document.write(''); [釣行記]19フラットフィッシュ亘理 ヒラメ&マゴチ実釣編 | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

19フラットフィッシュ亘理 ヒラメ&マゴチ実釣編

編集部 2019年7月31日配信   【宮城】

2019年7月21日(日)に開催した「2019釣りTiki東北フラットフィッシュ亘理大会」より、競技中の鳥の海周辺サーフの状況やゲストアングラーの実釣の模様をレポート!

[関連]

2019釣りTiki東北フラットフィッシュ亘理大会







 
 
 

130名のフラットフィッシュファンが亘理町に集まった

悪天候のため、当初予定の2019年6月16日から7月21日に延期して実施した「2019釣りTiki東北フラットフィッシュ亘理大会」。宮城のフラットフィッシュゲームはシーズン後半に入り、マゴチの釣果が徐々に落ち始め、ヒラメの確率が上がってくる季節の開催となった。

当日は朝からあいにくの梅雨空となったが、130名のフラットフィッシュファンが亘理町の荒浜地区(鳥の海温泉前)に集結。帰着時間の正午までに戻ることができれば、どこのサーフに行ってもOK(河川・河口と堤防、テトラ等は禁止)というルールのもと、40cm以上のヒラメ、コチ2尾の総重量を競った。

釣りTiki東北イメージキャラクターの千葉めぐみさんのMCで開会式を行った
受け付け~開会式の時間帯はあいにくの雨に
駐車場に到着した順にスタート
運営にあたり多くの方にご協力いただいた。写真に写っていない方も含めてありがとうございました
こちらが4名のゲストアングラー。左からハピソンガールのみなせちわさん、釣りTiki東北イメージキャラクターの千葉めぐみさん、今大会アドバイサーのオライノ村岡博之さん、仙台~県南サーフの達人バディーワークス目黒毅久さん

サーフアングラーが並ぶ鳥の海河口南側の海岸へ

4人のゲストアングラーは参加者を送り出した後、雨の弱まるのを待って6時頃から釣り開始。鳥の海南側の吉田浜周辺のサーフで実釣を行った。

大会参加者が多数並ぶ中、空いているスペースに入らせてもらうが、見渡したところ釣れている気配はない。ゲストのガイド役を務めた目黒さんによればベストな状況になる最干潮までまだ時間があるとのことで、キャストしながら時合いを待つことに。

4人並んで実釣スタート!

千葉めぐみさんが念願の初ヒラメをキャッチ!

2017年のフラット大会では渡り蟹ハンターの称号を手にしている千葉めぐみさん。みなせさんも「おばあちゃんがカニ大好きなので、おみやげにカニを釣って帰りたいです!」と、女性お2人は最初からカニ狙い(?)のようだったが、予想外の結末に。

最初に本命を上げたのは千葉めぐみさん。ここ数年、仙台サーフから県南、福島県北まで通っていたが、念願の初ヒラメを取材中にGET。「最初はいつものカニかな?って思ったんですが、途中でグングンと泳ぎ出したので『カニじゃない!』ってなりました。なにしろヒラメを釣るのが初めてなので、ヒラメの引きがどんなものか分かりませんでした」

千葉めぐみさんのヒットシーン動画


ヒットルアーは「飛び過ぎダニエル30g」(ジャクソン)
村岡さんが「計測キーホルダー(ハピソン)」で測るとサイズは38.5cm。今大会の検量サイズには1.5cm足りなかったが、嬉しいショアからの初ヒラメだった
ハピソン(Hapyson) 計測キーホルダー YQ-830-G グリーン
ハピソン(Hapyson)
売り上げランキング: 114,992
またまたヒット??上がってきたのはこちら
めぐみさんのヒラメを見て周りのアングラーにもスイッチが入る

みなせちわさんには55cmの良型のマゴチ

ここで村岡さんは車にルアーを取りに戻り、千葉めぐみさんのヒットルアーと同じ飛び過ぎダニエル30gをみなせさんにも提供。「30gで飛距離が十分に出るし、底をただ巻いてくるだけでもウォブリングがアピールになるので、釣れる確率も高いと思いますよ」と村岡さん。

村岡さんがみなせさんに渡した「飛び過ぎダニエル30g」
しっかりロッドを振って飛びを実感!
違和感にビシっとアワせて掛かってきたのはカニの脚だけ


ルアーチェンジしてしばらくして、みなせさんにも待望の魚がヒット!ファイトの末に上がってきたのは55cmのまずまずサイズのマゴチだった。

みなせちわさんヒットシーン


みなせちわさんは良型のマゴチ
ハピソンの「計測グリップ」で計測アプリと連携してサイズを測ると55cmの結果!
ハピソン(Hapyson) 計測グリップ. YQ-810B
ハピソン(Hapyson)
売り上げランキング: 132,129
みなせさんの使用ロッドはバレーヒルの「サイファリスト フラットセイバーCPFS-99MM/FLAT」。40gくらいまでのジグ、ミノーを扱いやすく、サーフ、河口に幅広く対応できるオールラウンダーモデル。今大会はライトリグ用の98MLをバレーヒル社より優勝賞品としてご提供いただいた
バレーヒル(ValleyHill) サイファリスト フラットセイバー CPFS-99M/FLAT 41725
バレーヒル(ValleyHill)
売り上げランキング: 554,078

時合い突入!周囲でヒラメ、コチが連発

女性ゲストの釣果を見たからか、それまで散らばっていたアングラーが少しずつ周囲に集まってきた。そんな中、ゲストアングラー陣のすぐ隣にいた地元亘理から大会に参加したという方がヒラメ、マゴチを連続キャッチ。お話をうかがうとめぐみさんと同じで人生初ヒラメとのこと。

さらには新潟から来たという中学生アングラーにもヒラメがヒット。新潟県は夏休みが短く、大会の後で新潟に戻って翌日はまた学校だそうで、思い出に残る一日になったはずだ。

初ヒラメにニッコリ。初めての大会でこのヒラメの他にマゴチも2本釣り上げ、一躍上位候補に
新潟から参戦の中学生アングラーもまずまずヒラメを釣り上げて記念撮影!
メタルジグが下アゴにフッキング


ゲストアングラーは検量、運営のために10時過ぎには釣り場を引き上げ本部に戻った

検量場所には良型のヒラメ、マゴチが次々に持ち込まれた

やはりどこのポイントも釣りづらく、検量対象サイズのヒラメ、マゴチを持ち込んだのは27名。さらに規定の2匹をリミットメイクできたのは4名のみだったが、そんな中、1kg以上の良型を持ち込んだ人は注目を集めていた。

 
 
 

検量に持ち込まれた釣果

 

表彰式と入賞者インタビューの模様は後半の記事でお届けします!



◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

 
 
PR