document.write(''); [釣行記]宮城沿岸フラットフィッシュがハイシーズン突入! | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

宮城沿岸フラットフィッシュがハイシーズン突入!

編集部 更新日 2019年6月13日   【宮城】
 

宮城県南~仙台サーフから始まった2019年のフラットフィッシュシーズンは東松島や石巻方面でも釣れるようになり盛期を迎えている。ハイシーズンで賑わいをみせる県南サーフを取材してきた。



 
 
 

宮城県南サーフ 夜明けに合わせて釣り人が続々集結

梅雨入り直前、オーシャンルーラーフィールドスタッフの鈴木貴博さんは宮城県南エリアの砂浜海岸に釣行。ここのところ安定して釣れているという鳥の海南側のサーフでヒラメ、マゴチを狙った。

夜明け前の3時半頃に鈴木さんが下見をした時は防潮堤の脇にはほとんど車がみられなかったが、太陽が上がるとともにアングラーが続々と集結。平日の早朝にも関わらず、20人ほどの集団のプレッシャーの中で実釣することに。

鳥の海河口より南側の県南サーフへ
平日の早朝ながらアングラーが続々と集まってきた

朝マヅメのチャンスタイム 50UPのマゴチがヒット!

防潮堤の上から様子をみていると、集団の真ん中あたりでマゴチがヒットしているのを確認。鈴木さんは先行した常連さん達が並ぶ一帯の端っこからスタートすることに。

朝駆けアングラーが続々と増え続けるが、その後は周りでも釣れている気配はなく、時合い待ち。右手のヘッドランドに当たって潮流が出来ているらしく、右から左に潮が効いて雰囲気は良好。

最初は遠投に向く「ガンガンサーフ・フラッター」から始めたが、活性があまり高くない状況に対応するためシルエットの小さい「ガンガンジグSJ」にチェンジ。

ショア専用スロージグの「ガンガンジグSJ」のフォールで誘っていると、沖のブレイク付近に遠投したSJが着底するかしないかのところでヒット!50cm超のまずまずサイズのマゴチをキャッチすることができた。

 
2019年春発売されたばかりの「ガンガンサーフフラッター(オーシャンルーラー)」からスタート。リアフックはブレードチューン済み




沖のブレイク付近に遠投して釣れてきた50UPの良型マゴチ
ヒットルアーは「ガンガンジグSJ(オーシャンルーラー)」。左右非対称、幅広フラッシングボディのショア専用スロージグ。多様なイレギュラーフォールでバイトを誘発!
OceanRuler(オーシャンルーラー) メタルジグ ルアー ガンガンジグSJ 30g アカキン
OceanRuler(オーシャンルーラー)
売り上げランキング: 68,500


時合い到来 鈴木さんの両脇でマゴチが連発!

鈴木さんが1本釣り上げた後、一帯のアングラーが両サイドを囲むような形に展開。ここから時合いに入ったのか、左隣に入った常連のアングラーが、短時間にマゴチを5連発!潮の効き具合などにより、日によって魚が集まる場所は異なるようで、そのあたりも分かって行動しているようだった。

散らばっていたアングラーが鈴木さんの左右に並ぶ状況。右の方ではヒラメもヒットしていた
時合いに突入。すぐ左で釣っていた常連さんはマゴチを5連発
下げ潮が効いてくると右から左方向に潮が流れ、ルアーもかなり流される状況。潮上の方へ投げて、潮に流されながら誘う必要があった
沖のブレイク付近にバイトが集中した

鈴木さんが両脇を地元アングラーに堅められて苦戦する中、所属するチーム釣無魚(ボウズ)の早坂直樹さんが助っ人に登場。夜勤明けでお疲れの中、「ガンガンサーフ・フラッター」でマゴチをキャッチ。宮城沿岸のサーフの人気カラーであるグリーンゴールドで連続してヒットさせた。



夜勤明けの早坂さんは鈴木さんのすぐ隣で釣り始めた
ほどなく、ちょっと小さめながら本命マゴチを釣り上げた
ヒットジグは「ガンガンサーフフラッター(オーシャンルーラー)」のグリーンゴールド。飛距離抜群の後方重心。バックスライドとウォブンロールの組み合わせで食わせるサーフ専用設計ジグ
続けて、空いているスペースに移動して良型マゴチをキャッチ。こちらも「ガンガンサーフフラッター」使用
7時頃になると帰宅や出社のために一人また一人と釣り人が減ってきた。潮はどんどん引いていく(11時頃最干潮)
最干潮に向かうにつれ、ブレイクが近く狙いやすい状況になってきた
汀線付近にできた水たまり。このような波によってできた凹みが沖にもあって、コチやヒラメが集まる場所になっている

朝7時を過ぎると、釣り人も引き潮なのか残るは数人に。潮の流れでゴミが寄せられ、1投げごとに藻やゴミが引っ掛かるようになり一気に釣り辛くなってきた。

ただ、この日の最干潮時間は11時頃、潮が引いて沖のブレイクを狙いやすくなるここからの時間帯も期待は十分。「干潮時間は通い慣れた二の倉海岸にいってみますかね」と鈴木さん。

鳥の海河口より少し北側に移動し、二野倉方面の海岸へ


最干潮時に合わせた場所移動がハマって良型追加!

二の倉海岸へと移動。数人の先行者の先の空いているスペースをラン&ガンで攻めることに。先行のアングラーを見ると、短時間の間に結構アタリがあるようだった。

沖のブレイクまでなだらかな波で、ゴミもほとんど無く釣りやすい状況
まずは早坂さんがガンガンサーフフラッターでソゲクラスのヒラメを釣り上げた
「ガンガンサーフフラッター」のピンクオレンジベリーで良型のマゴチをキャッチ




約57cmのこの日一番のサイズ!
釣り上げたコチ、ヒラメは全て元気な状態でリリース!
鈴木さんは「ガンガンジグ II(オーシャンルーラー)」のキンアジカラーでもコチを釣り上げた。日中の太陽の高い時間帯はフラッシングボディも効果大だ
一帯の魚影は濃く、たまっている場所でなくても広範囲にコチはいるようだった

下げ潮と沖のブレイク攻略がこの日のキーポイント

この日の状況と攻略パターンを鈴木さんに説明してもらった。

この日は沖のブレイクを狙ってキャストし、凸部から降り始めたカケサガリにアタリが集中




この日は潮が高い時間帯はポイントになるブレイクが遠く、なかなか攻めきれない部分があったが、潮が引くとともに沖のブレイクが近くなり、次第に釣りやすい状況になった。潮の干満を調べて、攻めやすい干潮時間帯を狙って釣行するのもサーフゲームでは重要になる。

干潮の後もポツポツと釣れ続けたが、夕マヅメ狙いのアングラーと入れ替わりに撤収
取材前日のキャロでの釣果。この日は魚の食いが渋く、キャロライナリグのスローな動きにしか食わなかった。状況によりジグより釣れることもあるので、ワームとキャロの用意もしておくと良いだろう
OceanRuler(オーシャンルーラー) インターシンカー 24g 徳用.
OceanRuler(オーシャンルーラー)
売り上げランキング: 128,624
ワームフック エクストラホールド #2/0
オーシャンルーラー
売り上げランキング: 773,709


 
 
 

使用したアイテム

使用したラインは高強度、高耐久PEラインの「VARIVASハイグレードPE X4(ウォーターブルー)」の1号。ラインのスベリをよくする「PEにシュッ!」を吹きかけて使用。リーダーは「VARIVASショックリーダー [フロロカーボン]」の16Lb(いずれもモーリス)
モーリス(MORRIS) ラインコーティング剤 バリバス PEにシュッ! 100ml
モーリス(MORRIS) (2010-08-08)
売り上げランキング: 3,171
ヘビキャロの場合、中通しシンカー部分には適度な伸びのある「VARIVAS VEP ショックリーダー[ナイロン]16Lb」を。スイベルからフックは「VARIVASショックリーダー [フロロカーボン]」の12Lbで接続
鈴木さんのロッドはテイルウォークの「SALTYSHAPE DASH SURFALT ソルティシェイプダッシュサーフラット106M+」あらゆるサーフルアーを遠投できる10フィート超のモデル
テイルウォーク ソルティシェイプダッシュ サーフラット 106M+
テイルウォーク
売り上げランキング: 518,337
ヒットジグは上から順に、省シルエット、フォールで誘うスロー系の「ガンガンジグSJ」。「ガンガンジグ II」はタダ巻きでもフラフラと誘って、フラッシングでも食わせられる。早坂さんが多数ヒットさせていた2019新製品の「ガンガンサーフフラッター」は遠投性に優れ、遠くのブレイクもしっかり攻めきれるサーフ専用ジグ
(メーカーはいずれもオーシャンルーラー)
岩沼市の海岸一帯は千年希望の丘などの震災復興公園が整備されている。周囲の迷惑にならないよう、駐車スペースやゴミ捨てなどのマナーをしっかりと守って楽しみたい
[関連]

2019釣りTiki東北フラットフィッシュ亘理



◆記事に書けない裏話や質問への回答はweb版 無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

※解説/鈴木貴博
※取材協力/オーシャンルーラー
 
 
PR