document.write(''); [釣行記]陸前高田市の漁港・岸壁釣り場[3]根岬~三鏡~大祝~六ヶ浦~大野浜 | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

陸前高田市の漁港・岸壁釣り場[3]根岬~三鏡~大祝~六ヶ浦~大野浜

編集部 2018年12月12日配信   【岩手】

岩手県陸前高田市の漁港を紹介します。こちらのページでは広田半島の北側を取材した内容をまとめました。黒崎を中心として、三陸海岸らしい岩礁帯が続くエリアです(2018年12月取材時点の情報です)
※漁港、岸壁で釣りをする時は必ずゴミを持ち帰り、周囲とトラブルなどの無いように気を付けて楽しみましょう。

[関連]

堤防釣りのルール・マナー

[関連]

陸前高田市の漁港[1]要谷~長部~脇之沢

[関連]

陸前高田市の漁港[2]両替~大陽~越田~広田





 
 
 

根岬漁港(ねさき)

広田半島の先端部、外海に面し、周囲を岩礁帯に囲まれた漁港。港内にもゴロタ浜があり、アイナメやソイなどの根魚の魚影が濃い。

向かって右側の岸壁付近
立ち入り禁止の場所には近づかないように
外海側に高い防波堤
防波堤周りはアイナメなど根魚を狙える
左右両岸のスロープの間はゴロタ浜と小磯になっており、小中型の根魚などが着きやすい
防波堤の外側は天然の磯が広がり、根魚を育む環境としては良好。※テトラ上は危険なので乗らないように
広田崎の青松島(右)と椿島灯台(左)。写真の赤灯台の防波堤周辺も根魚を狙える


根岬漁港岩倉地区(いわくら・岩倉漁港)

根岬からすぐ北側、ゴロタ浜に突堤がある小漁港。一帯に根が広がり、外海に面する漁港内に根魚が入ってくる。

外海に面したワンド状の港内。根魚期待
防波堤周辺。外海側は足場が高いので無理は禁物だ

三鏡漁港(さんきょう)

広田半島先端に位置する黒崎の手前、黒崎仙峡温泉のすぐ下にある小漁港。沖根を挟んで外洋に面し、港内は岩礁帯とゴロタの地形。

漁港の周りはゴロタ浜と岩礁帯
沖根を挟んで太平洋の外洋と面している
港内の岸壁はスペースが限られる。ここも漁師さん達の邪魔にならぬように
防波堤から根周りを狙える

黒崎仙峡温泉(くろさきせんきょうおんせん)

広田半島の先端にある温泉保養施設。入浴のほか食事、休憩も可能。

「黒崎仙峡温泉」オフィシャルホームページ 陸前高田市黒崎温泉保養センター

温泉の入り口正面に黒崎方面への遊歩道がある

大祝漁港(おおいわい)

黒崎・三鏡へアクセスする道路の途中、大祝公民館付近から脇道を進んだ所にある。周囲を岩礁帯に囲まれ、根魚中心の釣り場。

港内の岸壁はこの地域の漁港の中ではスペースが広め
周囲を岩礁帯に囲まれ、港内も根が多い
防波堤周辺はルアーや探り釣りで根魚を狙える

六ヶ浦漁港(むつがうら)

郵便局などのある広田地区の中心地に近く、震災以前にあった大野浜海水浴場と隣接する漁港。右側の長い防波堤周辺が釣り場の中心。砂地に藻場や岩場が点在する地形で魚種が豊富。

投げ釣りのカレイやルアー、エサ釣りのアイナメ、ソイ。ヒラメなどフラットフィッシュの実績もある。大野湾の湾口に面し、季節によりサバやイナダ、アジなどの回遊も有望と、周囲で人気実績トップクラスの釣り場。
※取材時は防潮堤工事のため入り口付近が片側交互通行になっていた。関係者の指示に従い、立ち入り禁止の場所には入らぬよう注意。

[関連]

身近な釣り場・六ヶ浦漁港

港内の岸壁は係留船が多い。釣りをする際は船の近くでは竿を出さない、作業場に近づかないなどの配慮を
右の長い防波堤。ここの港ではメインの釣り場になる
防波堤の付け根でサビキ釣りをしていた方に取材に協力していただいた
イワシを中心にサバや小アジも寄りコンスタントに釣れていた
これは小イワシの群れ。集団で防波堤周りを回遊していて、回ってきた時にパタパタと釣れる感じ。コマセで足止めして狙う
手前の小さいのが小アジで、少し大きいのがサバ。アジは最初だけ釣れて、すぐにサビキを見切るようになったそうだ
コマセを撒いて活性を上げ、そこにサビキを投入して誘い食わせる
防波堤中腹にかけてもサビキ釣りの釣り人が多かった
サビキで釣れたサバ
こちらの防波堤は投げ釣りのカレイやルアーの根魚、ヒラメも実績がある。漁業作業中や工事中の場所を避けて、トラブルなどの無いように楽しみたい
大野湾の湾口沿いにあり、回遊魚も入る好釣り場だ
こちらの漁港は県の管轄。危険な場所には立ち入らないように!
港の入り口付近は防潮堤の工事中だった。片側交互通行で海岸側は立ち入り禁止。都度、状況は変わるはずなので、関係者の指示に従うようにしよう

大野海岸(広田海水浴場)

防潮堤が完成し、2018年の夏は震災後8年ぶりに海水浴が再開された大野海岸(広田海水浴場)。サーフは震災前からフラットフィッシュを狙える場所としても知られる。

新しく完成した防潮堤
夏場は海水浴場になる砂浜
恵比寿崎側の堤防付近には工事中で入れず
この先の長洞地区(只出漁港)も釣り場
大野浜側から六ヶ浦漁港方面。遊歩道の先の田谷海岸は砂浜が流失したままで、現在は防潮堤の工事を行っている


[関連]

初めての防波堤釣りガイド!



◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

[関連]

陸前高田市の漁港[1]要谷~長部~脇之沢

[関連]

陸前高田市の漁港[2]両替~大陽~越田~広田

 
 
PR