document.write(''); [釣行記]気仙沼・本吉地区の釣り場3 前浜~日門~三島~大谷 | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

気仙沼・本吉地区の釣り場3 前浜~日門~三島~大谷

更新日 2018年10月27日   【宮城】

気仙沼市本吉町の防波堤、漁港釣り場を紹介します。本吉エリアのラストは大谷海岸周辺の4つの漁港。以前は海水浴場としても賑わった大谷海岸では大規模な復旧工事が行われていますが、付近の漁港は工事が完了して、釣りが可能な場所が多くなってきています。

※漁港や岸壁での釣り人のマナーが問題になっています。釣り場は来た時以上に綺麗に保ち、騒いだり、迷惑になるような行為は絶対にやめましょう。漁師さんや地域の住人の方、復興作業をされている方などとトラブル等の無いよう、十分に気を配って釣りをお楽しみください。

[関連]

堤防釣りのルール・マナー


[関連]

本吉地区の釣り場1 蔵内~今朝磯~二十一浜

[関連]

本吉地区の釣り場2 赤崎~大沢~赤牛~前河原

[関連]

南三陸歌津の堤防釣り場






 
 
 

前浜漁港(まえはま)

大谷海岸の南に隣接する日門漁港のひとつ南隣の漁港。周囲に岩礁帯があり、アイナメ、ソイなどの根魚類が多い。取材時は右側の短い防波堤に入ることができたが、途中の道は壊れているので注意が必要。※工事中や立ち入り禁止の時は絶対に入らないこと。

向かって右側の道は荒れているので注意
外側の小防波堤。周りが岩場になっており、根魚を狙える
港内は浅い岩礁帯
防波堤周りも根が入り、根魚中心に探ることができる
港内は広い岸壁が整備されていて、メバルやソイなど期待
向かって左側の大きい防波堤。駐車スペースも広く、こちら側がメインの釣り場となる
港内は投げ釣りでカレイやアイナメを狙える
防波堤周辺の根やケーソン周りにもアイナメなどが着く
こちらの方はテトラ帯から根周りを探っていた(テトラの上は危険なので無理は禁物)
外海側も根が点在する
[関連]

身近な釣り場・前浜漁港

日門漁港(ひかど)


大谷漁港のすぐ南に隣接し、国道からアクセスしやすいことでも人気のある釣り場。砂地主体に根も点在する好釣り場で、砂浜側や防波堤周辺でヒラメ、コチのフラットフィッシュを狙える。根や堤防の基礎の周りにはアイナメ、ソイ、メバルといった根魚が多い。投げ釣りのカレイ、アイナメもターゲットになる。

港内は広い岸壁になっていて車の近くで釣りをできる
ちょい投げや探り釣りの小物が中心

防波堤の基礎部分にはソイなどの根魚が着く
白灯台防波堤の先端付近。周囲は砂地が広がり、ルアーでフラットフィッシュを狙える

防波堤の外海側は根が多い地形。テトラの上は危険なので注意


大谷海岸側の防波堤。堤防先端の小島が桜島神社
防波堤の付け根付近から大谷海岸側。ヒラメ、マゴチやカレイを狙える
港内側
ショアジギングでフラットフィッシュのほか青物やシーバスの回遊もある

こちらの方はご夫婦で来て、小島の周りでクジメや小型のアイナメを釣っていた
ブラーとアオイソメに集魚板を付けたのがポイント
防波堤先端の桜島神社
島の周りもポイントになる

[関連]

身近な釣り場・日門漁港



道の駅大谷海岸(おおやかいがん)



トイレや食堂、売店があって釣行時に便利な道の駅。「ホヤのおにぎり」や「ふかひれソフト」といった変わりダネを楽しめる。直売所では近くの網に入った鮮魚も売っているのでオデコでも安心(?)

三島漁港(みしま)



大谷海岸を挟んで日門と反対側、海岸の気仙沼側に隣接する漁港。砂地が多く、ヒラメ、マゴチのフラットフィッシュや投げ釣りのカレイを狙える。また、根やケーソンの周りではメバルやアイナメなど根魚も期待できる。

港内のスロープ付近。岸壁は広く整備されている

釣り場の中心となる防波堤



磯場へのルートは満潮時は潮を被る

防波堤の周辺には根が点在し、メバルやウミタナゴ、アイナメ、ソイなどを狙える

港内は投げ釣りでカレイやアイナメなどを狙えるが、係留船のロープがあるので注意

港内の岸壁は小型魚が中心





砂浜と隣接した岸壁の付近は投げ釣りのカレイなどがターゲット

大谷海岸は大規模な工事が行われている。海水浴場の再開にはまだ数年かかる見通し

大谷漁港(おおや)



三島漁港から丘を背に反対側に位置する漁港。御伊勢浜の砂浜の南に隣接(サーフは大規模な防潮堤を工事中)。防波堤の周囲でヒラメ、マゴチのフラットフィッシュがターゲットになる。根の周りを投げ釣りで探ればカレイ、アイナメ。岸壁周りの探り釣りやルアーでメバル、ソイ、アイナメを狙える。

白灯台の防波堤。ここの防波堤は付け根付近の駐車スペースがあまり広くないので、漁師さんの邪魔にならぬよう注意

港内は投げ釣りでカレイやアイナメ。夜はアナゴも



防波堤周りには根が点在。テトラや根の周りにメバル、ソイ、アイナメやタナゴが着く



砂地に根が点在する地形で、フラットフィッシュやカレイに期待できる

港内の船溜まりは余分なスペースがあまり無いため、駐車場所などには気を付けたい

御伊勢浜側の短い防波堤。周りに根があるので根魚やタナゴなどを狙える



御伊勢浜海岸には巨大な防潮堤を建造中

[関連]

身近な釣り場・大谷漁港



明神崎・舘鼻崎



三島と大谷の中間、舘鼻崎と明神崎の間の区間は平成29年に防潮堤が完成している。





[関連]

初めての防波堤釣りガイド!



◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!



 
 
PR