document.write(''); [釣行記]2019仙台湾ソルトアングラーミーティングVol.13(金華山沖タラジギング)をレポート | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

2019仙台湾ソルトアングラーミーティングVol.13(金華山沖タラジギング)をレポート

編集部 2019年6月16日配信   【宮城】

震災後、宮城の釣り船の出船が再開された2011年6月から継続して行われている「仙台湾ソルトアングラーミーティング」。毎年、初夏と秋の2回のイベントだが、初夏のターゲットはマダラ。パワフルな夏ダラをジギングで狙える季節の到来だ。

[関連]

仙台湾ソルトアングラーミーティングVol.13概要



 
 
 

自由に海に出られる喜びかみしめ仙台湾へ

2019年5月26日(日)、TOP Range (丹野正文代表)主催による「仙台湾ソルトアングラーミーティングVOL.13」が開催された。

3.11震災後、2011年6月から出船を再開している宮城のゲームフィッシングをさらに盛り上げるべく、志あるアングラーが全国各地から集結。今回のターゲットは仙台湾金華山沖のマダラ。初夏の好季、良型を求め盛大に行われた。

当日参加者は、第一海友丸と登竜丸に乗船。漁場到着後実釣開始となった。金華山沖のポイントは風もなく穏やかなベストコンディション。

当日の最高気温は30℃超の予報。午前4時にもかかわらず、すでにジリジリと日差しが暑い。参加者達は、第一海友丸と登竜丸に乗船し金華山沖を目指した
漁場到着後、競技開始。快晴、ベタなぎのベストコンディション

狙うはディープの巨大マダラ スタートからまずまずの釣れっぷり!

マダラの活性はマズマズで投入ごとにヒット。参加者はデップリとしたマダラの引きを満喫。エントリーした参加者全員が本命をキャッチすることができ船上はヒットごとに大きな盛り上がりをみせた。

この日は型狙いのため200m以深のデープエリアに。潮流が激しく、2枚潮だったため700g前後のジグが主体となった。

合図とともに投入。アタリも頻繁にありマダラのコンディションもマズマズ
ゲストアングラーのKOMO代表、薦田真司さんもディープゾーンを堪能。ロッドがグイグイと絞り込まれる
ジグはマダラジギングの定番ジグKomojigタラスペシャル「MAGNUM700g。片面がグローストライプでアピール度抜群
オリジナルタコベイト。フックはこだわりのシングルフック「GT-ONE3.5(KOMO)」。オーバーサイズのシングルフック仕様で口元にがっちりフッキング。タコベイトとフックの間には捨て糸を使用しロストを軽減




吐き出したベイト。半分以上消化されているが、これはメロウド?
優勝した伊藤守さん
大物賞と準優勝のダブル受賞、渡辺吉宏さん
3位入賞の平間義弘さん
登竜丸乗船、匹数では11匹を釣り上げ竿頭だった宍戸健太郎さんは4位入賞
コンスタントに良型をゲット。5位入賞の佐々木和夫さん
ゲストアングラー FISHERMAN社代表の鈴木文雄さん。金華山沖のディープマダラの引きを堪能。「久々のタラジギングを満喫して頂きました」
ゲストアングラー、ディープライナー・スタジオオーシャンマークプロスタッフの西本康生さん。紫外線対策はバッチリ

ほぼ全員がマダラを釣り上げ検量も大盛況

後半は反応があってもなかなか食わない時間帯などもあったが、大型マダラが多数キャッチされ、イベントは今回も大盛況となった。

「今回は参加アングラーほぼ全員がマダラをキャッチする事が出来、天気も良く最高のミーティング日和でした。震災のあった年は遺体捜索や瓦礫撤去など一通り終わった6月1日にようやく沖へ出る事が出来ました。この時一緒に沖に出たアングラー、メディア関係者、船長全てのメンバーにとって忘れられない1日になるとともに何とも言えない一つの思いと感動を覚えました。それを忘れない為にも毎年同じ時期に集まろう。という事がきっかけで始めたイベントです。平和だからこそ釣りが出来るという事、自然の恵みへの感謝を抱きながらも自然の驚異も忘れない事。そして沿岸部の復興になることを一つ釣り人目線で行いたいという思いで今後も続けて参ります」とトップレンジ代表の丹野さん。なお今回、大会参加費の一部を仙台湾の稚魚放流資金として寄付される。

今後も「仙台湾ソルトアングラーミーティング」は継続が決定していて、次回の秋ミーティングは前回大盛況だったブリ、ワラサジギングが好シーズンを迎える10月に開催される。

検量時。大物が持ち込まれるごとに大歓声
表彰式風景。今大会主催のトップレンジ代表丹野さんが総評を述べた
今大会ゲストアングラーの鈴木文雄さん、薦田真司さん、西本康生さん

大会リザルト

マダラ3匹の総重量で計測。

【上位入賞者】
優勝/伊藤 守 17.32㎏
2位/渡辺 吉宏 15.5㎏
3位/平間 義弘 15.0㎏
4位/宍戸健太郎 11.73㎏
5位/佐々木和夫 11.56㎏
大物賞/渡辺吉宏 10.26㎏
※敬称略

【協賛】
(株)シマノ・(有)フィッシャーマン・(株)ディーパースファクトリー・(株)スタジオオーシャンマーク・KOMO・(株)モーリス・(株)タックルハウス・(株)天龍・(株)ビッグオーシャン・(株)ささめ針・GAMAKATHU PTE LTD・(株)カツイチ・(株)ゴーセン・(株)ザップ・(株)サンライン・(有)ソウルズ・(株)シーフロアコントロール・サンヨーナイロン(株)・(株)竹乃皮屋・(有)つり具のニットウ・(株)釣り東北社・東邦産業(株)・日紅商事(株)・ユニチカ(株)・(株)ハヤブサ・(株)ブルーニングハーツ・ヤマリアコーポレーション・(有)リップル・(株)アムズデザイン・ニューデジタルケーブル(株)
※順不同

大会はマダラ3匹の総重量で争う形式で行われキーパーサイズを入れ替えた伊藤守さんが見事優勝に輝いた


◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

※取材協力/トップレンジ
 
 
PR