document.write(''); [釣行記]サクラマスシーズンの北上川水系 2019年の追波川 | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

サクラマスシーズンの北上川水系 2019年の追波川

編集部 2019年4月 4日配信   【宮城】

4月に入り、東北各地の河川がサクラマスシーズンに入っています。日本海側は米代川が順調に開幕。山形の赤川、最上川も安定した釣果を上げています。一方で宮城の北上川水系は水量が少なく、例年よりちょっと厳しいコンディションになっています。



 
 
 

冬の雪が少なくまとまった雨が待たれる状況

旧北上川、追波川の北上川水系のサクラマスは1月20日に解禁。2月半ばからポツポツ釣果が上がっているものの、例年3月下旬から始まるフィーバー状態に入らず、やや渋い状況が続いている。いつもの年であれば、この季節は雪代水が流れ込み、流れが強くなり、濁りも入るのだが、今冬は雪が少なかったため濁度も上がらず、水色も澄んだ状況。

サクラマスは大潮前後のタイミングに河川に入ることが多いのだが、3月下旬の大潮前後でも、まとまった釣果は上がらず。かといって海にサクラマスがいないわけではなく、追波湾や石巻湾の刺し網、定置網にはサクラマスが掛かっていて、漁況は平年以上。今年は3~4kgの大型の割合も多く「当たり年」とさえ言われている。

村岡博之さんは「海には鱒がいるんだけど、水が無いから川に入ってこないんだね。最近ようやく雨の日が増えてきたし、まとまった雨が降れば一気に入ってくるとは思うんだけど・・」



追波川は北上大堰下に釣果が集中

旧北上川と追波川では、今のところ旧北上川の釣果が安定している。宮城の上州屋各店が合同で行っているサクラマスダービーでは旧北上川で最大65cmの釣果も。

[関連]

旧北上川の65cmサクラマス釣果

追波川の方は北上大堰の周辺での釣果が大半で、例年のハイシーズンに釣れる飯野川橋、通称根のポイントではほとんど釣果が上がっていない。「釣れているのは堰下周辺がほとんど。それも多くが早朝に集中している。夜のうちに堰下まで上ってきた魚が朝に釣れている感じかな」と村岡さん

国交省の河川事務所前の追波川
土の上に立てる通称・藪のポイントは、今季の追波川では比較的釣果が上がっているため、釣り人も多め。それでも例年の1割程度と少ない
河川事務所前より下流側はこのように草が刈られた状態
国道側の階段のポイントも釣り人はまばら。釣れ出したという情報が出れば一気に釣り人も増えるはずだが・・


飯野川橋より下流側はこれからの状況次第

飯野川橋下流「根」のポイント周辺は本来ならマス釣りのアングラーが並ぶポイント。しかし今季は釣り人の姿はまばら、大堰が開かないため流れが無く、魚の雰囲気もほとんどない状況。

ハイシーズンになると魚が跳ねる光景も普通にみられるのだが、やはり上流で雨が降って流れが出てこないと厳しいようだった。逆にいえば、追波湾には遡上を待つ魚が溜まっているはずなので、状況が好転すれば一気に爆釣になる可能性もありそうだ。

村岡さんが得意とする根のポイント。過去には取材中に63cmを上げている場所
[関連]

追波川の63cmサクラマス

飯野川橋。ハイシーズンにはこの護岸に釣り人が並ぶ

北上追波漁業協同組合の遊漁区域、放流事業

追波川を管轄する北上追波漁協も取材を行った。同漁協はシジミが名産だが、サクラマスにも力を入れていて、毎年5月の連休後に北上大堰下の河川事務所周辺で約3万尾のサクラマス幼魚(ヤマメ)の放流を行っている。

遊漁料は日券700円、年券3,000円(小学生以下無料、中学生・肢体不自由者半額)なので、釣行時は忘れずに購入していただきたい。河北町から南の追波川(北上川)のほか、神取橋より下流の旧北上川も同漁協の管轄になる。
[北上追波漁業協同組合遊漁規則(PDF)]

 
 
 

釣りTiki東北杯サクラマスin追波川エントリー受付中!

4月21日(日)には「釣りTiki東北杯サクラマスin追波川」を開催します。4月下旬の大潮周り、この時期には爆釣シーズンに入っているはず!皆様のエントリーをお待ちしております。



[関連]

釣りTiki東北杯サクラマスin追波川



◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

 
 
PR