document.write(''); [釣行記]気仙沼周辺の堤防釣り場ガイド[2]川原、松岩 | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

気仙沼周辺の堤防釣り場ガイド[2]川原、松岩

編集部 更新日 2018年11月15日   【宮城】

気仙沼周辺の防波堤釣り場ガイド。今回は陸前階上エリアの川原漁港と松岩漁港の2か所を取材して紹介する。気仙沼市周辺は防潮堤の工事がピークで港の入り口が分かりづらい所も多い。工事中の場所を通過する際は迷惑にならぬよう注意し、安全第一で釣行するように心がけよう。
※漁港、岸壁で釣りをする時は必ずゴミを持ち帰り、周囲とトラブルなどの無いように気を付けて楽しみましょう。

[関連]

堤防釣りのルール・マナー

[関連]

気仙沼周辺の堤防釣り場ガイド[1]







 
 
 

川原漁港(かわら)

陸前階上から国道45号線を気仙沼側に進み、ファミリーマート岩月星谷店前の交差点から海岸側へ入る。周囲は砂浜海岸になっていて、投げ釣りはマコガレイが有望。堤防周りはアイナメやフラットフィッシュ、港内はチカやタナゴがターゲット。流れ込みがありハゼも狙える。

こちらの方は港内でチカ狙い
カラバリ仕掛けにアミコマセをまぶして狙っていたが、フグのエサ盗りに苦戦
チカの他に小イワシや小タナゴなども寄っていた
「普段は船釣りが中心なんだけど、チカの天ぷらが食べたくなって来た」とのこと
[関連]

[魚種別攻略法]チカ

向かって右側の防波堤には投げ釣りを楽しむ人がポツポツ。マコガレイ中心に、根のあるところではアイナメなども期待できる
左側の堤防付近は工事中のため釣りは×
港内には流れ込みがあり、ハゼも狙える
陸側はまだ工事が完了していない。通行時は工事の邪魔にならぬよう注意し、工事関係者の案内、指示に従うようにしよう


松岩漁港(尾崎地区)

面瀬川(おもせがわ)の河口両岸に作られた漁港。左岸側が片浜地区、右岸側が尾崎地区(尾ノ崎)と呼ばれる。

今回は尾崎地区を取材した。河口周辺のため砂泥地が中心だが変化が多く、アイナメ、ソイ、メバルといった根魚やカレイ。河口付近はスズキ。他にもハゼやアナゴ、ウミタナゴなど多くの魚種を狙える。

松岩漁港尾崎地区から面瀬川河口
左側の岸壁から小堤防付近。ハゼやカレイ、周辺でメバルやタナゴ。タイミング次第でシーバスも
港内の岸壁は広い
陸前階上方面にかけて大規模防潮堤を建造中
右側の防波堤付け根付近は根が広がり、アイナメやソイを狙える。写真の方は2インチくらいのソフトルアーで小中型アイナメを釣っていた
ちょい投げの置き竿にアイナメがヒット
白灯台のある防波堤は周辺に根があり、一帯でアイナメ、ソイを狙える
ゴミ捨て厳禁。ルールは守って釣りを楽しみましょう!
陸側は大規模な防潮堤工事が行われている。入り口がちょっとわかりづらいが、「おりはら商店」を目印に面瀬川沿いに海に向かうと尾崎に着く。※立ち入り禁止の場所に入ったり、工事の迷惑にならぬよう注意!
面瀬川を挟んで反対側の片浜地区。こちらも根魚やハゼ、カレイなどを狙えるが、工事中の場所には入らないように気を付けて楽しみたい
[関連]

気仙沼周辺の堤防釣り場ガイド[3]気仙沼港

[釣具店情報] 気仙沼河童堂(宮城県気仙沼)
気仙沼周辺の釣り情報に詳しい釣具店。周辺で使うエサや道具など何でも安心して任せられる。気仙沼周辺のカレイ船やロックフィッシュ船、タラジギング船など各種遊漁船も斡旋。
◆TEL:0226-23-0840
[関連]

初めての防波堤釣りガイド!



◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

 
 
PR