document.write(''); [釣行記]19フラットフィッシュ亘理 表彰式&入賞者インタビュー編 | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

19フラットフィッシュ亘理 表彰式&入賞者インタビュー編

編集部 2019年8月 6日配信   【宮城】

2019年7月21日(日)に開催した「2019釣りTiki東北フラットフィッシュ亘理大会」より、荒浜漁港の本部会場で行った表彰式の模様をレポートします。上位入賞者が釣った時の状況や、メーカーブースの展示などを紹介。

[関連]

2019釣りTiki東北フラットフィッシュ亘理大会







 
 
 

出展したメーカーブースや名物カニ汁が大盛況

帰着時間は12時。検量、帰着を済ませた参加者は集計を待つ間、ベイトブレス、オーシャンルーラー、ハピソン、サンカラー、グリッチオイルの各ブースに集まった。

また、荒浜にぎわい回廊商店街からは名物カニ汁のお振る舞いも。表彰式を待つ間、おいしいカニ汁やランチでお腹を満たした。

ベイトブレスブース。新製品のETシャッドのほか、フラットフィッシュに有効なワームをセレクトして展示。スイムテスト用の水槽も用意!
オーシャンルーラーブース。2019年春に発売されたばかりのガンガンサーフ・フラッターを前面に出して紹介
グリッチオイルブースでは5色のオイルを展示、紹介しつつ、実際にリールメンテナンスを施してオイルの効果を実感してもらう企画を実施
偏光グラスのサンカラーブースでは136偏光グラスの無料レンタルサービスを実施。アンケートに答えた人は抽選で136偏光グラスが当たる特典も!
ハピソンブースではチェストライトやラインツイスター、充電式ヒートカッターなどを展示。ハピソンガールのみなせちわさんがブースに立ち、商品の説明を受けながら交流できて大好評!
会場から歩いて5分ほどのにぎわい回廊商店街では通常200円の名物カニ汁が大会参加者に無料で振舞われた。商店街の菊一商店では超お得な500円のワンコインランチもあるので、県南方面への釣行、観光ついでに立ち寄ってみるのもおすすめだ
ご協賛などにより集まった賞品は参加者全員に当たる抽選会で配布したほか、じゃんけん大会で争奪戦を繰り広げた

上位7人を表彰 トップ3にはインタビューも

集計後の13時頃からは表彰式と抽選会、ジャンケン大会がスタート。ジュニア賞、大物賞から上位入賞者と、順番に発表(MC千葉めぐみさん、プレゼンテーターみなせちわさん)

ジュニア賞は沖亮太さん17歳。2尾1.89kgで総合2位も獲得
マゴチ大物賞は田村次男さんの1.495kg
ヒラメ大物賞は久野勇さんの1.495kg
今大会、女性参加者は6名いたものの、残念ながら該当者なし(検量釣果なし)。ということで、じゃんけん大会で齋藤朱音さんが賞品獲得
6位:小堤幸誠さん
1.38kgのヒラメ1枚を持ち込んだ
副賞はオーシャンルーラーより新製品のガンガンサーフフラッターとステッカーをセットにして。サーフゲーム専用設計のメタルジグ「ガンガンサーフフラッター」は後方重心のボディは強風下でも飛距離を出しやすく、遠浅のサーフで広範囲を探ることが可能。遠投した先でリトリーブするだけでアピールできるのも魅力
5位:ヒラメ大物賞の久野勇さんとマゴチ大物賞の田村次男さんが同重量の1.495kgでともに5位。賞品はジャンケンで選んでいただいた
ハピソン「充電式チェストライトYF-201Kブラック」。USBで充電できて便利な首掛け式ライト
リアスからはオリジナルキャップと保冷性を持たせたボトルキャップのセット。暑い夏の釣行にぴったり!
4位:片平実さん
1.36kgのマゴチを釣り上げ合計1.87kgの釣果
バディワークスより、サーフで便利なロッドスタンド「バディースタンド」とスローリトリーブやカーブフォールでもしっかり誘うビッグテールシャッド「フラッグシャッド」3色セット。さらにベイトブレスよりフラットフィッシュやロックフィッシュなどに実績のワームセット、グリッチオイルのベアリング専用オイル5色から1つを

3位:小野健太さん 1.885kg(ヒラメ1、マゴチ1)

千葉めぐみさんの横で初めてのヒラメをキャッチし、その後、マゴチも追加した

上位3名にはオライノ村岡博之さんによるインタビューが行われた。
-釣ったときの状況は?
「場所は大畑浜です。初めて釣ったのでまだルアーもよく分かっていないのですが、ヒラメもマゴチもシマノの『熱砂メタルドライブ』を使いました」
-釣った時はどんな感じでした?
ただ巻きでずっと巻いていたら、ググッときました。

3位の副賞。エコギアの「ヒップバッグEG-01」はオカッパリの釣りにぴったりなヒップバッグ。内側に着脱式ターポリンバッグが入っていて、ワームの保存液が漏れて汚れても、中を取り外して丸洗いできるのが特長。ベイトブレスからはフラットフィッシュやロックフィッシュなどに実績のワームセット。リールメンテナンスに最適なグリッチオイル1本を
3位以上の入賞者には後日、それぞれ名前を入れた賞状とクリスタルトロフィーを発送します


2位:沖 亮太さん1.89kg(マゴチ2尾)

ジュニア賞とダブル入賞
大きい方のコチは1.1kg

【村岡さんによるインタビュー】
-釣ったエリアは?
「最初に二ノ倉のサーフに入ったのですが、波が高くて。何とか1匹釣ったのですが、そのあと県南の牛橋河口周辺に行って2匹目を追加しました」
-使っていたルアーは?
「どちらもバディーワークスの『オフベイト』で釣りました」
-メソッドは?
「ただ巻きしていて、ドンとヒットしました」

サンカラーの「フィッシンググラス136偏光サングラス」はガラスレンズを使った「3SL LENS」採用。軽くて快適な偏光グラスに桐箱、ハードケースをセットにしてご提供いただいた。桐箱は湿度除去をしてくれるので自宅保管時に最適で、釣り場などに持ち込むときにはハードケースを使用すると便利
ベイトブレスからはフラットフィッシュやロックフィッシュなどに実績のワームセットを、グリッチオイルからはフィッシングリールのほか、ランバイク、クロスバイクなど様々な用途に使えるベアリング専用オイルを1本
釣りTiki東北からは賞状とトロフィーをご自宅に発送させていただきます

優勝:鈴木秀明さん2.2kg(マゴチ2尾)

良型マゴチを揃えてただ一人2kg超の釣果を上げた鈴木さん

【村岡さんによるインタビュー】
-釣ったエリアは
「鳥の海南側のサーフです。2匹とも同じ所で釣りました」
-ヒットルアーは?
「ベイトブレスの『スリムカーリー』のゴールドでした。2匹とも同じルアーです」
-メソッドは?
ダウンショットリグで、シンカーは10号。すごく短い直リグのような感じでした。
-釣った時のアクションは?
「巻い巻いて止めて、ステイで食わせる感じでした」

優勝した鈴木さんには副賞として、バレーヒルの「サイファリストフラットセイバー」を贈呈!鈴木さんが当日、実際に使ったというベイトブレスのワームセットやグリッチオイルのベアリング専用オイルも
バレーヒル「CYPHLIST FLATSABER(サイファリスト フラットセイバー)」はロックフィッシュなどでもおなじみサイファリストシリーズの、フラットフィッシュゲーム専用ロッド。「CPFS-98ML」はちょっと軽めのジグヘッドリグやキャロなどを投げやすく、手軽にフラットフィッシュゲームを楽しめるモデル
バレーヒル(ValleyHill) サイファリスト フラットセイバー CPFS-98ML/FLAT 41724
バレーヒル(ValleyHill)
売り上げランキング: 713,469
釣りTiki編集部からは賞状とトロフィーも後日発送します

メーカーブース紹介:ベイトブレス

フィールドスタッフの尾形さん。
「今回、参加賞のアソートパックで出させていただいたのが ・フィッシュテールリンガー
ベタンコスリム
スリムカーリー
どれもフラットフィッシュに対応するワームということで選びました。シャッド系だともう一つTTシャッドというのがありますが、ベタンコスリムはTTシャッドより素材が軟らかく、食い渋りの時には素材が軟らかい方がいいので今回はこちらにしました」

「また、今回展示しているE.T.シャッドも新製品。レジェンド中村勝が一生懸命テストして生まれたワームです。シャッド系ですが、フォールして立って倒れる時がアピールになって、特にアイナメなどの食いが良いワームです。サイズは小さいですが、スリムなボディなので飛距離がかなり出ます。フラットにも使えるので試してみてください」

「そしてもう一つがフラットバグズィー2.4インチ。ヒラメのフォルムみたいな平らなワームなんですが ウミタナゴを捕食している魚など、よく食ってきます。テールの動きが細かい動きでフォールしていくアクションで、バス用から派生したものですが、ソルトでも非常におすすめできます」

メーカーブース紹介:オーシャンルーラー

フィールドスタッフの阿部慶行さん。
「オーシャンルーラーからは今年の春に発売したばかりのガンガンサーフフラッターを紹介させていただきます。こちらカラーラインナップは全7色となっており、30g、40gとショアのキャスティングで非常に使いやすいウエイトを準備させていただいております」

「このジグの特長は、基本的に後方重心になっており、強風時に安定して飛距離を稼ぎたい時に効果的になっています。アクションはロールアクションにテールのウォブリングが入るので、タダ巻きのデッドスローで使うのがコツです」

「あと、ただ巻きで食わないようなときは、リフト&フォールを使って底を這わせるようなイメージで使っていただくと非常に効果的なジグになります」

新製品の「ガンガンサーフフラッター」はオリジナルステッカーとともに抽選会でプレゼントされた

メーカーブース紹介:ハピソン

「ハピソンガールのみなせちわです。ハピソンはライト関係のメーカーなのですが、そのハピソンからの新製品で『充電式ヒートカッター』という熱でラインをカットする商品が発売されました。糸をカットする以外にも焼きコブなども作れます。充電式なのでとっても使いやすいアイテムになっています、みなさんぜひお手に取ってみてください」

検量時にも使用した「計測グリップ」(新品)をジャンケン大会にご提供いただいた。普通のフィッシュグリップと使えるほか、計測アプリと連携して魚のサイズを測ることができる
ジャンケン大会にご提供いただいた「メジャーマーカー」は携帯に便利なカラビナ付きのメジャーに釣り計測アプリとの連携機能も搭載

メーカーブース紹介:サンカラー

大会中、136偏光サングラスの貸し出しも行ったサンカラーブース。
「きのう福井県の鯖江から来ました。鯖江というと全国のメガネの95%を占める、眼鏡の聖地といわれるところです。弊社もメガネフレームやガラスの偏光レンズの開発製造を行っています」

「今日はこの偏光グラスを無料で貸し出ししたところ、たくさんの方にレンタル利用して頂いて大変有難く思っています。レンタルされた方は特長を存分に感じていただけたと思うのですが、非常にかけ心地がよくて、それでいて透明度が良いというのがこの136の特長でございます」

「ガラスの偏光というと、かなり重たい、割れやすいというようなデメリットを思いがちなんですが、これを克服した世界どこにもないレンズでフレームを作り上げたサングラスです。まだ体感をしていらっしゃらない方、ブースでかけてみてください!かなり違いがわかると思います」

「最後に、今日、アンケートにご協力いただいた方、1名様にこの偏光グラスをプレゼントする予定でしたが、皆様の熱い気持ちが伝わりまして、もう1名追加して2名様分ご用意しております。このあとの抽選をお楽しみにして頂ければとおもいます」

ブースでは136偏光サングラスを展示しつつ、無料レンタルサービスを実施

メーカーブース紹介:グリッチオイル

グリッチオイルフィールドスタッフの野口理人さん。「さきほど千葉めぐみさんにもメンテしてもらって、ビフォーアフターに驚いていただきましたが、リールのメンテナンスオイルGLITCH OIL5色を展示しています」

「実際に、皆さんに無料でメンテナンスさせていただいて体感していただいていますが、リールはメンテナンスをすれば次に使用するときのフィーリングが全く異なります。オイルの種類で感覚を変化させることもできるので、このあと時間は少しですが、ご希望の方には無料でオイル交換をさせていただきます」

リールのメンテナンスオイル「グリッチオイル」は粘度、特性の異なる5色をラインナップ。それぞれ同質の原料から出来ているため、独自に混合して好みの粘度に仕上げるような使い方も可能

最後は抽選会、ジャンケン大会で盛り上がった

表彰式の後は全員に何かが当たる抽選会と、賞品争奪ジャンケン大会で盛り上がった。

盛り上がりだったジャンケン大会




抽選会・ジャンケン大会提供賞品:吸水速乾・紫外線カット素材のスパッシーUVを使用した「UVカットアームガード」(バレーヒル)
抽選会・ジャンケン大会提供賞品:「FLASH VIB HEADフラッシュ バイブ ヘッド」(フィッシュアロー)ワームにアルミを内蔵しフラッシングで誘う「フラッシュJ」とバイブレーションヘッドが融合。フラッシングと波動で誘える、ヘッドとワームのセット商品
抽選会・ジャンケン大会提供賞品:「計測キーホルダー」(ハピソン)
釣り計測アプリで魚のサイズを測れる便利なキーホルダー
抽選会・ジャンケン大会提供賞品:「スマートフォン防水ケース+釣り計測アプリ」(ハピソン)
大画面スマートフォン対応の防水ケースに、釣り計測アプリ用マーカーをセット。ケースにいれたままスマホの操作も可能
抽選会・ジャンケン大会提供賞品:「UVスナイパー」(ハピソン)
ピンポイントに照射できる蓄光ライト。スマホで魚のサイズが測れる「釣り計測アプリ」用の□マーカー付き。ウェアー等に取り付けやすいピンオンリール仕様
オライノ村岡さんからは「ヒラメ・コチ専用ダウンショットミノー東海型」をジャンケン大会にご提供いただいた。ダウンショットリグで一定のレンジを探れる画期的ミノー
最後にサンカラーブース紹介時の約束通りアンケートに回答した方から2名に「136偏光グラス」がプレゼントされた

大会にご参加いただいた皆様、運営にご協力いただいた関係者様、出展、協賛いただいたメーカー様、亘理町の皆様に心より感謝を申し上げます。当サイトでは今後も定期的にイベントを開催していく予定ですので、ご参加、ご協力を頂ければと思います。



[関連]

亘理大会・実釣編はこちら



◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

 
 
PR