document.write(''); [釣行記]春の堤防釣りシーズンまであと少し!仙台~七ヶ浜~塩釜 | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

春の堤防釣りシーズンまであと少し!仙台~七ヶ浜~塩釜

編集部 2019年3月25日配信   【宮城】

春らしい陽気の日が多くなり、ふらっと海辺に遊びに行きたくなる季節。とはいえ、仙台周辺はまだまだ水温が低く、堤防、岸壁釣りは激シブな釣果が続いている。3M仙台港パーク~七ヶ浜~塩釜の今の状況を取材してきた。
※漁港、岸壁で釣りをする時は必ずゴミを持ち帰り、周囲とトラブル等の無いように気を付けて楽しみましょう。

[関連]

堤防釣りのルール・マナー





 
 
 

3M仙台港パークはファミリーの憩いの場

暖かい日々から一転、寒の戻りとなった3月23日、やや肌寒い曇天ながら、仙台新港の「3M仙台港パーク」には休日を楽しむ釣り人の姿がみられた。

仙台港に最寄りの釣具店つりえさ倶楽部マリン・仙台新港店に立ち寄ると、探り釣りやサビキ釣りで10cm前後の小メバル、ちょい投げ、探り釣りでアイナメ、カレイがたまに釣れているものの、魚の活性はかなり低いとの情報。仙台港の湾口付近にはイワシの群れも寄っているようなので、もう少し季節が進めばサビキ釣りの小魚も入ってくるかもしれないが・・と、あまり思わしくない様子。

実際、釣果を聞いて回っても、ちょい投げでシャコエビが上がっていた他はアタリの一つも無い状況。「まだ早いのは分かっているんですけど、ここは柵があって子供たちと一緒でも安心して遊ばせられるので」というパパさんも。釣果は二の次で、竿を出しながらのびのびと遊べることもここの魅力なのだ。

フェンスに囲まれて足場がよく、初心者からベテランまで多くの人が安心して釣りを楽しめる
休日にはファミリーも多く集まる
公園はジョギングやお散歩に来る人も多い。人が多い時もあるので、トラブルなど無いように気を付けたい
東仙台からチャリで1時間かけて来たというお二人
この季節としては貴重なシャコエビをGET
[関連]

仙台新港のシャコ釣り

[関連]

仙台新港のサビキ釣り



これからは人気のシャコエビが本格化 投げ釣りで良型カレイも上がる

これからの仙台新港は水温の上昇とともに、ちょい投げ、探り釣りのアイナメ、マコガレイ、シャコエビ、マハゼなどの釣果が上向いてくる。5月頃からはイワシなどが接岸し、サビキ釣りの小物釣りも面白くなる。イワシが寄れば、イカやサバ、カンパチ、ヒラメなども期待できる。

釣り情報を教えてもらった「つりえさ倶楽部マリン・仙台新港店」。釣り場に近く、エサや仕掛けの補充に便利
シャコ釣りは段差式のハリが付いた専用仕掛けがオススメ。つりえさマリンオリジナルのシャコ釣り仕掛けも
つりえさマリンで売っている仙台新港仕様は4本鈎が特長。この段差バリが、エサをつかんで後退りしようとするシャコにガッチリ掛かってバラシを防ぐのだ
テトラ帯の穴釣りや岸壁周辺の探り釣りにはブラクリ仕掛けを使用。最近はキャスティングでも使い勝手の良いインチク型アイテムなども出ていて、ポイントにより使い分けられる
エサは定番はアオイソメ。投げ釣りなどは多めに付けた方が良い
良型のアイナメやカレイに効果的なイワゴカイ。余裕があればこちらも併用
最新の釣り情報を毎週更新中!
つりえさマリンの釣果情報はこちら


七ヶ浜方面は穴釣りでアイナメ、ドンコ等の釣果

七ヶ浜方面の各漁港では、テトラ帯や岸壁際の穴釣り、探り釣りでアイナメ、ドンコなどの根魚が上がっている。中には30~40cmの良型アイナメを釣っている人も。

七ヶ浜町の漁港の多くは釣り禁止で、釣りをして良いのは松ケ浜漁港と菖蒲田浜漁港の2か所だけ。うち、松ケ浜漁港は緊急事態の発生により関係者以外の立ち入りを禁止している状況。仙台港に停泊中の貨物船からの重油流出事故の影響とも言われているが、当面、釣りは出来ないようなので釣行の際は注意して頂きたい。
【仙台塩釜港の釣り禁止区域について】
仙台塩釜港内における釣りについて - 宮城県公式ウェブサイト

松ケ浜漁港
防波堤の付け根には漁港内立ち入り禁止の看板が。昨年までは釣りをできただけに大変残念。解除を待ちたい
菖蒲田浜の海岸に隣接する堤防。菖蒲田漁港とともに穴釣り、探り釣りでアイナメなど根魚を狙える。2019年3月14日には宮城県のクロダイの出荷規制が解除されたので、初夏のシーズンにはクロダイ釣り師の姿も見れるはずだ
吉田花渕漁港の「七のや」。食事や休憩ができる観光施設

塩釜港は魚市場~仲卸市場前の岸壁を工事中

塩釜港も釣り禁止区域が多く、釣りをできるのは籬港(まがき港)から北堤防までの岸壁のエリア。ここは投げ釣りでカレイやアイナメ、ハゼの実績があるが、塩釜海の駅の周辺や仲卸市場前の一帯で護岸工事を行っている。竿を出す時は工事の邪魔にならぬよう気を付けていただきたい。

塩釜港はマルハニチロから北側の岸壁のみ、防潮堤の工事が終わって釣りをできる。投げ釣りのカレイ、アイナメ、ハゼのほか、夏から秋にかけてはサビキ釣りでサバやイワシを狙える
魚市場からマルハニチロ前までの区間は立ち入り禁止になっている


[関連]

初めての防波堤釣りガイド!



◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

 
 
PR