document.write(''); [釣行記]石巻~牡鹿半島の堤防釣り場[2]桃浦~月浦~侍浜~荻浜~小積浜 | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

石巻~牡鹿半島の堤防釣り場[2]桃浦~月浦~侍浜~荻浜~小積浜

編集部 更新日 2019年1月16日   【宮城】

宮城県石巻市から女川町にかけての牡鹿半島周辺の漁港・堤防釣り場を取材しました。こちらのページでは牡鹿半島南側の桃浦から小積浜までを紹介します。

取材を行った2019年1月時点で防潮堤の工事と漁港地区のかさ上げ、整備工事を行っている場所も多くなっています。工事中や立ち入り禁止の場所には近付かない、漁業作業等の邪魔にならないよう配慮しながら釣行してください。
※漁港、岸壁で釣りをする時は必ずゴミを持ち帰り、周囲とトラブル等の無いように気を付けて楽しみましょう

[関連]

堤防釣りのルール・マナー





 
 
 

桃浦漁港(もものうら)

陸側は防潮堤の工事中だが、桃浦かき合同会社周辺の岸壁、防波堤が整備されており、竿を出せるスペースがある(漁業施設の前はフォークリフト等で作業をしていることが多いので、漁業者の邪魔にならない場所で釣りをするようにしよう)

桃浦一帯は砂地主体の潮通しの良い漁港で、ターゲットはアイナメ、カレイ、ハゼにルアーのヒラメなども実績あり。秋にはアオリイカが釣れることもある。

[関連]

身近な釣り場・桃浦漁港

漁業施設の周辺は作業が活発なので、釣りをするなら邪魔にならない端の方で
この防波堤の釣りは過去の釣行記でも何度か紹介している。アオリイカの実績も(参考↓)
[関連]

牡鹿半島アオリイカ調査釣行

夏場の釣行で、オライノ村岡さんはヒラメをキャッチしている
牡蠣剥き場の対岸側の岸壁と防波堤は防潮堤とかさ上げの工事中で立ち入ることができず(2019年1月時点)


月浦漁港(つきのうら)

小出島に囲まれた風光明媚な漁港。サンファンバウティスタ号が出帆した港でもあり、小出島の周囲を見下ろせる展望台もある。

堤防周りは藻が多く、メバルが有望。他にもアイナメ、ソイなど根魚類やウミタナゴ、カレイ、ハゼなども着く。

[関連]

身近な釣り場・月浦漁港

取材時は作業中で入れなかったが、防波堤付近は小中型のメバルやアイナメなどが多い
小出島との間の海域に藻場が点在する
足場の良い岸壁付近
周辺で工事を行っている時もあるので、邪魔にならないよう注意
[関連]

青物シーズンの牡鹿半島~雄勝ラン&ガン

侍浜漁港(さむらいはま)

月浦漁港と隣接する小規模漁港。周囲を磯に囲まれて根が多く、メバルやソイ、アイナメといった根魚類が有望な釣り場。投げ釣りでカレイ。夜はアナゴも出る。

[関連]

身近な釣り場・侍浜漁港

港内は浅く、藻場が点在し、小型のメバルやタナゴなどが着く。漁業施設の周囲は狭く、作業中の竿出しは迷惑になるので注意
防波堤周辺がメインの釣り場。係留船の周りは隙間がほとんどないので釣りは×
ウキ釣りとちょい投げで根魚狙い
ウキ釣りに小メバルが釣れていた
エサは夏場に採って水槽にストックしているというヌマエビ(ヌカエビ)。これを使うと明らかに食いが変わるそうだ

荻浜漁港(おぎのはま)

荻浜湾の湾奥付近にある岸壁中心の釣り場。穏やかな湾内の漁港で、メバルやタナゴ、ハゼなど小物系中心に、季節によってアイナメ、カレイも入る。岸壁は漁業関係者の作業場になっていてスペースに余裕がないので、作業中は邪魔にならぬよう注意!

右奥の防波堤部分。投げ釣りや探り釣りなどを出来るが、駐車スペースがないので、通行の邪魔にならない場所から歩く必要がある
牡蠣剥きなどの漁業施設の周辺は関係者の往来が多いので、邪魔にならないよう気を付けよう
岸壁付近にもメバルなど根魚が着く
鮎川線の県道と漁港の間は工事中。入り口を示す看板があった
県道沿いに公衆トイレもある

小積浜漁港(こづみはま)

荻浜から牧浜方面へ入ってすぐの小漁港。堤防の周囲は藻が多く、養殖棚の方向に投げてカレイやアイナメを狙える。

岸壁と防波堤から投げ釣りや探り釣りを楽しめる
スペースのある岸壁
港内を探ってメバル、ソイなど根魚期待
港の外側は浅い藻場が広がる
投げ釣りは養殖棚の手前を狙うと良い
新しいアクセス道路を工事中だった


[関連]

初めての防波堤釣りガイド!



【関連】牡鹿半島周辺のその他の防波堤釣り場
 
 
PR