document.write(''); [釣行記]初めてでも楽しめる!宮城のヒラメ&マゴチゲーム | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

初めてでも楽しめる!宮城のヒラメ&マゴチゲーム

編集部 更新日 2019年6月14日   【宮城】
 

宮城出身のハピソンガール・みなせちわさんが宮城のフラットフィシュゲームに初挑戦!宮城県南をホームとして通い込む野口理人さんのガイドで見事にマゴチとヒラメをキャッチ!初めてでも十分に楽しめる、陸っぱりのフラットフィッシュゲームを紹介します。



 
 
 

宮城のフラットフィッシュゲーム人気沸騰中!

宮城県南エリアのフラットフィッシュがハイシーズン。今回、ガイド役を務めた野口理人さんによると、今季は4月下旬から釣果が聞こえ始めたものの、5月に入っても冷水が抜けずポツポツ。5月上旬はヒラメの姿が多く、5月中旬頃からようやく冷水が抜け始めてマゴチが上向きになってきた。

本格的なシーズンに入った中、ハピソンガールのみなせちわさんとともに宮城県南のヒラメ、マゴチを狙ってきた。

当日明け方は豪雨。昼前頃から回復する予報。小雨が降るタフコンディション中でのスタートフィッシングとなった
フラットフィッシュは初挑戦のみなせちわさん。タックル一式を野口さんにレンタルさせてもらって実釣開始
明け方の豪雨でゴミがうるさかったため、まずは状況確認も兼ねてキャロで丹念にポイントを探ることに。釣り上げたのは助っ人の福多さん
ガイド役の野口さんも本命GET。ポツポツとアタリがあるもショートバイトが多かった
キャロで丹念に探った後、ちわさんはフィッシュアローの「FLASH VIB HEAD(フラッシュバイブヘッド)」にスイッチ
FLASH VIB HEAD(フラッシュバイブヘッド)」(フィッシュアロー) アルミを内蔵し、激しいフラッシングで誘うフラッシュJがバイブレーションヘッドと融合!ショア、ボートなど様々なシチュエーション、多様なターゲットを狙える万能性の高いルアーとして登場
ラインツイスター」(ハピソン)
PEラインとショックリーダーを簡単に結束。摩擦系ノットのラインシステムを安定した強度で構築できるアイテム。0.6~3号まで対応するこちらのモデルのほか、2~10号のジギング用、0.1~0.8のライトゲーム用もあり
ハピソン(Hapyson) ラインツイスター YH-716P
ハピソン(Hapyson) (2013-08-11)
売り上げランキング: 7,012
充電式ヒートカッター」(ハピソン)
2019年5月に発売したばかりの新製品!USB充電式の発熱式ラインカッターで、様々な材質のラインカットやノットの端止めが可能。水しぶきに強い防滴構造
ハピソン(Hapyson) YQ-900 充電式ヒートカッター YQ-900
ハピソン(Hapyson) (2019-05-20)
売り上げランキング: 31,157


フラットフィッシュゲーム初挑戦のみなせちわさんにマゴチ&ヒラメ

 
フラットフィッシュ初挑戦のちわさんに念願の初ヒット!!カワイイサイズに満面の笑み。次はサイズアップ!!
野口さんから誘い方のレクチャーを受けてショートバイトを克服したのか、次第に小さなアタリをヒットにつなげるちわさん
コチに続き今度はヒラメがヒット
計測釣りはかり」(ハピソン)
釣り上げた魚の重さをデジタル表示できる機能付きフィッシュグリップ。無料の釣り計測アプリと連動することで、アプリで撮影した写真に全長と重さを表示可能
ハピソン(Hapyson) 計測グリップ. YQ-810B
ハピソン(Hapyson)
売り上げランキング: 125,586
計測グリップライト」(ハピソン)
機動性に優れた軽量タイプの計測グリップ。専用アプリを入れたスマホで撮影することで、サイズを計測できる
ハピソン(Hapyson) 計測グリップライト YQ-820
ハピソン(Hapyson)
売り上げランキング: 294,673
メジャーマーカー」(ハピソン)で先ほどの釣り上げたヒラメのサイズを測ってみた。無料の「釣り計測アプリ」でメジャーマーカーと魚を一緒に撮影すると、魚のサイズが測れ、日付とともにデータを保存できる。125cmと65cmの2タイプあり、ロックやフラットなら65cmサイズが適。結果は44cmだった
ハピソン(Hapyson) メジャーマーカー 65cm YQ-870S
ハピソン(Hapyson)
売り上げランキング: 32,606
ヒラメに続いてマゴチ。時合いが重なったことと、コツをつかんだことで連続ヒットにつながった
周辺上空の鳥が騒がしくなってきた。干潮に差し掛かるタイミングにベイトが入り込んできたようだ


下げ潮の時合いに良型マゴチがヒット

下げ止まり前のタイミングで今までにないアタリがあり、ロッドが大きく絞り込まれる
キャロ仕様の「Flash-J Split 4″SW」(フィッシュアロー)をガッチリフッキング。幅広マゴチをゲット
サイズを計測したところ57㎝の良型マゴチ




朝の豪雨がうその様。すっかり天候も回復し日差しも照ってきた。このタイミングでまたまたスイッチが入り時合突入。マゴチ連釣の他、イシモチ、シーバスと多彩な顔ぶれが勢ぞろい。



マゴチ
イシモチ
シーバス
【野口理人さんタックル】
■ロッド:バレーヒル フラットセイバー104MH
■リール:ダイワ 19セルテートLT4000-CXH
■PE:よつあみ アップグレード0.8号
■リーダー:サンライン FCスナイパー14Lb
■シンカーウエイト:自作40g
■フック:ささめ針 ストレート2/0
[関連]

サイファリスト・フラットセイバーを紹介



翌日は県南サーフに釣行し爆釣状態に!

翌日は県南サーフ・二野倉方面の海岸へ。フィッシュアロー「フラッシュバイブヘッド」28g(プロト)やフラッシュJのキャロでガンガン攻めまくり、午前中でお腹いっぱいの釣果に。

翌日の釣行でも「FLASH VIB HEAD(フラッシュバイブヘッド)」(フィッシュアロー)を使用
マゴチ、ヒラメ、マゴチ、・・
半日で十分満足いく釣果を上げた

野口さんのキャロテクニックを紹介



スタンダードにリフト&フォールやズル引きでも十分に釣れるのだが、野口さんの場合はサオ先の調子を利用しながらチョンチョンと誘いをかける。20cm幅のリフトをさせるイメージ。

色々なテクニックを駆使して、盛期の釣りをお楽しみいただきたい。



◆記事に書けない裏話や質問への回答はweb版 無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

 
 
PR