document.write(''); [釣行記]気仙沼周辺の堤防釣り場ガイド[1]波路上・岩井崎~森地区 | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

気仙沼周辺の堤防釣り場ガイド[1]波路上・岩井崎~森地区

編集部 更新日 2018年11月15日   【宮城】

気仙沼周辺の防波堤釣り場ガイドの1回目は陸前階上周辺の波路上漁港。波路上漁港は森地区から岩井崎地区まで広い範囲に分散している。周辺は広範囲で防潮堤工事が行われているので、作業中や立ち入り禁止の場所には入らないように注意。
※漁港、岸壁で釣りをする時は必ずゴミを持ち帰り、周囲とトラブルなどの無いように気を付けて楽しみましょう。

[関連]

堤防釣りのルール・マナー







2018年11月現在、御伊勢浜から岩井崎、波路上漁港の周辺は大規模な工事中。工事状況に合わせて周囲の迷惑にならないように対応したい
 
 
 

波路上漁港(はじがみ)

潮吹き岩で知られる岩井崎の北に隣接する漁港。港内は大規模な工事中で、かさ上げの完了している水産技術センター裏の岸壁と岩井崎側の小漁港が釣り場になる。周囲は砂地に根が点在し、ヒラメ、コチのフラットフィッシュやカレイ。根の周りや岸壁のキワでアイナメ、メバルなどに期待できる。

2018年11月の取材時は波路上漁港の港内は工事中だった。工事区域は避け、釣りをする時は工事を行っていない場所を選ぶようにしよう
波路上漁港から水産試験場裏にかけてはかさ上げされ、フェンスのある岸壁が続く
一帯の水深は浅く、砂底に根が点在する地形が続く
小堤防の周辺にソフトルアーでフラットフィッシュを狙っている方がいた

波路上漁港(岩井崎エリア)

波路上漁港と岩井崎の間は水産センターなどの区画が整備されていて、その護岸はフェンスがあって釣りを楽しめる。砂地に根が点在し、カレイやアイナメ、ヒラメ、メバルなどを狙える。

水産試験場裏の岸壁
岩井崎灯台手前の小漁港
砂地に根が点在する地形。養殖棚もあるので、投げ釣りはロープに引っ掛けてしまわないように注意が必要
漁港の投げ釣りはカレイやアイナメを狙える
この漁港のすぐ先が潮吹き岩のある岩井崎。岩井崎周辺一帯は公園化のための工事中

波路上漁港(森地区)


波路上漁港の漁協付近から少し気仙沼側へ進んだ、七半沢森地区(長磯森地区)にある漁港。防潮堤工事中で回り道になっているので、いったん国道45号線に戻って、階上駐在所前からアクセスした方が分かりやすい。

港内の岸壁周りは整備されていて、ちょい投げ、探り釣りのハゼ釣りや、サビキでチカ、イワシなどを狙える。一帯は砂地に藻があり、堤防周りはカレイ、アイナメやヒラメなども期待。

この地区は防潮堤工事が完了していたが、アクセス道路がかなり狭いので注意
駐車スペースなどに気を配り、漁業者の邪魔にならないようにマナーを守った行動を!




一帯は浅い砂地に藻場が点在する地形
気仙沼側の小堤防
スロープ付近
岸壁ではちょい投げのハゼやサビキ釣りのチカ、イワシを狙える
仙台方面から来たというお二人。地元の人にすすめられてサビキ釣りを楽しんだ
チカとマイワシをキャッチ!


防波堤周辺は砂地だが藻が点在し、投げ釣りの他、フラットフィッシュやロックフィッシュゲームも可能
[関連]

気仙沼周辺の堤防釣り場ガイド[2]川原、松岩

[釣具店情報] 気仙沼河童堂(宮城県気仙沼)
気仙沼周辺の釣り情報に詳しい釣具店。周辺で使うエサや道具など何でも安心して任せられる。気仙沼周辺のカレイ船やロックフィッシュ船、タラジギング船など各種遊漁船も斡旋。
◆TEL:0226-23-0840
[関連]

初めての防波堤釣りガイド!



◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!


 
 
PR