document.write(''); [釣行記]茨城波崎沖の赤い宝石!アカムツ絶好調 | 釣り河北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

茨城波崎沖の赤い宝石!アカムツ絶好調

菅野 順也 更新日 2018年9月 4日   【その他】

水深270メートルの深場から赤いダイヤを発掘!福島市の菅野順也さんが超高級魚として名が知られるアカムツを求めて茨城県波崎沖へ釣行した。



波崎沖のアカムツポイントには多くの遊漁船の姿が
 
 
 

波崎沖航程1時間半の沖にアカムツ船団が集まる

ノドクロの別名でも注目される超高級魚のアカムツ。茨城県最南部に位置する波崎沖に広がる根周りは魚影が濃い好ポイントして人気の海域だ。

「今年は例年以上にアカムツ釣りの釣果が良いですね。今日も全員に釣れるように頑張りますよ」と、にこやかに話す堀田正巳船長が舵を握る。はまなす丸は午前4時半に出船、航程1時時間45分で水深270メートルの海域に到着した。すでに10艘ほどの船が集結しているのを目の当たりにして、満席で乗船している釣り人達の気持ちが高ぶる。

仕掛けは胴突き式でハリ数は2本までがはまなす丸のルール。制限がなくても手返しと本命が泳ぐ棚を考慮すれば2本までがベストだろう。

餌はツボ抜きにしたホタルイカのゲソ部やサバの切り身など(ホタルイカは船で配られる)。一番無難なおすすめは、両方の抱き合わせ。匂いと輝きに加えてボリュームで誘うのだ。

当日、サポート役として乗船していた堀田浩靖若船長によれば「ハリスに付ける装飾品などはシンプルな方が良いですね、サバが多い時には1本バリにするのも有効です。海底に仕掛けを届けるのが最初の条件ですから」とのこと。

がま船ダイナソーMH」(がまかつ)
UDグラスと中弾性カーボン素材を複合し、強靭な粘りとパワーを実現。チューブラーボディにグラスソリッド穂先を搭載し、感度と食い込み性にも優れるためアカムツもバラしにくい。オキメバルなど中深場の釣り全般にも使用可能
粘りのある曲がりは深場の釣りや大型魚狙いにも余裕で対応できる
ホタルイカとサバ切り身のMIX。外道に釣れたサバを切り身にすればエサ持ち抜群だ
この日の水深は270mほど。これから秋にかけてポイントの水深は徐々に浅くなっていくが、浅場に移動しても型が落ちるようなことはなく期待できる

水深があってもアタリは明確 巻き上げは優しく慎重に

釣り方はオモリを海底に届けたら、ゆっくりと頭上まで誘い上げて再びゆっくり落としていくようなソフトな誘いがおすすめ。

開始後15分で一本の竿が大きく曲がり51cm(推定2kg超え!)が浮上。釣り上げたお客さんによれば「はっきり本命と分かる良いアタリでしたよ」とのこと。

開始直後、幸先良いスタート

それからしばらくは、潮が流れない時に食ってくるカラスザメやドンコが釣れていた。サバの魚影も濃く釣りづらい状態だったが、時間が経過すると本命の食いが先行してきた。

堀田船長は食いが遠のくと違う根に船を合わせて、さらに本命の釣果が続いた。「ブルブル」と特有の小気味良い魚信が伝わり私にも35cmがヒット。巻き上げ時は電動リールを中速で、竿先を水平より高めに保つのが基本。残り50メートルと10メートル付近の水深で必ずと言ってよいほど暴れるので特に注意が必要だ。

私にも本命アカムツがヒット
ふだんは操船もする若船長の堀田浩靖さんがこの日は同船してサポート!釣り方のコツなども教えてくれるので始めて乗船しても安心して楽しめる
船上は続々とアカムツの釣果が上がり始めた
アカムツは口の中が黒いことから「のどぐろ」の別名でも有名

そして10時には乗船していたお客さん全員が本命を釣ることができた。堀田船長によれば「本日は底潮の水温が下がって食いが立ちませんでしたね。食いが良ければ資源保護からの早上がりの日もありますよ」とのこと。

納竿までにトップ7匹、私は3匹の釣果。これでも今シーズンの波崎沖アカムツ釣りとしては食い渋りと言うのだから驚きだ。ちなみに、私は今シーズンはまなす丸さんへのアカムツ釣行は二度目で、前回はトップ10匹で私が9匹の釣果だった。

この日はやや食いが渋く集中して誘い続けないと食わせられない状態だったが、取材の合間に3匹を釣り上げた
波崎沖は型も数も揃う盛期で50cm級もよく混じった。これから10月頃まで好季が続く

食味も最高の超高級魚 おすすめは炙りの刺身

釣りたての鮮度抜群なアカムツの食べ方のおすすめは、炙りの刺身。浩靖若船長によれば、皮面を炙ったら氷水に浸けずに冷蔵庫で冷やすのが身崩れせず美味く造るコツとのこと。

1キロ一万円の値が付くほどの魚を存分に味わえるのは釣り人の特権だ。釣味も食味も満点なアカムツ、今後さらに注目される釣り物だろう。

この日のアカムツは炙りのお刺身に調理してみた。皮を残した炙りが最高!
[関連]

アカムツの料理レシピ

[遊漁船紹介]はまなす丸(波崎港)
■予約TEL:047-944-4627
アカムツ釣り午前4時半出船13,000円(ホタルイカ餌・氷付)
はまなす丸の堀田正巳大船長。親切な人柄、丁寧な操船で安心して釣らせてくれる
銚子大橋の見える利根川河口側から出船する

[当日使用したタックル]
■竿:がまかつ ダイナソーMH
■仕掛け:幹糸 ヤマトヨ・フロロハリス7号、ハリス同5号
■ハリ:下田漁具 HPホタ針17号
■枝スサルカン:下田漁具 ストロング親子5×6



PROFILE:菅野順也

カレイ釣りのトーナメンターとして活躍しながら、ヒラメ、メバル、マダイ、深海などの各種船釣りにワカサギ、渓流までなんでもこなすオールラウンダー。がまかつ、山豊テグスフィールドテスター、マルキューフィールドスタッフ、スポニチAPC、日本魚検定(とと検定)2級取得。福島市在住



◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

※取材・テキスト/菅野 順也
※取材協力/はまなす丸

 
 
PR