めると良いだろう。

「Pygmy Boxポッパー」はポップさせるのではなく、表層付近のスロースイミングで使用した
時間帯もはまったのか、連続ヒットする場面も!
「Pygmy Boxポッパー」のカラーをクリアーにチェンジ!種類やカラーを変えながら攻める

メバリングといったらナイトゲームが普通だが、日中の探り釣りもなかなか熱くなれておすすめ。日中から釣る場合は偏光グラスもあると、サイトで見やすいのでより楽しめる。

この日の常夜灯ゲームは最初のポイントでは小型ばかりで、場所をチェンジしたのが結果的に吉と出た。実績のある所でも状況がちょっとおかしいと感じたら、早めに見切って移動すると良い場合がある。

牡鹿半島周辺はほとんどの漁港でメバルを狙うことができる。最近はメバルのほかにソイやヒイカ(ジンドウイカ)も釣れているので、もう少し大きめのルアーや小型のエギなど用意しておくと楽しみが広がる。



◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

☆特別な連載記事も読める!
プレミアム会員募集中!!

釣り河北プレミアムサービス会員募集中。毎週火曜に専用メルマガを配信!東北6県の最新釣り情報をここだけでしか読めない独自編集でお届け!
入会特典等もありますので、この機会にぜひぜひご加入ください。詳細は↓↓↓をご覧ください。
http://tsuri-kahoku.jp/i_premium/premium.htm

※取材協力/ジャクソン
※解説/村岡博之、佐藤俊介

 
 
PR