document.write(''); [釣行記]庄内磯釣りクロダイのっこみシーズン | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

庄内磯釣りクロダイのっこみシーズン

亥飼 真司 2019年5月 8日配信   【山形】

東北日本海側の磯釣りがシーズンイン。山形県庄内磯もクロダイののっこみが盛期を迎えている。宮城県在住の亥飼真司さんがゴールデンウィークの庄内釣行をリポート。





 
 
 

ゴールデンウィークの5月3日に庄内磯エボシ島へ釣行

5月3日は前日からのウネリが残っており、渡船は「えぼし」に限定されました。釣り座は表(沖側)は波が被っていた為、地方向きでの釣りとなりました。

エボシ岩

私の釣り座は船着き場の横にある山の反対側です。潮は地方を向いて右から左、下り潮です。自分の立ち位置から左側は一面サラシが出ています。

岸に近く、烏帽子状の岩により外洋の波風を避けられる。左側のサラシの沖にみえるのが有名な四ツ島(留棹庵島)

潮の状況に対応 計4枚のクロダイをキャッチ!

釣り始めの仕掛けはウキはキザクラの「D-Flatz74」を固定で使用。仕掛けをあちこちに入れてみましたが、沖側(陸との間の)は釣り始めの状況では期待が薄そうでしたので、ポイントは磯際から竿一本(5m)位を狙う事にしました。

釣り座近辺のサラシの無い場所から仕掛けを投入し、仕掛けを馴染ませていきます。

手前のサラシの切れ目付近から仕掛けをなじませる

左側へ仕掛けが流れて行くとサラシがキツく仕掛けが沖へ飛ばされて浮いてしまうので、ガン玉で仕掛けの角度とウキの浮力を調整。右から左の潮に乗せ、サラシの下へとウキと仕掛けを滑り込ませる作戦でしたが、仕掛けの角度、ウキの入り方が今一納得いかなかったので、今度はウキの固定をやめて全層としました。

今度は付けエサがストレス無くサラシの下の狙うべきポイント、下の潮へとしっかり入って行きます。ウキも付けエサに引っ張られサラシ下の流れにキチンと入って行きます。この釣り方で2枚釣ることが出来ました。

その後はサラシが少し弱まったのと、風が気になり始めたのでウキを風に強い二段ウキの「D.SUS Macro」&「ディンプルMacro」へとチェンジ。潮の流れに乗せて仕掛けを流して行き、30m程先で1枚追加しました。

この日、最後の1枚は潮が緩んだタイミングで自分の正面で仕掛けが滞留したタイミングで掛かってくれました。

釣果は私が4枚で、友人二人と合わせて10枚となりました。波で釣り座が限られ厳しい中、えぼし全体では約12名程で30枚は超えたのではないでしょうか?

マダイらしき魚に切られた方もいらっしゃいました。船長の話しでは釣果の出ている「えぼし」です。

仕掛け全体が軽い全層仕掛けにも最適な「VARIVASバーマックス磯 ゼロフカセ」と、強度、耐久性に優れたフロロハリスの「VARIVASバーマックス磯 ゼロハリス・フロロカーボンを使用。ハリは「GRANジークチヌ ゼロフカセ」の4号


モーリス(MORRIS) ライン バーマックス磯ゼロハリス 50m 1.5号
モーリス(MORRIS)
売り上げランキング: 927,954
モーリス(MORRIS) GRAN ジークチヌ ゼロフカセ 4号
モーリス(MORRIS) (2013-09-18)
売り上げランキング: 671,602


[5月3日の釣行情報]
・場所 堅苔沢 えぼし
・釣果 クロダイ4枚 サイズ36~40cm
・使用タックル
ロッド DAIWA 銀狼王牙06ー53
リール DAIWA TOURNAMENTO ISO 3000SHーLBD
ライン VARIVAS バーマックス磯ゼロフカセ 1.5号
ハリス VARIVAS バーマックス磯ゼロハリス 1.5号
ハリ GRAN ジークチヌ ゼロフカセ 4号
ウキ Kizakura D-Flatz74 PーJ3
D.SUS Macro&ディンプルMacro 上ウキ4Bー下ウキ4B
・エサ 生オキアミ 練り餌(イエロー)

ダイワ(DAIWA) スピニング ロッド 銀狼王牙 AGS 06-50SMT 釣り竿
ダイワ(DAIWA) (2015-01-21)
売り上げランキング: 542,879
キザクラ(kizakura) UZAWA D-Flatz 74 P-J3 イエロー
キザクラ(kizakura) (2013-06-24)
売り上げランキング: 684,186


翌5月4日も堅苔沢の沖磯「すべり」で好釣果

前日の3日よりウネリも落ち着いてきたので、4日は前日の「えぼし」より地方にある「すべり」という磯に上がりました。正面の沖には四ツ島が見えます。

沖側には灯台島などからなる四ツ島

この場所の潮は朝から沖を向いて右から左へ「上り潮」が終始流れていました。

朝一は上り潮に引っ張られ、足元から出るサラシに仕掛けを入れると、そのまま沖に出ていく状況でした。釣り始めのウキは「D-Flatz74」を使い、ウキ止めを付け、固定仕掛けで沖に出ていく潮に乗せ、仕掛けを流していくとマダイ、クロダイと釣れてくれました。

順調にマダイとクロダイの釣果

その後、沖に引っ張られる流れが弱まってきたので、今度は仕掛けを直接沖に投入。30~50m付近を攻め、クロダイを追加しました。

少し風が出て遠投が難しくなった時にはウキを遠投の利く「黒魂Tiny」へとチェンジし対応しました。

沖へ出る流れもなくなり、足元まで上り潮が入り横流れとなったタイミングで『下の潮を掴む』、『風対策』の目的でウキを「D.SUS」に変え、タナまでしっかりと仕掛けを入れる事に専念しました。この流れの時は際近辺でのアタリが多くなりました。

磯のキワ付近でのアタリが多くなった

仲間三人でクロダイ18枚、マダイ2枚と好釣果に恵まれました。

堅苔沢近辺では沖磯、地方の磯共に好調でクロダイの他にマダイも入って来ています。他のエリアでも段々と釣果が上向いてきています。これからがクロダイ、マダイのハイシーズンです。



[5月4日の釣行情報]
・場所 堅苔沢 すべり
・釣果 クロダイ 35~42cm 8枚
    マダイ  36cm 1枚
・使用タックル
ロッド DAIWA 銀狼王牙 0.6号 5.3m
リール DAIWA TOURNAMENT ISO 3000SHーLBD
ライン VARIVAS バーマックス磯ゼロフカセ 1.5号
ハリス VARIVAS バーマックス磯ゼロハリス 1.5号
ハリ GRAN ジークチヌ ゼロフカセ 4号
ウキ Kizakura D-Flatz74 PーJ3
D.SUS Macro&ディンプルMacro 上ウキ4Bー下ウキ4B
       黒魂Tiny[タイニー] B
・エサ 生オキアミ 練り餌(イエロー)

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 トーナメント ISO 3000SH-LBD
ダイワ(DAIWA) (2015-09-30)
売り上げランキング: 275,378
キザクラ(kizakura) UZAWA D.SUS マクロ セット 4B-4B レッド
キザクラ(kizakura) (2013-06-27)
売り上げランキング: 28,355


[関連]

磯釣りのラインの選び方



◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

PROFILE:亥飼 真司

東北各地の他にも北陸方面や関東方面にも釣りに行きます。海の釣りは色々やりますが、最近は磯釣りの合間にテンヤマダイやタイラバに行ってます。サポートメーカー:モーリス。MFC(みなとやフィッシングクラブ)所属


※取材・テキスト/亥飼 真司

 
 
PR