document.write(''); [釣行記]岩手渓流トラウト好シーズン!春を感じてリフレッシュ | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

岩手渓流トラウト好シーズン!春を感じてリフレッシュ

小山 哲平 2019年4月13日配信   【岩手】

岩手の渓流は3月1日の解禁から1か月以上が経過して、いよいよ本調子。過ごしやすい陽気になり、川歩きも快適&健康的!釜石市の釣具オヤマ小山哲平さんのレポートです。

ネコヤナギの芽を見ながら入渓
 
 
 

自然あふれる岩手の河川の魅力を体で感じる

岩手の渓流のトラウトが好季を迎えている。例年、岩手のイワナ、ヤマメは雪の少ない沿岸河川から釣れ始め、内陸河川は雪解けを待って本格シーズンを迎えるのだが、今冬は岩手県内陸部も雪が少なく、沿岸、内陸ともに早めにシーズンに入っている。

岩手県の山間部は河川沿いに林道が整備されている場所が多く、釣り場の多さ、渓魚の魚影ともに魅力にあふれている。ゴールデンウィーク以降は釣り人のプレッシャーで徐々に厳しくなってくるが、それでも、他地域のアングラーがうらやむ恵まれた環境にあるといえる。

釣果ももちろん重要だが、渓流の釣りは山歩きも楽しみの一つ。春のすがすがしい空気を吸って林間で体を動かし、綺麗な魚と出会う喜びは他の趣味ではなかなか味わえないものだ。

春の陽気を体感、渓流を釣り歩くだけでも楽しい
ルアーにヒットしたヤマメ。もちろん魚と出会えるとうれしい
雪が無くなってフキノトウもすっかり開いていた
使用した「NEWヴァンキッシュC2000SHG」(シマノ)。軽さと剛性を高め、操作感が抜群。ライントラブルも無く、自在に操作して魚を掛けることができるリール

早春の攻略は淵の見極めが重要なポイントになる

一気に陽気がよくなってきたとはいえ、早春の渓流はまだまだ水温が低く、魚達の活性も低め。よほど条件が整わないと流れの速い所に出てくるようなことは少なく、流れの緩いポイント中心に探っていく釣りになる。

早春のポイントは淵周りが中心になるが、この時期は淵の見極めも重要。すり鉢状になった深い淵や絶壁に囲まれたような暗い淵は春先は厳しく、もう少し後のシーズンの釣り場。

今頃の季節に有望なのは、フラットにゆっくり流れながら、ある程度水深のあるような所。河川周りが開けた環境で、水温が安定して上がりやすい場所だとさらに期待が持てる。

開けた緩い流れで、なおかつある程度の水深がある所を見つけられれば期待大
[使用したルアー]
上)イッセン(アムズデザイン)
下)カーディフピンスポット(シマノ)

ミノーの動きを使い分けて早春トラウトを攻略

この時期、小渓流ではアムズデザインの渓流ミノー「イッセン」からスタート。流れに乗せながら、ヒラ打ちで誘うことが得意なルアーで、比較的ルアーに反応のよいトラウトを狙い撃ちにしていく。

 
 
 

イッセンでの釣果

こんないかつい顔をしたイワナも

そして、少し深めのポイントで、少し下のレンジを攻めたい時にはシマノの「カーディフ ピンスポット」にチェンジ。AR-Cシステムを搭載し、スペースの限られたポイントでも攻略しやすい。

ピンスポットの釣果

三陸などの小渓流で多くみられる、短い距離で水深もそこそこあるようなポイント

穴場を探してラン&ガン フットワークも大切

山間部の多い岩手県は、トラウトを狙える渓流河川も豊富で、いろいろな水系、流域を釣り歩きながら条件の良い釣り場を探しているだけでも楽しくなってくる。先行者が多いエリアもあるはずだが、穴場も結構あるので、自分だけの穴場を見つけて良い思い出を作っていただきたい。

三陸沿岸の最新情報や釣り具の案内は釜石市の釣具オヤマで。アットホームな雰囲気のお店なので、ちょっと分からないことなどは、哲平さんに気軽に相談できます!


大きな地図で見る
【お店のアクセス】
店舗は、国道283号線添いの釜石市内にある。内陸方面からだと、仙人峠道路の釜石西ICを降りてちょっとのところ。釜石線・松倉駅を目印にすると分かりやすい


◆記事に書けない裏話や質問への回答はweb版 無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

PROFILE:小山哲平

甲子川中流域にほど近い釣具オヤマの若旦那。ロックフィッシュやヤリイカなど、陸っぱりから船釣り、渓流まで釜石周辺のあらゆる釣り物に詳しく、旬の釣りは自ら実釣テスト!東北各地への遠征経験も豊富



取材・解説/小山哲平
取材協力/釣具オヤマ(釜石市)TEL:0193-23-7754
 
 
PR