document.write(''); [釣行記]岩洞湖ワカサギ釣り2018年シーズンの傾向と対策 | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

岩洞湖ワカサギ釣り2018年シーズンの傾向と対策

浅沼 貴博 2018年2月19日配信   【岩手】

例年に比べ早めに氷上が解禁した今季の岩洞湖だが、メスが卵を持ち始めたことなどにより食い気が落ちてシビアな状況が続いている。そんなシーズン中盤の攻略法を、ほぼ毎週ホームの岩洞湖に通っているという浅沼貴博さんに解説してもらった。

[関連]

魚種別攻略法・ワカサギ釣り基本

 
 
 

例年以上に難しい今シーズンの岩洞湖ワカサギ釣り

今季の岩洞湖はワカサギが居て魚探に写るのだが、素直に餌や仕掛けに反応せず釣果を伸ばすのは非常に厳しいタフな状況。

氷上解禁から1ヶ月程が経過してスレてきたのもあるが、春に向けての産卵期とも関係がある。

浅沼さんはほぼ毎週、岩洞湖に通っている
水深10m前後から水深20m以上の深場まで様々なポイントをチェック
釣れてくるワカサギの型は小さい1年魚中心に2年、3年と年を越した大型も混じる

そんなタフな状況でも釣り人側の経験と工夫で安定的に釣果を上げている人が多いのも事実。そんな方々に共通しているのは、少ないアタリを確実にモノにする集中力も去ることながら、小さなアタリを確実に穂先に出す穂先と錘のタックルバランスのセッティングが非常に絶妙なことだ。

繊細な穂先に重すぎる錘では折角のアタリが消えてしまうのは容易に想像が出来る。逆もまた同じ。

穂先の錘負荷5割~8割程度の負荷を掛け、余力を残しておくのがアタリを穂先に表現させるタックルセッティングとしては1番重要だ。

仕掛けに続き穂先に頼る部分は大きく、調子や長さの違う穂先のラインナップがあるのはこのため。タックルセッティングが出来ていればアタリは確実に穂先に表れる。

穂先とオモリの関係が非常に重要。表示のオモリ負荷を参考にしつつ、自分の釣りやすいセッティングを見つける必要がある
VARIVASワカサギ専用 四面オモリ スイベルジョイント」(モーリス)
転がりにくい四面体設計のワカサギ専用オモリ。仕掛けとの連結がローリングスイベルになっている。下バリを付けるハリス止め付き
モーリス(MORRIS) バリバス ワカサギ四面オモリ スイベルジョイント 4g
モーリス(MORRIS)
回転式のスイベルを使用し、接続性を向上したワカサギオモリ
販売価格 ¥316
(2018年2月時点の価格)
VARIVAS公魚工房 ワカサギ穂先[ワークスリミテッド] (超扁平極薄グラスモデル)VAR-288TFX」(モーリス)
グラス穂先の先端部分をフィルム状になるまで極薄に磨き上げ、超微細なアタリも取れるようにした
モーリス(MORRIS) VARIVAS ワカサギ穂先 ワークスリミテッド 超扁平極薄グラスモデル. VAR-288TFX
モーリス(MORRIS)
超高感度のファーストアクション穂先
販売価格 ¥5,326
(2018年2月時点の価格)
穂先のラインナップが豊かになり、状況や釣りのスタイルに合わせた穂先を選択可能。
VARIVAS公魚工房 ワカサギ穂先[ワークスリミテッド](クリスタル樹脂モデル」(モーリス)
今シーズンから新たに投入されたワカサギフィネス樹脂穂先。グラスと無反発樹脂の中間的感覚で、微細なアタリも増幅。
VARIVAS公魚工房 ワカサギ穂先[ワークスリミテッド](無反発マテリアルモデル)」(モーリス)
しなやかに曲がる無反発特殊マテリアル採用。高い荷重に対応でき、手元調子で曲がりながら、重いオモリを背負った状態でトルクも発揮。
VARIVAS公魚工房 ワカサギ穂先[ワークスリミテッド]」(モーリス)
フルハンドメイドの公魚工房ワークスリミテッド。感度と操作性のバランスが良い極薄扁平タイプのグラス穂先

しかし、岩洞湖は餌を食べてもアタリを出さないワカサギが今季は特に多い。
通称、「居食いタイプ」

タックルセッティングが出来ていれば誘いの途中に手感でワカサギの重さを感じたり、誘いの中に穂先が普段と違う動きとしてアタリが出ることもあるので、誘いよりも居食いタイプのアタリを感じ取り攻略する事が今季の岩洞湖で釣果を伸ばすポイントとなりそうだ。

アタリの出にくい居食いタイプを釣らないと数は伸びにくい
VARIVAS公魚工房 魚探ケースVABA-42」(モーリス)
魚探を収納し、持ち運びつつそのまま使用できるPVCクリアー蓋付きケース。
VARIVAS]公魚工房ライブウェルVABA-35」(モーリス)
釣ったワカサギをおいしく持ち帰るためのインナーメッシュBOX付きライブウェル。
VARIVAS公魚工房 氷穴アダプターVAAC-19」(モーリス)
氷穴の壁への引っ掛かりなどトラブルを防ぎ、ハリスやラインの動きも見やすくする黒色アダプター。
VARIVAS公魚工房 わかさぎ釣り専用 前倒防止装置付き 可変ソケットVAAC-22」(モーリス)
穂先の角度を調整し、電動リールの前倒れを防ぐ機能も備えた穂先用ソケット
モーリス(MORRIS) VARIVAS 公魚工房 魚探ケース ダークネイビー VABA-42.
モーリス(MORRIS)
PVCクリアー蓋付きの魚探専用ケース
販売価格 ¥3,996
(2018年2月時点の価格)
モーリス(MORRIS) バリバス 公魚工房 ライブウェル VABA-35 ライム
モーリス(MORRIS)
明るく目立つライムカラーのライブウェル
販売価格 ¥3,132
(2018年2月時点の価格)
モーリス(MORRIS) バリバス 公魚工房 ライブウェル VABA-35 ライム
モーリス(MORRIS)
穴の角に引っ掛かるなどのトラブルを軽減
販売価格 ¥2,858
(2018年2月時点の価格)
モーリス(MORRIS) わかさぎ釣り専用 前倒防止装置付き 可変ソケット オレンジゴールドVAAC-22.
モーリス(MORRIS)
ワカサギ電動リールと穂先の接続に
販売価格 ¥3,047
(2018年2月時点の価格)
[関連]

2016年岩洞湖のワカサギ釣り



◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

☆釣り河北プレミアム会員募集中!!
釣り河北プレミアムサービスでは、毎週火曜に専用メルマガを配信。ここでしか読めない企画、連載記事に入会特典等もありますので、この機会にぜひぜひご加入ください。詳細は↓↓↓をご覧ください。
http://tsuri-kahoku.jp/i_premium/premium.htm

PROFILE:浅沼 貴博

盛岡市在住のワカサギフリーク。結氷前から地元岩洞湖のほか桧原湖などにも遠征している。夏場はアユがメイン。トラウト、エギングなども得意とし、年中色々な釣りを楽しむ。モーリスフィールドスタッフ

※取材・テキスト/浅沼 貴博
 
 
PR