document.write(''); [釣行記]仙台湾ロックフィッシュ 深場の大型ソイ&メバル | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

仙台湾ロックフィッシュ 深場の大型ソイ&メバル

佐々木 俊 2019年4月16日配信   【宮城】

仙台湾のロックフィッシュゲームは冬場から低水温期のパターンが続いている。シャローゲームは厳しい季節だが、深場のポイントでは良型のソイ、メバルを狙える好機!

この日は曇りで雨、雪が混じる天候
魚探の反応を頼りに、ピンポイントを撃っていく
 
 
 

仙台湾沖 水深45m前後の漁礁周りがポイント

多賀城市貞山堀の遊漁船「フィッシングシンドローム」で仙台湾のクロソイを狙った。貞山運河から50分ほど走りポイントへ到着。最初のポイントは水深45mの漁礁。魚探の反応を見ながらピンスポットでシューティングをしていくゲーム。

朝一の流しでバタバタと釣れ出し、船内は大忙し。クロソイ狙いでは6インチクラスのシャッドテールなど、大きめのワームでアピールしてあげることで他の魚を避けて狙って釣ることができる。

60g前後のメタルジグではメバルがコンスタントに釣れてきた。「スプーンテールライブロール6インチ」でスイミングすると、40アップのクロソイをさい先良くキャッチ。

良型のクロソイをキャッチ

しかし、8時半を過ぎた頃から潮止まりを迎え、潮が動き出す10時過ぎまではアタリがピタリと止まった。

50UPの大型クロソイも期待大

10時が過ぎ再び潮が動き出すと反応が出始め、クロソイ、メバルが釣れ始めた。

ここで「キジハタグラブ」を投入すると40センチ弱のクロソイをキャッチ。

40cm級のクロソイは高確率にヒット!

50アップのクロソイを狙うため「パワースクイッド」のスイミングで誘うと待望のバイトを得るも惜しくもラインブレイク。

予報通り11時過ぎから雨が降り出し、次第に強くなってきたので12時過ぎに帰港。

全体的に潮の動きが悪く、魚の反応も渋くバラシが多かったが、船中クロソイ20本以上、メバル多数という釣果だった。

同船者も良型メバル、クロソイを釣り上げた
こちらは過去の釣果。50UPの大型も実績あり!
クロメバルの他にオキメバル(ウスメバル)も
[使用タックル]
■ロッド:ノリーズ ロックフィッシュボトムパワーオーシャンRPO 711LS
■リール:シマノ ヴァンキッシュC3000
■ライン:バリバス ソルトウォーターフィネスPEX8 0.4号
■リーダー:バリバス ハードトップTi NICKS 3号
■ルアー:エコギア キジハタグラブ4.5インチ、パワーシャッド6インチ、パワースクイッド7インチ、パワーダートミノー90
ノリーズ スプーンテールライブロール6インチ
■リグアイテム:エコギア スイミングテンヤ30g、40g、50g、コールアップヘッド40g、50g、パワーダートヘッド20g

[当日の状況]
天気 曇りのち雨、雪
水温 7℃
ポイント 水深42m~47mの漁礁

VARIVASアバニ ソルトウォーターフィネスPE X8」(モーリス)
強度と耐久性に優れ、究極のフィネスゲームを可能にした極細PEライン。細くて水切れが良いためディープゾーン攻略にも最適
VARIVASハードトップ TiNICKS(ティーアイニックス)」(モーリス)
リーダーにはチタンコーティングとスーパータフコーティングのW処理を施したこちらのフロロカーボンラインを使用。表面が強力コーティングされているため、根ズレに強く、漁礁などを攻める釣りにぴったり
[遊漁船紹介]フィッシングシンドローム
■竹下将真船長
■TEL:090-6259-9131
仙台湾周辺のロックフィッシュ、フラットフィッシュ、マダイゲームに精通。最先端のガーミンの漁探を導入中


◆記事に書けない裏話や質問への回答はweb版 無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!



※取材・テキスト/佐々木俊
※協力/フィッシングシンドローム(宮城・貞山運河)

 
 
PR